カテゴリー ~ 研修

#287 メキシコ・キューバ旅行記~6日目/キューバ→メキシコシティ編~

研修

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

現地日付12/3

 

キューバ最終日の朝、
行かないつもりだったが
ホテル内のビュッフェで朝食。

 

3日分の3CUCを
チップで渡し驚かれた。

 

8時にはチェックアウトし
荷物をフロントで預かってもらい外出。

 

 

何度往復したかオビスポ通りへ。
ヘミングウェイ定宿、
Hotel Ambos Mundosの
角を右に曲がって2ブロック先にある

 

Casa del habanoをめざす。
例のシガーバーである。

 

10時オープンであることは
知っていたが今回の旅を
復習するために向かいの
公園のベンチに座り
このブログを書いている。

 

そんな時新聞売りのおじさんが
メローに歌っており、
人生を振り返っているように聞こえる。
聴衆はネコ1匹でこれまたシュール。

 

 

そして野良猫?にエサをあげる
おばあちゃま。

 

 

10時を過ぎたので
シガーバーへ。

 

1本は店で楽しみ、
5本を持ち帰った。
自宅でゆっくりやろうと思う。

 

日本食堂へ立ち寄り
BUTA ROLLとビールをリピ発注。

 

かなり味が濃いためビールを追加。

 

Floriditaで
PaPaダイキリをやっつけようと
思ったらなんと日曜日でお休み。

 

次回への宿題だ。

 

PaPaダイキリとは
ヘミングウェイ仕様のことを指す。

 

酒豪だったヘミングウェイは
甘いダイキリを嫌い、
砂糖はなし(少量入れる説もあり)
ハバナラムは通常の1.5倍(もしくは2倍)

 

というレシピ構成のようだった。

 

昨日いただいたダイキリも
美味しかったのだが、
何ともチャレンジしてみたい。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ホテルに戻り、タクシーをお願いした。
いよいよハバナともお別れである。

 

でも不思議と名残惜しさはない。
また来る、という意志が強いから
かなと思う。

 

なんとクラシックカーで空港まで。
チップを先払いすると、

 

ぶっ飛ばしてくれて
30分ほどで空港着。

 

笑顔で握手してお互いに
ムーチャス・グラシアス!
(とってもありがとう!)

 

最後まで良い人が多い街だった。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

空港に入ってみたら
とんでもない混雑。

 

日曜だからか。

 

アエロメヒコ航空の
カウンターは空港の外まで出る勢い。

 

 

でもプライオリティレーンは1組のみ。
上級会員、ビジネスクラスと
エコノミークラスとの差別化が激しい。

 

私が乗るinteljetのカウンターが
見当たらない。

 

うろうろ探してみたがないので
あ、まだ開設してないんだな
と推測。

 

羽田や成田では
チェックインカウンターは
常に開いているが

 

外国では3時間前から
というような制約が多い。

 

ということで
Wi-Fi環境は相変わらずだが

 

ブログ原稿をさくさく作る。

 

でもそろそろ出発時刻の
2時間前。

 

カウンターは・・・
今開いた!

 

そうしたらこちらも
長蛇の列になりかけそうなので

 

ダッシュで並び、
20番目くらいに。

 

5分後にはやはり
アエロメヒコのように。

 

助かった。

 

でもこの日は
私にとってかなり
良くない日となってしまった。

 

ハバナから乗ってきたIJ2901便

 

・メキシコシティ行で出発120分遅れ
→Boardingボードが点灯したので並んだら、
使用機から乗客が降りてきた有り様。
点検、清掃を疑いちとビビる。
列が動かないまま100分は立っていた。

 

・3列の真ん中席で両サイドが100キロ超級男性
→窒息するかと思った。
ベルト着用サインが外れているときは
ずっとギャレーそばで立っていた。

 

・フアレス国際空港着陸後90分沖止め
→スペイン語で機長がなんだかんだ言ってるが
さっぱり理解できず。

 

・入国審査でいろいろしつこくスペイン語で聞かれ困り果てる
→確実なる嫌がらせ。東洋人嫌いか?

 

・ロストバゲッジし空港内で捜索120分以上
→まず何番のターンテーブル(carousel)か分からない。
→受け取り場所が2施設あることを職員4人目でやっと理解する。
→行ってみても当便名IJ2901の表示なし。
→聞くと、全部受け取り終わってるよの一言。ロストを確信する。
→聞き回るがスペイン語訛りがひどい英語でイマイチ確証ないままウロウロ。
→案内所は出口の先で、引き返せない場所にある。
→困り果てたので端っこで座り込む。
→あ、メキシコシティはWi-Fi環境に接続できることを思いだす。
→HPで調べてフアレス国際空港のアテンドセンターに電話する。
→イングリッシュプリーズで即対応してくれた。
→当該12番ターンの防犯カメラをチェックしてくれることに。
→入国審査で手間取っているとき、次の便のターン出しのため端にキープされているとの情報。
→係員の名前を聞き出し(Fernando)を大声で連呼。
→んは?的にフェルナンド登場。
→スーツケースの特徴を言って、預かってくれてないかを聞く。
→あーあるよ、ちょっと待ってな、といいつつ動かない。
→この状況でチップかい!と叫びそうになったが仕方なく渡す。
→職員しか入れない扉のすぐ横にキープされていたのがすき間から見えた。
→やっとの思いで出口に向かう最終で「Is foot contained in this?」と違う職員が二人がかりで質問してきた。
→スーツケースの中にフット?足?とジェスチャーをするが「ノン」の一言。
→頭の回転が鈍っているので悩む。
→結局、FootではなくFoodだった。訛りを聞き分けられなかった。
→Never!と少し声を荒げてしまった(後悔)。

