ブログ ~ 2013年10月

従業員満足度の改善活動が始まりました!

コンサルティング

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です!

前回からの続きで具体的な従業員満足度の
改善活動についてお伝えします。

一番は「全員で」行うことです。
提案内容はやはり「プロジェクト化」です。

会議中の相談風景絵

従業員満足度の向上をめざしてある店舗で
プロジェクトが立ち上がりました。

まずは要点を整理します。

1.なぜ従業員満足度を上げるのか。

2.どのように従業員満足度を上げるのか。

3.進歩したことの指標は何にするか。

1.の「なぜ」つまり目的は何かの共有が一番大切ですよね。
私がいつもお話しするのはこの一言です。

「自分達の力で従業員満足度を引き上げる」

これが最強のチームづくりでは欠かせません。
後の2.3.は環境に応じて柔軟に作成していきます。
骨組みは店舗や会社の管理職クラスが考えます。
アルバイトリーダーに参加してもらうのも良いですね。

骨子の作成が終了したら、次は「情熱提案」です!
情熱提案の根本は「良い店舗にしたい!」という信念です。

まずは、本気で改善する気持ちがあることを
アルバイトに理解してもらいます。

アルバイトの心理の動きは「理解→納得→実践」になります。
①なぜこの取り組みをするのかの理解
②めんどくさい→不納得 やってみたい→納得

不納得の場合は丁寧かつ粘り強く説得を繰り返します。
でも3回説得してもイヤだというアルバイトには
「いつでも参加してね」で留めましょう。

活動が盛り上がってくると心が動かされ、
参加意思に変わってきます。
そのタイミングを見計らって、改めて勧誘をします。

次回は具体的に計画を立てるノウハウをお伝えします。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