ブログ ~ 2013年6月

人に頼る

私は「人に頼る」のが
どうも下手みたいで、

 

 

 

友人知人からは

 

 

 

もっと頼っていいんじゃない?

 

 

 

と度々言われます。

 

 

 

そうなのかなぁ
ずっとこうしてきたしなぁ

 

 

 

と今までの自分を
振り返ることにしました。

 

 

 

起業前に
人生40年間を振り返り、

 

 

 

はっ!これだ!と
気が付いたのことが

 

 

 

今の創業理念に
なっています。

 

 

 

「人財の才能開花と自立を支援する」

 

 

 

という文言です。

 

 

 

ということで
脳内にある引き出しを
下の段から開けてみることに。

 

 

 

あ、ちなみに
なぜ下段からの理由は

 

 

 

下から開ければ引き出しを
押して戻す必要がないからです^^

 

 

 

う~ん、そうかそうか。
なるほどなるほど。

 

 

 

少しずつ思い当たる節が
見えてきました。

 

 

 

今までの私の職歴は

 

 

 

「業界をいくつも変えて転職」
「一人で出向して立て直し」
「前例なしの新規部署立ち上げ」

 

 

 

という20年間の
サラリーマン人生でした。

 

 

 

あ~これ、頼るヒマというか
頼れる人、周りにいなかった。。

 

 

 

もう一声出せば、

 

 

 

起業してからも
基本は独りで考え
独りできめてきたな。

 

 

 

これはイカンことだな。

 

 

 

としみじみ感じました。

 

 

 

もちろん、
要所要所でアドバイスをいただいたり、
助っ人の方々もいらっしゃいました。

 

 

 

でも、あくまでも
ワンポイントでした。

 

 

 

ということで、

 

 

 

これからは

 

 

 

ドンドン人に頼る
ことにしました^^

 

 

 

分からないことは
考えに考えた末であれば

 

 

 

「分から~ん!助けて!」

 

 

 

この「助けて!」が
今まで言えなかったのだ
と本心に気づけました。

 

 

 

これから私から
ホウボウ連絡差し上げますので

 

 

 

どうぞご覚悟を(笑)。

 

 

 

あ、でも待ってください!

 

 

 

家族や店長時代には
よーくよく人に頼ってた!

 

 

 

その節はお世話になりました(苦笑)。

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

社長としての勇気とは?

お盆期間も終わり、

 

 

 

今日からまた全開モード!

 

 

 

ということで、

 

 

 

今日はクライアント先の
来期予算編成会議でした。

 

 

 

ほぼぶっ続けで9時間半。

 

 

 

いろいろなことが分かりました。

 

 

 

今、課題の根本は

 

 

 

誰も「事実」を把握していない
項目がかなり多かったこと。

 

 

 

憶測や想像は

 

 

 

一気に経営危機へ
ということをご納得いただきました。

 

 

 

では、

 

 

 

事実確認の方法って?
という雰囲気の中、

 

 

 

私がご提案したのは、

 

 

 

「各方面へのインタビュー」
という内容でした。

 

 

 

当たり前?

 

 

 

いえいえ、案外
五里霧中の方には

 

 

 

これが効果てきめんなのです。

 

 

 

ということで、

 

 

 

急がば回れ
というスローガンを立て、

 

 

 

明日からヒアリングを
開始していただく事に。

 

 

 

ヒアリング内容をつくり、

 

 

 

実行あるのみ!

 

 

 

社長、再スタートは
毎日できます。

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

積極性の果て

今日は幼なじみが
私の実家を訪ねてくれました。

 

 

 

亡父に線香を焚いてくれ、

 

 

 

カイと同じ歳の飛翔くんと

 

 

 

今年小学4年生の大翔くん。

 

 

 

3人は共通する

 

 

 

犬嫌い。

 

 

 

そうです。我が家には

 

 

 

愛犬さくらが。

 

 

 

特に、番犬として
育ってきたので

 

 

 

数年ぶりの来訪では
完全に記憶の彼方。

 

 

 

ワンワン!!

