ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

鉄道ファンは必ず立ち寄る店 ~JR小山駅 きそば~

地元駅である小山。ここには昔から繁盛している駅そば、しかもホーム内にある店がある。そしてこの店は鉄道ファンなら一度は立ち寄るか、写真や動画撮影をするスポットになっている。

 

 

店名はいたってシンプルな「きそば」。昭和の匂いがプンプンする店は食べなくても大好物な植竹である。場所は東北本線(宇都宮線・上野東京ライン・湘南新宿ライン)の上りホーム内にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭がこれだから、オヤジたちの鼓動は早まってしまう。なんてったって、どオープン席なのだ。雨が降れば濡れながら食べることになる。

 

 

訪れたのは正午を回っていたこともあり、乗りたい電車の時刻をチェックしつつ、券売機にたかる。朝めしはまだであったが、あまり空腹感はない。迷ったあげくこちらのボタンを押した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮っていいですか? はい、どうぞ~!

 

 

ということで、他の客の邪魔にならないよう配慮しながらパチパチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?生そうめん?次回はこれ一択だなと思いつつ、テーブルに目を落とすと、なになに「きそば新聞」?どれどれ。へー・ほうほう!お、ツイッターもやってる。たたずまいは昭和だが、こりゃただの立ち食いそば屋ではないな。新聞記事の抜粋をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きそばの特徴

・黒くて甘みのあるつゆ

・中太のゆでそば

・温かいめんつゆはかえし・出汁からすべてつくっている

・鯖節とウルメ節が中心の出汁

・めんつゆに使用する醤油は熊谷のきんまる星醤油

・蕎麦は粗挽きの田舎風そば粉を使い乱切りで切り出したゆで麺

☆高級な味をめざすのではなく「美味しくて安い立ち食いそばらしいそば」を目指して数十年。

 

 

こりゃ新聞というよりPR広報誌だな。理念も戦略もしっかり成り立っている。素晴らしい。

 

 

と思っていたら着丼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー!濃い色してるね~^^ 七味をパッパとかけ、麺リフト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに乱切りだ。整然としているそばより、こういう方が植竹は楽しく感じる。リフトを一旦下げて、汁からいただく。

 

 

おーーー!やっぱり濃いね~、ん?なんだこの後味のまるさと甘さは。もしやこれが鯖節とウルメ節の効果か?塩味はしっかりあって、かつ飲み込んだときの旨味がハンパない。

 

 

そして乱切り麺。ほうほうやっぱり楽しいな。スルスルというよりズルズルだ。そしてさらにうれしいのがこのネギ。切りたてなのだろう。しっかり辛くてナイスアクセント。やっぱり「たて」は美味しいなぁ。

 

 

そうそう、準主役であるお揚げもいってみよう。熱い熱い!ムシャ、甘目な味はホッとする。ひいき目なしに甘味、塩味、旨味のトリオと脇を固めるネギの辛さ。納得の完飲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で移動することに迷うが、時間帯をよく考慮してから動くことにしている。

 

 

きそばさん、店員のおねえさま、ごちそうさまでした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

地元の天使たちに会ってきた ~やきそばエンゼル~

北関東の一部では、焼きそばにじゃがいもを入れる習慣があるのをご存知の方はいらっしゃるだろうか。

 

 

まぎれもない事実を証明すべく、「やきそばエンゼル」におじゃました。

 

 

昭和の匂いの残るお店は、植竹としては大好物。角地に建つお店は入口がユニークだ。

 

店頭でテイクアウトできる。元祖コロナ対策だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やきそば一本で勝負するのはいさぎよい。さっそく入店だ^^

 

26席(カウンター4席 テーブル4人掛け×2 テーブル6人掛け 小上がり4×2)~食べログより引用~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内飲食は私だけ。他着席されている方すべて「テイクアウト」だ。かき氷も販売している。ここでシンプルなメニューに注目してほしい。

