ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

焼肉店とらじの思い出

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

新卒初配属のロッテリア中野サンモール店にいた時です。

毎月の月末棚卸しが終わった後は、目と鼻の先にある
焼肉とらじさんに行っていました。

月1常連だったので、予約をしていなくても、
セッティングはほぼ完了していました。

早く行きたいので、閉店作業中は連携の声かけ以外は全員無言で
超集中モードです。

新人アルバイトはゴミ出し、トイレやフロア清掃。

ベテランアルバイトはバックヤードの清掃と明日の営業準備。

リーダーアルバイトと私は棚卸し数カウント、POSへの入力、
売上金締め、日報、月報、書類整理、引き継ぎ内容確認、
発注履歴と在庫量を確認して欠品が出ない確認、シフト表確認

などたくさんやることがあります。

すると、当日シフトに入っていないアルバイトが
閉店直後からチラホラ現れます。

私含めて、4~5人だったのが多い時には
10人くらいになっています。

ボランティアの期待に応えるためにシフトにハイッテイルメンバーは
一層努力します。

歩いている人間はもちろん0。

私は社員業務を終わらせて最終確認です。

棚卸しデータを照合してオペレーションのロスを分析する手がかりを探します。

あせりからか、アルバイトのやっつけ仕事はリーダーがビシッと指摘します。

真冬でも汗をかきます。スポーツタオル持参者も。

そんなこんなで、
「全部終わり!」
行こうか!

とらじさんは走って5秒の場所にあります。

いち速く着替えた新人アルバイトがひとっ走り。

『10人です!』

ササッとお箸セットがいくつか追加されて、準備も5秒で完了です。

『お疲れさまでした!』

入店あいさつは「いらっしゃいませ」ではありません。

とらじ店長と軽く世間話をしている間に、生ビールもセット完了です。

「竹マネ!準備OK!」

カンパ~イ!!

いつの間にか朝になる、そんな一日でした。

アルバイトはアルバイト。

だから期待しない、は大間違い。

何の目標もなく、毎日タラタラしている社員よりよっぽど良い人材です。

学生アルバイトは勉強とバイト。スケジュール調整も色々あります。

でもタラタラ社員は自宅と店舗の行き来だけ。

そこから違います。

主婦の方ならもっと忙しい。

指示を出す側がアルバイトのことをどう思い、どう仕上げるか。

これだけです。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

 

富山県の回転すしチェーン店

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

忘年会の帰り、新宿駅から小山駅へ向かっていました。
適度にお酒が入り、電車内はポカポカ。
「スーっ」と眠りの世界がやってきました。

「小金井~小金井~。終点です」

一駅過ぎてしまいました・・・

今日は私がパチンコ店の店長をしていたときの話しです。

ダイナムという会社に所属していました。
赴任先は富山県高岡市の店舗でした。
何の接点も無かった土地で家族3人、再出発です。

有り難かったのは、業界経験があったのに、「ワーカー」と呼ばれる
一般職から入社させてくれた事です。人材を大切に扱ってくれている
証拠ですね。

新卒を1回目として、3回ペーペーからスタート出来たことは、今でも財産です。
その後、アシスタントマネジャーからストアマネジャー(店長)になりました。

そんな時、東京から友人が遊びに来てくれることに。
リクエストは「魚の旨い所に連れて行け」でした。

お金をたくさん払えば、それなりのお店はありました。
でも、それでは当たり前なのでつまらない。
考えた末に、回転寿司チェーンの「きときと寿司」さんに連れていきました。


※写真はイメージです。

勝算があったのです。

4人の友人は言いました。
「『回転寿司屋』でこの品質は半端じゃない!」

2泊3日で3回も行っていました。(笑)

きときと寿司さんの回し者ではありませんが、
本当に美味しいイメージが今でもあります。

あれから10年。

変わらない品質であって欲しいです。

ちなみに友人たちはかなりの外食通です。
どんなに安くて美味しくても、店舗が汚かったり、
接客が横柄だと、二度と行きません。

でも、きときと寿司さんはアルバイトさんが全員がハツラツとしています。

そんな連中が3回も行ったのは、けっこう凄いことです。

年末、友人だけの忘年会をやります。
また、きときと寿司の話しになるでしょう。

良い店舗、会社は人の記憶にしっかり残ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

 

 

チェーン店居酒屋の奮起に期待!

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

最近、お手紙をいただくと、ヘタな字なのですが
筆書きで返信するようにしています。

ま、すずりに墨をとまでは行きませんが、
筆ペンを使っています。

最初は1種類しか使っていませんでしたが、
今は宛名用と本文用とで分けています。


理由ははっきりしませんが、
毛筆で字を書いていると背筋がシャキッと
していることに気づきます。

それでは今日も元気よく行きましょう!

