カテゴリー ~ コンサルティング

#148 職場の制度やルールってだれがつくるもの?

コンサルティング

皆さん、こんばんは!
株式会社チームのちから
店長養成道場 道場主の
植竹剛です。真夏でも長袖Yシャツなので
このような気温ですとひとり
アイスバケツ大会をしたくなります(笑)

昼間の東京を歩くと融けそうそうでした。

このような冒頭にするということは
もちろん今日も長袖です。

しかもジャケットも着ています。

完全に電車内で浮いている状態・・・

でもCool Bizって環境省が提示する
基準みたいなものがあるみたいです。
https://goo.gl/CW7ZGC

要は健康管理と周囲への配慮で
服装って決まると思うので、TPOには
気を遣いたいと思います。

——————————–

制度やルールってだれが作るべきなのでしょう。
店舗経営企業として考えると、

社長?
役員?
部門長?
管理職?
本社・本部スタッフ?

とまあこのようなラインナップに
なるかと思います。でも、私は
「否」と言い切ってしまいます。

そうなんです。これは「そのルールを使う人」が
つくるべきなのです。

もちろん会社や組織の承認を得たものとして。

「えっ?そんな権限ありません」
「そもそもワタシ、作り方が分かりません」
「どうせ変わらないのだから意味ないです」

あらら・・・これでは楽しい職場にはなれないでしょう。

なぜかって、店舗や現場にいない人がつくるルールは
問題だらけだからです。何が問題?

・そもそもその制度やルールを使わない人が作っている
・最新の情報は店舗や現場でしか分からない
・お客さまと直接会話できる人の意見を聞かずに作ることは
制度やルールがボヤけやすい

などが挙げられます。

店舗や現場の意見をベースにする
ルールを統一しておくことですね。

また作った制度が作りっぱなし
つまり改訂されていないことも
良くあります。

ルールをつくるときに
改訂ルールも併せて
作っておきましょう。

そうすれば、活きた制度やルールになり
遵守しやすいものは現場でもきっと
受け入れてくれます。

明日も暑い日が続きますが
元気よく行きましょう!!

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#147 今日の失敗を糧に笑顔で前に進む新入社員に幸あれ!

コンサルティング

皆さん、こんにちは!

株式会社チームのちから
店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

暑い日が続いております。
皆さま、体調は大丈夫ですか?
私はまだ時差ボケ残りで夜中3時前まで
目がパッチリ状態でちょいと疲労感ありです。

一気に食べるとキーンとするタイプです^^

健康にご留意くださいませ。

フィンランドの25℃は過ごしやすかったな・・・

——————————–

今日はクライアント先でクレーム対応を
営業部長とともに対処しながら、

明日の研修資料の最終練り込みを
しております。

二毛作。。

一旦両方落ち着いたのでTeatimeしながら
ブログを書いています。

クレーム内容は
・契約書、領収書の発行がない
・商品が合わなかった

不誠実かつ納得がいかないので返金を

という内容でした。

クーリングオフ期間は過ぎてしまっています。

「どうしましょう」

「まずは店長に時系列の顛末書を提出させること」
「店舗側としての不備を列記」
「この二つのポイントはすべて「事実」だけを書くこと」
という指示を出しました。

もうこれ、コンサルではなく上司部下の関係のような・・・(苦笑

事実としての報告は
契約書は書いてもらった記憶があいまいかつ保管場所に見当たらない
コピーをお渡しする行為はしなかった
という内容でした。

私の判断は「返金」です。

その分、担当店長に
「契約時のチェック表見直し」
「チェック表をつかった実際のオペレーション実施100%」
「全店に顛末含め情報共有し、今後二度と同じミスを犯さない仕組みづくり」
を考え、会社に提出するよう求めました。

実際の行為は今年4月入社の新入社員。
ひどく落ち込んでいるとの報告も入りました。

加えて一言。

そのお客さまへの謝罪の気持ちと
今後の改善のために切り出していただいた感謝の気持ちを
よーーーく考えてみなさい。

下を向いていたり、前に進まなければ
同じようなお客さまを作り出してしまう。
これが一番避けなければならないことだよ。
一緒にがんばろう!

というコメントを出したところ、
口を真一文字にし、ポロッと一筋。

その直後笑顔で
「トイレ清掃行ってきます!」
と走っていったようです。

一歩一歩しっかりと!

うんうん!
それでいいんだよ。

仕組み憎んで人を憎まず。
私の座右の銘です。

暑い日が続きますが元気よく行きましょう!!

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#146 働き方をどうデザインするか

コンサルティング

皆さん、こんにちは!

株式会社チームのちから
店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

私事で恐縮ですが、
本日倅が二十歳の誕生日でございまして
大勢の方からのお祝いを頂戴し、恐縮とともに
この場をお借りして感謝の意申し上げます。

ということで、今日息子は「生ビール」を
飲んでみたいとのことで料理屋さんに行ってきます。
今晩はひときわおいしいお酒が飲めそうです(喜)

旨い!と思えたらオトナですね^^

——————————–

人材不足で困っている企業が
多いのは皆さんもご承知の通りです。

しかも、20代を中心に採用活動を行っていると
「入ってもすぐに辞めてしまう」という声を良く聴きます。

いつも申し上げることは、「『今の20代の労働ニーズ』を
探しましょう」ということです。しかしこれも変化が起ころうと
しています。

その中身は「働き方をデザインしてくれる会社を選ぶ」
傾向が強まっています。

とあるクライアントはインセンティブ制度を拡充させて
月給で100万円を超えるスーパー店長がいます。

一方で、今年入社した新規学卒者のアンケート結果では
「やることが決まっていて定額の月例給を得たい、
と「全員が」回答しました。

なぜかを問うと、「考えることが苦手だから」
「与えられたことをこなすことが好きだから」
という内容でした。

働くことにあこがれってあるのかと聞きたくなることがあります。

経営側としては、
「えー!君たちはベンチャー企業に入社したんだよ」
とホンネを言いたいのをグッとこらえます。

でもこれは自責の念にたち、リクルーティングの
内容に欠陥があったのか、と思い資料を見てみると
声高らかに謳っています。「青天井だよ」と。

ということは当時の就活方針を曲げてでも
ウチに入った理由は?と聞くと、「給料が良いので」。

矛盾してしまっています。
なんとかしなければ・・・、と考えましたが
途中でやめました。

今経営改革プロジェクトを敢行中で、
新卒メンバーも招集しましたが残念な
経過を現在は辿っています。

ならば一から作らせるのではなく、
七くらいまで私がつくり、さらに良くする
ためのオペレーションを行ってもらうよう
「大きな役割転換」を断行しようと
心に決めました。

早速明朝9時からミーティングが
ありますので発表していきます。

でもその中に「一からやってみたい」
という声が上がれば参画してもらう
ことも言い忘れません。

明日の組織と個人に
明るい未来が見えるよう
お手伝いを続けます。

明日も元気よく行きましょう!!

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

古い投稿ページへ