 

テイクアウトと店内では微妙に価格が異なる。

 

 

 

 

 

 

注目すべきは、「やきそば」と左上に書かれた下のところの2番目に「ポテト」とある。これでやきそばにじゃがいもを入れるという証明にしてほしい。

 

 

テーブルに置かれているメニューもシンプル。

 

おでんもあるのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ミックス”って何が入ってるんです?と伺ってみると、「ヤサイ」「ポテト」「肉」「イカ」とのこと。オールスターじゃないか。(大)に半熟目玉を付けてオーダーした。

 

 

のりと紅しょうがは?と聞かれたので、ハイ入れてくださいと返答し待機。

 

 

待っている最中、テイクアウト予約をしたという客で店頭がにぎわう。そして電話がひっきりなしで鳴り続ける。4名のキャリアハイ天使が働いているが、だれも電話をとることができないくらい忙しい。

 

 

電話をしてきている客もそれを知っているようで、20コールは当たりまえ。なので店内は電話の音がBGMになる。

 

 

少しヒマになったので、店内観覧。素晴らしい内容のものばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が洗われているとき、待つことおよそ15分。着皿。

 

やきそば ミックス 大 半熟目玉付き825円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ!黄身が陽をを浴びて、キラキラ光っている。居ても立っても居られなくなりハナから「禁断の黄身割り」をしてしまった。

 

崩壊の始まり^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺への到達寸前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事着麺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは旨い以外の言葉はいらんなぁとおもいつつ、黄身のかかっていないところからいただく。あぁ、高級な屋台の味だ。満足度高。

 

 

つぎにポテト。ん?下茹でが短めか。切り目の四角が口内で確認できるくらい、クタっとはなっていない。もっと柔らかいのかなと思っていた予想をくつがえされた。ぎゃくにうれしい。

 

 

食べ進めていくと、こんなかわいいキャラも出現。

 

いかげそちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいなぁ。そんなときにも天使たちは忙しそうにテキパキと仕事をこなされていた。

 

当然の完食。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリュームも満点で一皿でお腹いっぱい。美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

 

 

「ごちそうさまでした!また来ます!」

 

 

「はーい、待ってるよーーー!」

 

 

天使たちに見送られ、エンゼルを後にした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

本場の佐野ラーメンをいただく ~ラーメン太七~

早い晩ごはんをいただきにラーメン太七へ行った。10年来通っているお店で旧友が自宅に遊びに来てくれる時ほぼ毎回来訪しているくらい大好きなお店。

 

 

久しぶりに来訪したら、入口はいってすぐに手洗い場が新設されていた。コロナ対策もバッチリだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐野ラーメンは、自家製麺であることはいわば当たり前で厨房の横には製麺をする場所もある。スープは澄み切ったしょう油ベース。本当に旨いのだが、実は植竹が太七に行くのは他のメニュー狙い。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「もつ焼き」という商品名。酒のアテに作られたという。こ・れ・が超絶旨い。そして、今回初チャレンジしたメニューはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚タン焼だ。こちらにレモンをかけていただく。歯ごたえバッチリで美味しい逸品であった。

 

 

家族はそれぞれラーメンをオーダー。

 

澄んでます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、味噌ラーメンもあるのもうれしい。

 

コーンとバターをトッピング。このあと別皿でチャーシューも頼んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして、お行儀が悪いかもしれないがこちらをご覧になってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もつ焼きから出た汁をご飯にかけていただく。俳優の高嶋(兄)さんではないが、変態的に旨い^^

 

 

蒸し暑い一日だったが、これでスタミナバッチリで快眠が約束される。

 

 

最後に、こちらのマスターは大のハーレー好き。植竹も以前「ソフテイルスプリンガー」という種類のハーレーに乗っていたこともあり話が弾んだ。

 

 

「また来ます!」「待ってますよ!」小気味よいあいさつを交わし店を後にした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