私は最近「脱チェーン飲食店」傾向にあるようです。

味が予想できてしまって、つまらないのです。

なので、居酒屋に行くなら自宅から10秒のところにある
ご近所さんか、小山駅前にある居酒屋の2軒がほとんどです。

2軒とも、お客様を飽きさせない工夫が毎日いっぱいあります。

お通しから違います。
まずお酒を飲んで、最初の一口。
毎回唸らせていただいてます。(笑)

「うまい!」

店主の顔がクシャっとなります。

その顔をみて、私も笑顔に。

「常連」になるほど通ってはいません。

月に1~2回程度です。

もちろん、ツケは効きません。

ニコニコ現金払いです。

そこから「何にしましょう?」の声もありますが、

「今日は●●が入ってます。いかがですか?」と
嫌みのないサジェスト(提案)が入ります。

「お願いします!」即答です。

生ビール1杯、今なら焼酎お湯割り2杯とおつまみ2種。
だいたい2,500円~3,000円くらいです。

「コスト至上主義で、人工的につくられた食品」
は心が躍りません。

元来、食べることの大好きな私。
最高96キロまで太ったこともありました。

ジャンクフードも大好きでした。

なのに、この変化は、
40代になったからでしょうか・・・(苦笑)

私が子供のころ、近くにあったチェーン居酒屋は
昼間、牛丼を売っていました。

社会科見学か、地域活動か何かの課外授業で見かけました。

サラリーマンが群をなしてなだれ込んでいきます。
当時は不思議な光景であったことを覚えています。

仕事からちょっと解放されたからなのか、
笑顔で小走りに向かっていったのが強烈に残っています。

「●●に行こう!」

「●●でいいか・・・」

は、まったく違いますね。

チェーン店の良い所は適度な期待を裏切らないことにあります。

その「適度」の程度が問題なのです。

鶏のから揚げに添えるのはレモンや塩だけなのでしょうか。
その地域の特産物があれば、「選べる」特典は無理なのでしょうか。

ちょっとした工夫と
お客様をチョット喜ばせたいと思う気持ち。

大切なことです。

原価は売上でカバーできるはずです。

既存商品の組み合わせでも良いでしょう。

出張もしばしばあります。

「このチェーン店の特産は何かな?」

と、心躍らせたいものです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

ファミレスの真価が問われる?

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

忘年会シーズンが本格的に到来しました。
昨年までは、毎回「本気」で飲んでしまい、
翌日のダルさを後悔していました・・・

今年はそのようなことがないように、
セーブしています。

ちょっとした夕食代わりと考えています。
もちろん、安くありません・・・(汗)
でも、お世話になった方々や
苦楽を共にした旧友との語らいを楽しんでいます。

それでは今日も元気よく行きましょう!

ちょっと旬なテーマではないかもしれませんが、
昨日感じたことを書いていきます。

今日から話の路線を少し変えていきますよ!

ファミリーレストラン(ファミレス)は外食産業を引っ張ってきた
役割でした。

でも今は、選べなかった時代から選べる時代になりました。
サービスが細分化されて、料理ごとの専門店が躍進してきました。

マニュアル化されたオペレーションの代名詞です。
24時間営業をコンビニと争うように展開しました。

知人の店長は時計の短針が3回転してやっと
仕事終わりという時もたびたびです。
体臭?仕方ありません・・・?

今はもう少ない?分煙システム。
電話BOX程度のスペースに隔離する店舗もありますが、
全店全面禁煙には踏み切れない。

ドリンクバーが当たり前になりました。
利益率を上げる「水物」飲料を最後の武器にです。
でもドリンクの注文だけだど100円から最大400円弱まで上昇します。

量ではなく質を求める40代以上の方なら、もうちょっと出して
「うまいコーヒーを1杯」の方が良い。

テイクアウト・デリバリにも積極的です。
撤退した所もありましたが・・・

残念ながら今、私がファミレスに行く動機は「仕方なく」が多いです。
人材面に絞った内容でその理由を書き出します。

■平準化されたマニュアルなのに、顧客が感じるスタッフへの
好印象・悪印象の大きな差

■ドリンクをおかわりしたいのに、清掃に夢中で気付かないアルバイト

■サービング中だから!の勢いよろしく皿を盾に、
すれ違い時に顧客をどかせるアルバイト

■会計時に小銭を取り出すのにまごつくとイラッとしているのが
伝わってくるアルバイト

■「Tポイントカードはありますか?」と聞く人と聞かない人

■会話に割って入り、「お下げしてよろしいですか?」と聞きながら
すでに皿を重ね始める人

■追加注文をお願いすると「いっぺんに頼んでよ!」
と心の声が聞こえてくる人

■ビールを注文すると「お車でご来店ではありませんよね!?」
のトーンが尋問口調の人

■「何か機嫌悪そうだね・・・」と顧客から心配されてしまう人

私、被害者意識が強いのかなと錯覚しそうなくらいです。
社員・アルバイト教育がしっかり出来ている飲食店と
ここまでの差はどうして出てしまうのでしょうか?