 

・ホテル到着予定時刻を大幅に伸び、周囲の飲食店は全部閉店。ルームサービスも終了。

 

という状況だった。
ハバナが良かっただけに

 

メキシコシティへの恨み節
アリアリで就寝する。

 

すると隣の部屋の声が
結構聞こえてくる。

 

話終わったかなと思ったら
二人で大いびき選手権。

 

3時までは記憶している。
明日は6時起きなのに・・・。

 

でも明日(すでに今日)は
テオティワカン遺跡に!

 

それだけを楽しみに
ニヤニヤしながら眠りについた。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#273 企画が通る=意図をつかむ

研修

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから代表取締役
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

先週の大部分を使って企画した
研修内容がお気に召されたようで
微細の修正指示をいただきました。

 

ということは・・・ほぼ通ったってこと?!

 

ダメであればこのような指摘は
入らないはず。

 

今回のお話を取り持っていただいている
某研修企業さまいわく、

 

相当感触が良かったです^^

 

ということなので、
週末に向けて、

 

経営計画づくり
研修企画づくり

 

と「作る」三昧です^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

企画が通るとき、

 

お相手とのシンクロ感を

 

大切にして作り込んで

 

良かったなと思います。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

今回のケースは

 

東証一部上場企業が

 

ターゲット顧客だったので、

 

組織に「縦割り」感が

 

あるのでは、と推測しました。

 

つまり、

 

・人事は研修を実施し育成すること
・営業は数字を伸ばすこと

 

がそれぞれの活動目的なので

 

融合策はないかな、と思案。

 

人事教育(人材の質を高める)
営業教育(業績向上のための精度を上げる)

 

この二つをブレンドすることで

 

「良い研修」

 

と思っていただけるように
仕上げました。

 

一見総花的な内容に
思えるかもしれません。

 

でも、店舗【現場】から
人材を引き抜き、

 

集合教育をさせることが
昔よりも本当に難しく
なっています。

 

なので、人として、仕事として
当たり前のことが当たり前に

 

できてる?

 

という投げかけから始まり

 

スタートラインに立って
いただきます。

 

それから

 

方法論を説明し、

 

現状認識を個店、複数店

 

と段々視野を広げ、

 

課題は何か、

 

解決策は何か、

 

を考えてもらって

 

そのまま店舗に持ち帰って

 

有効に使える

 

「お土産」を

 

私は一番重視

 

しています。

 

この研修に参加した
副産物がないと

 

縦割りであればこそ

 

研修効果を疑われて

 

しまいます。

 

そして大事なのは

 

人事が仕掛けた研修を

 

営業がしっかり受け取り、

 

磨いて珠(たま)に
するかどうかです。

 

単に「店舗から人を抜いておいて」

 

というひがみだけでは

 

まず間違いなくうまく

 

行かないでしょう。

 

と、ここまで考えて研修企画を
練り上げました。

 

研修受講結果を
どのように活用していただくかは

 

クライアント先にお願いするしか
ありませんが、

 

登壇するときに、

 

いつも申し上げるのは

 

「せっかく来たなら自身の手でお土産をゲットして店舗に帰ってね」

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

ネガよりもポジに!

研修

皆さん、こんにちは!

株式会社チームのちから
店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

—————————————————–

2018年6月18日(月)午前7時58分ごろ発生した

関西地方大阪北部で最大震度6弱の地震の影響で

被害に合われた方々へお悔やみとお見舞いを申し上げます。
—————————————————–

今日午前中はこちらへ伺いました。

キャンパスが広いですね!

はい、超有名校ですね^^

え?植竹って教育者たちを教育するの?
そんなに偉くなった?

いえいえ、そうではありません。
今日は私の得意分野である
「パート・アルバイトさん」の
早期離職防止策の打ち合わせでした。

あまり細かいことは今は
申し上げられませんが、

「研修」のご依頼、
いただいちゃいました^^

ありがとうございます。

早期離職の原因って
本当にさまざまあります。

また単一要素だけではなく
複合因子も含まれ、複雑です。

でもその絡み合ってしまった糸を
丁寧にほぐしていくことによって
解決の道に向かいます。

そんなとき、

・「ええい!絡みが固すぎるから切ってしまえ!」

・「時間はかかるけどやるしかないな」

どちらのスタンスでやりますか?
という質問をさせていただくんです。

この決断ができない組織には
お仕事はお引き受けしない主義です。

でもさすが、の一言。
「何年かかっても問題に取り組み続けます」

スカッとさわやかな気分^^

早速午後からカリキュラムの
作成に入ります。

最後にご担当より一言。

研修自体はポジにすすめるのですか?
それともネガですか?

はい、もちろんポジ型で行います。

安心しました。
当日もよろしくお願いいたします。

はい、お引き受けいたします。

とてもよい打ち合わせができました。

さぁて
今日の仕事も折り返し!
ソデまくりで行きましょう!

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

古い投稿ページへ