カテゴリー ~ コンサルティング

答えのない会議

コンサルティング

まさに
生みの苦しみです。

 

 

 

これから起業しようと
考えている方々へ

 

 

 

・時系列で
・どう分類して
・理解しやすい言葉で

 

 

 

というプロジェクトを
現在進行中です。

 

 

 

私にオファをくれたのは
誰もが知る企業です。

 

 

 

多くの専門家や
先達がいる中で

 

 

 

なぜ私に
白羽の矢が立ったのか。

 

 

 

もちろん
従前からのお付き合いも
ありました。

 

 

 

私が持つノウハウを
吸収し終わったと判断し、

 

 

 

契約が終了したことも
多くありました。

 

 

 

なぜリピートしてくれるのか。

 

 

 

自分なりに分析しました。

 

 

 

まずは

 

 

 

「レスポンススピード」です。

 

 

 

企業先へ出向き
打ち合わせを行います。

 

 

 

議論の中で
だんだん的が見えてきて

 

 

 

肉付けを依頼されます。

 

 

 

その返答、つまり宿題は

 

 

 

必ず「当日」に行います。

 

 

 

打合せ後、企業先の
ロビーに座り、2時間も居座って
宿題を提出したこともあります。

 

 

 

次に

 

 

 

「焦点を外さない」ことです。

 

 

 

そのコツは、

 

 

 

クライアント先が見る
対象者のペルソナ設定を
具体的に、明確にします。

 

 

 

つまり、
お客様のお客様を
イメージし切ることです。

 

 

 

このような過去があり、
今回も新しい内容に
着手していますが、

 

 

 

今回は

 

 

 

かなり「難航」しています。

 

 

 

その理由は、

 

 

 

お客様が明確に
お客様のお客様を
見えていない事です。

 

 

 

あれ?これなら
前と同じでは?

 

 

 

はい、そうなんです。

 

 

 

でも、問題なのは

 

 

 

分からないのに、

 

 

 

不明確な持論に
自信を持っている点です。

 

 

 

平たく言えば

 

 

 

「任せて」いただけないのです。

 

 

 

元々、
このような仕事のやり方は

 

 

 

「超不得意」なのです。

 

 

 

任せてもらえるなら

 

 

 

やり切れる自信は
あります。

 

 

 

任せてもらえないなら
私が理解できる内容を
いただきたいのです。

 

 

 

自戒の念に立ち、
自身の改善をもって
これからも当たるのですが、

 

 

 

本音は

 

 

 

任せてちょうだいよ~
損はさせないから^^

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

お店の断捨離の仕方

コンサルティング

最近、お店の中が
乱雑になってきた気がする。

 

この荷物、
邪魔なのは分かってるけど
片付けている時間がない。

 

今の状態が
当たり前になってしまい、
どうカイゼンして良いか
分からない。

 

という悩みをお持ちの方は
必見です^^

 

1.関係者全員で今の状態を見て写真を撮る
2.どう考えても不要な物には赤い付箋を貼る
3.絶対に必要だと思える物には青い付箋を貼る
4.付箋の付いていない物は組織トップが要不要を判断し、各付箋を貼る
5.赤い付箋を貼った物を広いスペースに移動し、捨てる
6.今後不要になった物を一時保管する場所を決める
7.一時保管場所にある物は1週間で捨てる

 

これが断捨離の第1ステップの

 

「整理」です。

 

捨て方のルールを決める
とも言い換えられます。

 

どうしてもスタッフ間の
コミュニケーションは
「すき間」が存在します。

 

あれ?これって捨てて良いのかな?
明日、店長に聞いてみよう。

 

 

言い忘れてそのまま放置^^

 

良くありませんか?
ほぼ確実にあるあるのはずです。

 

このような「意思疎通」を
確認する意味もあって、

 

断捨離は年4回を
おすすめしています。

 

毎週捨てるルールは
少しずつアバウトになります。

 

それをリセットするのが
年4回の断捨離です。

 

事業年度のタイミングで
12ヶ月を4で割って、
キリの良い時に実施しましょう。

 

実施後には
清涼感や解放感を
必ず味わえます。

 

これを繰り返すことで
段々意思疎通も図れ、

 

捨てるという業務は
スムーズになります。

 

そうすると、
次のステップはいよいよ

 

「整頓」

 

に入ります。

 

整頓とは

 

「定位置を決め、元に戻すこと」
です。

 

気が向いたら
整頓の仕方をお伝えします^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#442 ルーティンを決める勇気を持つ

コンサルティング

どうしてここに
これがあるのだろう……

 

あれ?
この仕事っていつやるの?
昨日までじゃなかった?

 

物の配置を決めたり
この業務はいつやるかを決めたり

 

どこの組織でも
このような決め事をしたり
ルール化したりします。

 

これをルーティンワークと
呼んでいます。

 

実はこれ、

 

ルールがない職場は
決めること自体が難しいものです。

 

それは
判断したこと、決めたことが
完全に、全員が納得する
ことはないからです。

 

原因は、下地になる
ルールがないからです。

 

例えば、
「テーブルの上、誰もいないとき、
何も置かれていないようにする」

 

という
下地になるルールを敷けば、

 

誰しもがルールを守り、
ルーティンから外れた場合
判断がしやすくなります。

 

この下地ルールを決めるのは
社長一択です。

 

トップからのお墨付きが出れば
社員はスイスイ動けます。

 

社長、現場回りましょうね^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

新しい投稿ページへ古い投稿ページへ