ミステリーアルバイトとは?


ミステリーアルバイトとは?経営者の皆さま

このページは

『ミステリーアルバイト®

のご説明欄です。

皆さんは「ミステリーショッパー」というのはご存じですか?

お客様になりすまして、CS=顧客満足度調査をする仕事です。

検索エンジンでもたくさんの求人募集をしています。

ちょっとしたレクチャーを受けてすぐに実践です。

表面的に調査をして、その時点での評価をする
システムに疑問を持っていました。

「そんな簡単に調べて何が分かるの?」
「その評価から企業は何をするの?」
この発想から、ミステリーアルバイトを考えました。

何かと言うと、そのままです。

組織の中に立場を知られずして「入り込む」のです。

社内では、監査でも、営業ラインでも観察できないことがあります。
理由は簡単です。「隠す」からです。

我が社では「課題の本質」「根本原因」を探り当てます。

この調査事実を知るのは、経営者・人事担当責任者のみです。

営業ラインはほぼ必ずこの情報を「漏らします」。
なので、たとえ信頼できる「営業部長」へも知らせないでください。

この調査は「悪いところをあぶり出す」こともありますが、

わが社が本当にもとめているのは「良い点を見つけ出し、さらに伸ばす」

ことにあります。

つまり、ミステリーショッパーの機能であるCSに加えて、

ES=従業員満足度をも引き出す意味があります。

ちょっと長くなりますが、大事な内容なのでご興味のある方は読み込んでください。

■あなたの会社でアルバイトはどんな位置付けですか?

1.すぐに辞めるから信用できない

2.何を考えているか分からない

3.人件費抑制の手段

■急成長されたからこそ、「教育」にお困りでは?

1.出店計画を進めたいが店長に任せきれない

2.アルバイトが集まらず、ドタバタ開店

3.開店後もアルバイト充足が安定せず、他店応援でつなぐ
結果、社員人件費(残業)増加 = 収益構造の悪化

■既存店の悩み、課題の80%以上は「人材」が起因です!

1.【売上高】
お客様は来店されるのに、不快にさせることが多い

2.【原価(率)・粗利額】
原材料管理が行き届かず、ロス率が下がらない

3.【人件費】
アルバイト不足を社員残業でカバー

4.【減価償却費】
予定耐久年数(償却年数)前の設備交換

5.【募集費・初期教育人件費・社員の事務所滞留時間→変動費分野全体】
アルバイト離職率が下がらず常に採用活動

6.【販売チャンスロス・誘発させたくない業務】
労災や通災における非生産性時間の増大

■ということは、店舗内で多数を占める『アルバイト』を何とかしないと!

お任せください!すべてのお悩みに一気通貫でお手伝いできます!
まずは、主張の多い現代っ子たちの声を聴くことから始めます。

正直、店長が行っている時間的余裕はないはずです。忙しい職位ですから。

それは店舗経営企業歴20年のキャリアから身に染みて理解しています。
私が店長時代、この仕組みにまでたどり着くのに赴任後6か月間、
月500時間労働でやっとこぎつけるレベルのシンドさなのです。

昔なら・・・時代は流れました。

ES(従業員満足後)を上げることで「機能するアルバイト集団」にしましょう。

■ES向上のポイントは以下の8つです。

1.職場の環境・雰囲気

2.正当な評価や処遇の有無

3.顧客の声を改善に結びつける仕組みの有無

4.権限委譲・裁量の自由度

5.上司・同僚のコミュニケーション

6.明確な顧客対応部門の位置付け

7.研修機会の有無

8.明確なキャリア

■ 他社との差別化ポイント

1.質の高いアルバイトを集めるためのノウハウ

2.基本的な労働環境整備の熟知

3.継続的にESの声が上がる仕組みのご提供

4.店舗レベルのES改善はアルバイトが実施する仕掛けと仕組みつくりのご提供

5.多店舗化企業の店舗水平展開の指導

■ 付加価値(プライスレス)

1.軌道に乗るまでの「一緒にとことんパック」でアフターフォロー

2.成功事例発表「コンベンション」の総合演出

3.アルバイト活用ノウハウ (例:アルバイト教育はアルバイトで完結させる)

4.アルバイトは流行に敏感!「商品開発チーム」づくり

■ES調査の目的

アルバイトは労働生産性指標(来店客を低人件費で対応する)の「立場」から
⇒ 集客・リピート実践の「稼ぎ屋」へ変身させる。

■ES課題の調査方法と内容【アルバイトが職場に求める本当の内容は何か?】

1.『ミステリーアルバイト』が店舗で”内偵調査”

★なぜ内偵?

① アルバイト”素”の声 = ”本心”を聴き出す
そのためにはオペレーションに参加する必要がある

② 客観的に見てES改善の優先順位付けと方法を分析

2.調査終了後、店長によるアンケート実施(アンケート内容、フォームも用意します)

①【費用対効果の決定】

内偵調査とアンケートを突合して、優先順位を決定

②【コスト増を抑制】

費用の掛からないことから始める

※ ①②は内偵し、OP参加をするからこそ一般論ではなく、リアルが見えます。

③ 店長と一緒に実施スケジュール作成

④ 実施補助

⑤ 再度、アルバイトへヒアリング

※ ココでもOPをしていないと人間関係がないので”素”が見えない。空回り。

3.本部・本社機能でココは別に調べてほしい項目は店長にも伏せて実施

※ 調査目的によってウエイトを変えることも可能です。

※ 状態調査なので即判断材料にはならない可能性もあります。
今後の監査業務の基礎情報になる位置付けとしてご認識ください。

4.併せてCS覆面調査も同時実施

① ミステリーショッピングリサーチ費用はいただきません。

② 調査後のモチベーション付けの仕掛けつくりも実施します。

■ES・CS調査後の流れ

① 良いところをドンドン伸ばす 【会議・ミーティングの仕掛け】【行動管理】【評価】

② 悪い所を改善する 【カイゼンチームの仕掛け】【改善事例発表:全社仕掛け】

※ 両方を同時にやります。お客様は待ってはいただけません。

※ でも店長一人では労力的にも絶対ムリ。だからアルバイトの力、チームのちからが必要!

 

ご連絡を心よりお待ちしております。

代表取締役
植竹剛

カテゴリー: タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です