 

 

 

ウー~~~!大会。

 

 

 

犬嫌い一家の中で

 

 

 

末弟の大翔くんが

 

 

 

勇気を振り絞って

 

 

 

さくらと対峙。

 

 

 

一同、おー!と思いつつ、

 

 

 

ほぼ間違いなく本噛みを
しないので、見守ることに。

 

 

 

10歳の大翔くんが
粘ること30分。

 

 

 

だんだん

 

 

 

しっぽフリフリ

 

 

 

吠えも収まり

 

 

 

最後は

 

 

 

アタマ、ナダテナダテ^^

 

 

 

一同拍手喝采!

 

 

 

それを見ていた飛翔くん。

 

 

 

「失敗を恐れずだね」

 

 

 

私が諭すと

 

 

 

ポロッと

 

 

 

苦笑い。

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

その後

 

 

 

 

大翔くんは泳ぎが
不得意なので

 

 

 

カイが得意げになって指導。

 

 

 

2時間後……

 

 

 

ビート板なしで5m泳げました!

 

 

 

今日は大翔くんフィーバーデイ。

 

 

 

何でも失敗と恐れず
勇気を持って、対処する
こころを学びました。

 

 

 

「おじちゃん、明日も来ていい?」

 

 

 

おもてなしに対する
最高の答えでした。

 

 

 

夏休みの良い思い出に^^

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

息子と筋トレ勝負!

皆さん、

 

 

 

プランクってご存じですか?

 

 

 

こういう体幹トレーニングの
一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーこれね!
は多いと思います。

 

 

 

これが実はキツイんです。

 

 

 

息子は今、
食事制限中なのですが

 

 

 

私の知らない間に
夕食で盛岡冷麺。

 

 

 

私の心に灯が灯りました^^

 

 

 

カイ!筋トレ勝負ぢゃ!

 

 

 

ということで、プランク1分勝負!

 

 

 

1セット1分を何回できるか?

 

 

 

連続勝負はあまりにも

 

 

 

分が悪いので、親特権!

 

 

 

1セット目、クリア

 

 

 

2セット目、クリア!
(すでに生き上がる私)

 

 

 

3セット目、クリア!!

 

 

 

4セット目、クリア!!!
(すでに限界を超える私)

 

 

 

5セット目、力尽きる私……。
(計測は30秒……)

 

 

 

潰れた私を見かねて、
愛犬さくらが、体中をペロペロ。
労ってくれています。

 

 

 

父親としての威厳は崩壊。

 

 

 

海晴は親父を軽々と
超えていきました。

 

 

 

腕っぷしの強かった私の父。

 

 

 

30数年前の腕相撲勝負。

 

 

 

高校時代でピークの私に
見事?引き分け。

 

 

 

その時に、親父の「意地」を感じました。

 

 

 

私はカイに負けたのではなく、

 

 

 

亡父に負けた気がしました。

 

 

 

お盆中で、親父も見ていたはず。

 

 

 

おい、剛。

 

 

 

お前も大したことないな。

 

 

 

親父、スマン。
でも、生きてるから、オレ、
まだまだ進化するゼ!!

 

 

 

と、親父と宇宙語で
会話しました^^

 

 

 

まだまだ生きてるうちに、
やることはたくさんありますね^^

 

 

 

あー頭痛がヒドイ。

 

 

 

あ、ハイボール10杯
やっつけた後だった^^

 

 

 

(亡父は下戸)
(言い訳w)

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

他にもあるはず

突然ですが、

 

 

 

この画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、今しがた
食品スーパーに行った際、

 

 

 

息子が見つけました。

 

 

 

「あっ!僕が貼ったシールだ!」

 

 

 

思わず即買い^^

 

 

 

この食品表示のシール貼りは
就労支援センターで受注した
仕事なんだそうです。

 

 

 

「おー真っ直ぐ貼れてるな!
がんばってるじゃないか!」

 

 

 

と、褒めたものの

 

 

 

気持ちは別方面で
残りました。

 

 

 

これが我が息子が
する仕事なのだろうか。

 

 

 

この仕事を否定している
訳ではありません。

 

 

 

親バカですが、

 

 

 

息子はもっと違う仕事に
才能を発揮してくれるのでは。

 

 

 

と思い、

 

 

 

このように思う保護者は
確実にいるはず。

 

 

 

弊社の理念である

 

 

 

「才能の開発と自立の支援」

 

 

 

を今こそやるべきだ、と
強く思い、これから夕食づくりです^^

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