理念が・・・

コンセプトが・・・

店長が・・・

家庭での躾が・・・

というのが今までの私でした。
もちろん自論なので絶対不可欠なことです。

でも、「何か性善説的じゃない?」と考えるようになりました。

世間に渦巻くさまざまなことは一言では片づけられません。
これも事実です。

「良い事は良い」「悪い事は悪い」はっきり言えない人が増えています。

社員がNOと言えない。アルバイト内の派閥?

人数合わせの採用?
要員数が少ない中、シフト貢献をしてくれる人には頭が上がらない
その構図が「組織のゆがみ」を生みます。

プライベートのために店長自らお願いシフト

そのプライベートは本当に楽しめていますか?
魚の小骨がのどに引っかかっていませんか?

でも変えられない方、将来大丈夫ですか?
体にガタがきてからでは大変です。

挑戦しましょう!

変化への対応に!

私の師匠はいつもおっしゃいます。
「変化への対応が出来なかったから恐竜は絶滅した」
細かい学術はさて置き、事実です。

一緒に改善していきましょう!

私は最後まで応援します。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

栗山監督 「情熱」説得までの準備

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

いきなり、「何だこのタイトルは?」と思われた方、スミマセン・・・
リアルタイムに追っ掛けていた記事ではなかったのですが、
非常に気になりだして、ブログにすることにしました。

多くの新聞記事やニュースをかき集めてみると、
これって、私のライフワークの一つでもある
「組織」と「個人」の問題に近い!と思うようになりました。

それでは今日も元気よく行きましょう!

まず、大谷選手が入団を決めるまでの心理を想像してみました。

最後の決め手は
「球団側(組織側)の『情熱』」に対して、
「大谷選手側(個人側)が共振」したからでしょう。

高校生としての入団最高条件も後押しになっていた
ことでしょう。

この『情熱』という表現には、組織側のいろいろな
戦略や議論、個人へのケアがあったと思います。

布石として、個人としてもいきなりメジャーリーグ入りには
リスクを感じていたはずです。

「絶対メジャーに行く」というコメントは半分強引に、
不安を振り払っているように聞こえました。

球団として、組織として提示したプラン「エース4番構想」は、
プロ野球のレベルでは考えられないような「非分業」ですが、
具体的に説明ができるまでの球団準備は大したものだと感じました。

組織自らが、既成概念を吹っ飛ばしたことになります。

教育側のコーチ陣にもすでに号令が掛かり、既存選手への
説明もこれから行われていくでしょう。

ポイントとしておきたいのは、まず組織が
個人のために出来ること、出来ないことを
話し合ったであろうという点です。

獲得を目的とするだけの交渉ならば、彼は飛行機に乗っていたでしょう。

個人の将来のことを本気で想い、考えたからこそ情熱交渉が実現しました。

メジャー挑戦という権利を持ちながら自身を磨けるという最高の舞台。
「保険をかける」という心理も0ではなかったと思います。

「いきなりメジャー」の大変さを交渉を有利に進める「武器」とせず、
客観的に環境や言語、食事などの「壁」を丁寧に説明していったのでしょう。

つまり、「脅かし」はなかったはずです。
個人に情報を提供し、考える時間を作りました。
短期間の準備は相当大変だったことでしょう。

結果としての賛否両論はあるでしょう。
でも「本人の納得」が本質であったはずですね。

結果の良し悪しは個人次第です。
でも、組織が成功するための環境を整える
「バックアップ」があってこそです。

全選手にこれだけの時間と労力を割けているとは思えませんが、
会社の現状に例えても「この時間=個人の指導・育成・教育計画」に
全パワーを集約させたいですね。

時間が取れない、割けないは言い訳としか聞こえません。

店長であれば、アルバイトに至るまでの計画・実行・検証責任があります。
要員規模が大きければ、私がいつも申し上げている「右腕」との分業です。
でも最後の「仕上げ」は店長の専業になります。

”長”の付く方の「責任」の一つです。

当時の師匠に教えていただいた言葉を思い出しました。
「責任は取るためにあるのではなく、果たすためにある」

私自身にも言い聞かせます。

最後までお読みいただいて有難うございました。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