立ち食いソバの兄貴分に行ってきた ~いろり庵~

移動中にふと眼が止まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろり庵」って立ち食いそばじゃなかったかな?あ、でも「きらく」って屋号が付いてないな。あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒ズラリ?あれれ?あーそういうことか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒のつまみがあるってことは、そば居酒屋スタイルの業態なんだ。正直知らなかった。そば単品の値段を見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー!たぬきそばが770円!「いろり庵きらく」ならば400円だったような・・・。これは食べくらべをしておかないとな。ということで入店^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いらっしゃいませ~!!大きな声であいさつを受け、うれしくもあり、客席の雰囲気もみて居酒屋スタイルと確信した。

 

 

午前10時台の来店だったので、空席が目立つ。植竹をのぞいて3名が食していた。

 

 

「お好きな席どうぞ~!!」「広い席におすわりください!!」とうれしい誘導だ。お言葉に甘えてひとりで4人席に座った。

 

 

店長らしきご年配の男性がおしぼり、箸、お冷を持ってきてくれた。サービスリーダーも兼ねているのだろう。率先して動かれている。

 

 

どこか少し「鉄道マン」の匂いもする。配置転換で異動されてきたのかもしれない。もしも当たっているならば、相当なる気持ちを切り換えられたにちがいない、と推測していたら

 

 

「お決まりですか~!!」

 

 

「はいっ!たぬきそばお願いします!」

 

 

「たぬきそば、かしこまりました~!!」

 

 

やはり、元気な受け答えは気持ちが良い。厨房の方を見ると、なにか設備機器のメンテナンスをしているようだった。長い棒を天井に向けて何かしている。

 

 

5ふんほど経って着丼。

 

たぬきそば770円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?これは・・・!

 

三つ葉がアクセント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天かすの量がハンパない。さじですくってみたら1cmくらいの層の厚みがある。「きらく」のたぬきそばとくらべると、ざっと3倍はあるのではないか。

 

 

まずは天かす入り汁を一口。ん?案外あっさりめだ。汁も”きらく”とちがうのか?そして天かすをかんだときのかる~い「カリっ」という食感がすきなのだが、体験はできなかった。

 

 

植竹が立ち食いそば屋でたぬきそばをよく注文するのは、お店で使う「油」の状態を知りたいから。油の酸化が進んでいると、決まって胃がもたれる傾向があるので、バロメーターにしている。

 

 

フレッシュな油を使ってくれれば、食後2~3時間で空腹を感じるが、酸化が進んでいると1食スキップできるくらい。

 

 

今、食後7時間ほどたっているが、食欲はあまりない。でもまぁ、この天かすの量を食べれば同じことか。

 

 

ということでほぼ完食&完飲。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろり庵きらくの兄貴分かなと思って来訪したが、価格差370円を満たしてくれることはなかった。このお店は、気の置けない仲間と美味しい日本酒を楽しみながら「〆のそば」的に使った方がトータルの満足度は高いだろう。

 

 

JR上野駅の中央改札内、新幹線ホームに向かう途中にある。乗り換えに余裕のあるときは、一杯やってみよう。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

新潟ラーメンの名店 ~青島食堂 秋葉原店~

新潟ラーメンで有名な「青島食堂」。4連休初日に訪れた。横浜から1時間強。昼からの打ち合わせに備え腹ごなし。

 

 

初来訪ゆえ道に迷いながら10:40現地到着。看板が小さい。11時開店だが植竹の前に10人並び。開店時には後ろに8人に。人気さを伺わせる。

 

ビル街にひっそりとという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降っているせいか、数分前に開店し、店内へ入れてくれた。ありがたい。

 

一度に入れる客数は14~15名ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11番目の入店でカウンター席のみで9席、待合席が4席。入店したときの11:00には、3名が食べ始められるよう準備してくれていたようで、「ズルズル」が始まっていた。

 

 

