大食いのまねごとをしてきた ~文福飯店~

いや~、店を辞してから6時間以上経ったがいまだに満腹感でいっぱい。これには訳がある。まずはお店紹介。

 

 

文福飯店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大食い選手権で優勝した人や大食いYouTuberがこぞって通う店、「文福飯店」は実家から車で20分ほどの場所にある。

 

 

実は、3回めの来店になる。初回はハンバーグ定食、ご飯大盛にチャレンジ。見事に食べきれず、ハンバーグ半分をお持ち帰りした。

 

 

ちなみにハンバーグはおよそ700g。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回めの来店では、焼肉丼大盛にチャレンジ。なんとか死闘を制した。

 

 

推定ご飯量は約2合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、完全決着をつけるべく来訪^^。しかし、開店時刻の11時に到着したときには、すでに開店していて、車で入店待機組が1組。約30席が開店前に埋まるという人気店。食べる量が多いと、滞在時間も伸びるもの。2組めとして待っていたが、入店時刻は11:45。

 

 

壁直接にサイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん有名人なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがご飯の量。噂だが、エクスタシーは一升らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約15分後、かつのドンが着丼。

 

カツ丼(ごはんは普通)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください。かつとじの部分が完全に浮いている。これ、普通盛りである。ちょっと中身をチェックしてみた。

 

 

断面チェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわかりだろうか。玉ねぎ層が約1cmとすれば、その下すべてがご飯ということになる。ご存知の通り、どんぶりは上になるにつれ、直径は大きくなっている。かるく見積もってもご飯は、1.5号ほど入っているだろうということが簡単に予測できる。

 

 

しかし、若主人は着丼時に、「ごはん少なかったら言ってね~~~^^」と軽快なボイスとフットワークで次のしごとに移っていかれた。す、すごい。。

 

 

わしゃわしゃと食べ始める。ご飯に箸を入れると、折れんばかり。これ、パンパンに詰めてる・・・。死闘を覚悟する。

 

 

息子が注文した、揚げ麺のかた焼きそばのボリュームも半端ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べる前から具材が落ちてくるのも、もはやデフォルト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22歳の息子もわしゃわしゃ食べ進める。しかも、この前に一口では入りきらないシュウマイをやっつけてからの、だ。

 

 

1個もらった。うまい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でわしゃわしゃ。周りのお客さんたちも、わしゃわしゃ。箸を止めたら終わりだ、と全員がおもっていることだろう。

 

 

カレーライス大盛、ネギトロ丼大盛などが周りで運ばれてくる。みんな小さな驚きの声を上げてる。そうだろう、だって一般の最低2倍はあるからね。

 

 

肝心のカツ丼。第一印象は「肉が柔らかい!」だった。箸で持ち上げそのまま半分をかみ切ろうとすると、すっと歯が入る。衣は肉の周りの役割を終え、セパレートしておかずの一つに進化していった。次に、タレの甘さがドンとやってくる。これは好き嫌いを分ける。行儀悪しだが、ちょこっとしょう油を加えさせていただいた。

 

 

玉ねぎは半煮えでシャキシャキ感が残っているので、うれしい。卵は甘辛のタレに抱かれつつ、たぶん3個は使っていると思うので、存在感もしっかりある。

 

 

とこのような食レポもどきができたのも最初だけだった。まさに死闘を繰り広げつつ、美味しく最後までいただいた。

 

 

みそ汁の具は豆腐と白菜。これも旨かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした~!  写真撮った~~?  は~いバッチリ撮りましたよ。 息子さん?結構食べるね~。今度「お任せ」にしてみる?

 

 

えっ!? あのお任せって、10キロ近く食べる大食いの人たちが全員完食できないとされる、あの「お任せ」のことか!?

 

 

いえいえ、それはムリです~!また来ます!まってるよ~ん!

 

 

気さくなお店には元気なあいさつと掛け声が多くある。人が集まる理由のひとつだ。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