カテゴリー ~ コンサルティング

雑務を効率よくこなすには?

コンサルティング

なんだか
年末に差し掛かり

 

 

バタバタ忙しく
なってきましたね。

 

 

私は
バタバタ=雑務

 

 

と考えています。

 

 

今日は

 

 

この雑務をいかに

 

 

効率よくこなすかを
考えてみます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

まず、バタバタとは
何を表すのかを考えます。

 

 

「あ~これもやらなきゃ」

 

 

「あ、これやるの忘れてた」

 

 

「もう!これやると本来の業務ができない!」

 

 

という愚痴にも似た
独り言ってありますよね^^

 

 

このような状況は、つまり

 

 

本来業務+追加業務
であることと、

 

 

本来業務=通常業務
追加業務=非日常業務

 

 

とも表現できます。

 

 

非日常業務=イレギュラー業務
ですから、

 

 

イレギュラー業務=季節日常業務

 

 

に変換すれば良いと思うのです。

 

 

つまり、

 

 

季節日常業務
=季節日常業務をこなす+「その記録を取り来年のカレンダーに入れ込む」

 

 

という二つの業務に分解できます。

 

 

この二つ目の「記録」
が肝心要になります。

 

 

これをしない人が
結構多いのです。

 

 

早く次(日常業務)に
取り掛からないと!

 

 

という心理が出てしまい、

 

 

来年もイレギュラー業務として
バタバタ……。

 

 

ある意味、まじめな方が
陥るケースでもあります。

 

 

季節日常業務の例として

 

 

「忘年会の幹事役」があるとします。

 

 

・外部の方をお招きするかTOPに確認
・概ねの参加人数とともに会場探し
・日時の確定
・案内状の作成
・参加啓発
・忘年会自体の企画
・参加費の額決定と徴収方法
・ドタキャン・ドタ参の対応を事前に考えておく
・忘年会会場店舗の店長との価格交渉や当日の段取り打ち合わせ
・最終参加人数の取りまとめ
・来賓の方へのお土産手配
・二次会のセッティング
・忘年会終了後のタクシー・代行の手配
・会計報告

 

 

このような業務がありますよね。

 

 

これ全部が「イレギュラー業務」ならば
これだけで一日は軽く使ってしまいます。

 

 

忘年会終了後の業務も
ありますしね。

 

 

でも、この業務が
事前に把握できていれば

 

 

・早めに着手できる(10月から)
・着手しつつ追加業務の発見
・楽しむ企画内容に集中できる
・すべてを記録し、来年は誰かに投げる(笑)

 

 

という「時間的余裕」を生む
ことができます。

 

 

何でも段取り8割。

 

 

季節業務を把握して

 

 

本当のイレギュラー業務に
備えましょう。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

ロンドンと言えば?

コンサルティング

来月の渡英を控え、

 

 

まーったくノープランでした。

 

 

さすがにいかんな、と思い

 

 

メジャー処はさておき、

 

 

私はここに行きたいのです!

 

 

が、版権フリーの画像がないので
これです!

 

 

Wimbledon Lawn Tennis Museum & TourのE-ticketです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで「草」を食べたい!

 

 

と周囲に言ったら大笑い。

 

 

まぁ、テニス好きの方なら
ご理解いただけますよね^^

 

 

知らない方に
申しあげておきますが

 

 

はむはむ
草を食べるわけではありません。

 

 

そこだけは
誤解なさらないでください^^

 

 

でも本当は
大会期間中に行きたい……。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

今日はいかに「決断する勇気」
を持てるかを考えさせられました。

 

 

経営者は

 

 

企業規模に関わらず

 

 

毎日何かしらの
判断や決断をしています。

 

 

時に部下から決断を
迫られることもあります。

 

 

これはとても勇気が必要で

 

 

間違いたくない、という
感情が働きます。

 

 

また、
役員や管理職であっても

 

 

小さな決断は
その場で強いられることも。

 

 

ここでの勇気は

 

 

決断自体が間違えていないか

 

 

ではなく、

 

 

間違えた後、
私はどうなるのだろう

 

 

という気持ちが働くことです。

 

 

ここが
経営者と役員・管理職
との最大の違いです。

 

 

もちろん
からだを張っている役員は
たくさんいらっしゃいます。

 

 

また
そのような役員がいる企業の
経営者は「幸せ者」です。

 

 

でも
そうではなく、前者の場合、

 

 

経営者は
とたんに孤独感が強くなります。

 

 

一蓮托生。

 

 

良いことも悪いことも
同じように関わる同志は

 

 

TOP次第で
いくらでも輩出できます。

 

 

傑出した役員を
多く誕生させるのも

 

 

「才能開花と自立の支援」

 

 

の一つです。

 

 

がんばりましょう!

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

2025年問題を控えて

コンサルティング

今日現在、
3~5年後を見すえて

 

 

中期経営計画の策定を
クライアント先におすすめ
しています。

 

 

2022年から2024・2025年
になるときに、どうなっているかを

 

 

想定しておく

 

 

航海図のようなものです。

 

 

経営が
晴天・曇天・雨天なのか。
追い風も向かい風も。

 

 

緩急ありながら
政治・経済・環境(温暖化)。

 

 

災害として
地震や風水害。

 

 

まさに「天・人・地」ですね。

 

 

今回は「人」の分野で

 

 

人口・高齢化問題を
ちょっと考えてみます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

この先5年後くらいで

 

 

トピックは「2025年問題」。

 

 

団塊の世代が
全員75歳以上になる現象は
今の日本にとっては脅威です。

 

 

一方で少子化も進み、

 

 

国家財政は早急なる
改変が必要になるでしょう。

 

 

弊社のクライアント先は
医療関係企業も多く、

 

 

強い意志とスピード感で
経営改善・業務改善を
進めています。

 

 

でも……

 

 

どうしても避けられない

 

 

「皆保険制度」の
方向転換に対応するには

 

 

根底から考え方を変える
「経営者の勇気」が

 

 

本質的に問われます。

 

 

我々は守られている。
しかし、

 

 

これは永遠ではない。

 

 

ならば、

 

 

自由競争の世界に
飛び込む意志を持とう!

 

 

と声高らかに宣言し、

 

 

当初は拙速であっても
改善内容を検証し、

 

 

トライ&エラーの「練習」を
しておくべきです。

 

 

「出る杭は打たれる」と
言われますが、

 

 

「杭が刺さっている大地がなくなる」
かもしれない位の危機感を

 

 

あえて

 

 

煽っています(苦笑)。

 

 

この言葉に
反応する経営者は

 

 

行動力を起点に

 

 

改善計画が立てられます。

 

 

そうです

 

 

推進力の根本は

 

 

TOP=社長

 

 

の本気度でしかありません。

 

 

継続力を前提とした

 

 

チャレンジャブル(挑戦する意志)
アチーバブル(達成させる意志)

 

 

この二つを

 

 

従業員のDNAに

 

 

「注入」していくべきです。

 

 

最遅でも来年の
オリンピック・パラリンピック

 

 

の時期くらいまでには

 

 

決断しましょう。

 

 

自戒の念も含めて。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

古い投稿ページへ