注文したのはこちら ↓

 

チャーシューとメンマが絶品の声が多くあったため、ミーハーとしてオマージュ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待機2番目で、厨房から「食券見せてくださ〜い」の掛け声。3mほど離れながら麺の量やトッピングを確認し、席はないが先づくりをしてくれているようだ。

 

 

早く喰い終われ!という無言のプレッシャーを背中で感じながら先客たちは麺や具を一心に頬ばる。店内にはラジオと食器洗浄の音、ズルズル音のみで、誰も無駄口を叩かない。ラジオがなければほぼズルズル音のみ。ラジオでは民謡が流れている誰も耳を傾けていない。

 

 

ほどなくして席が一気に開いた。食事時間は約5分。並んでいたとはいえ効率が良い。ということで植竹も着席。

 

厨房とカウンター席の距離が異様に近い。

画像左下隅にある、食券入れに自分の札を入れ待機。植竹のところにも着丼・・・として、どんぶりを受け取るべく手を差し伸べたとき「どんぶり置きますので手をどけてくださ~い!」と強めにたしなめられる。「あ、すみません」と小声で返答。
ということで着丼。

チャーシュー麺+メンマ100円増し

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか濃いめの色。ほのかにショウガの香りがする。さっそくスープを・・・っと食べ始めるのを止め、初めて「麺リフト」の撮影に挑戦しようとしたが、ブレブレで見事に失敗。

 

 

改めていただきます。スープを一口。ショウガとしょう油の味が同時に「ガツン!」。強烈なインパクトがある。その後すぐに「すっきり感」で口内が包まれる。

 

 

こりゃ旨いなぁ。二郎系や家系ラーメンも好きなのだが、近年は完食が難しくなってきている。コッテリ感を最後まで楽しめなくなってきているのだろう。でもこの新潟ラーメンは一口目から完食が予感できる。

 

 

つぎに驚いたのは「麺」だ。箸でリフトし、口を近づけてバキューム。おいおい!何じゃこのモチモチは!!つるつるシコシコという美味しい麺の言い方があるが、その前にモチモチ感を唇で感じることができた。

 

 

植竹的にラーメンを食べると、麺が残りがちになるのだが今回は別。ズルズルズルズルズルズル。止まらない。

 

 

とはいえ、メンマ → チャーシューの順にいただく。メンマはしっかり味が付き、チャーシューは油っぽくなく、噛めば噛むほど満足度が上がるシロモノ。少しのほうれん草とナルト。これもしっかり脇を固める。準主役は実は海苔かもしれない。チャーシューに巻いて食べたら思わず楽しい気持ちになった。

 

 

となりの若い男性も初来店のようだ。「旨い、うまいなぁ」と連呼して食べていて、ウンウンと共感していると突然、

 

 

「中にはいってくださ~~~い~~~!!!」

 

 

と爆音が鳴った。奥ゆかしい人は、外でじっと耐えて待っているが、列が長くなると周りの施設に迷惑がかかったり、車などの通行の妨げになるのを防止するためというところだろう。食べている時間内にこの爆音は2回鳴り響いた。

 

 

また、ここまで繁盛すると「●●さん、毎度!」という声掛けみたいなのはあるのかな。残念だが客の顔と名前を覚えようとする感はなかった。

 

 

そんなことを考えていると、食欲にブレーキがかかるらしい。急にしょっぱさが目立ってしまい、完食&完飲直前でレンゲは止まった。

 

最後はショウガ風味が増す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グイと水を一気に飲み干し、後ろにあるティッシュでこぼれた汁を拭きすぐ立ち上がった。「ごちそうさまでした」「ありがとうございま・食券見せてくださ~い!」という一往復の会話を済ませ店を出た。

 

 

美味しいラーメンをありがとうございました。今度青島食堂の新潟ラーメンを食べたくなったときは、ここではなく新潟市もしくは長岡市に行くことにする。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