ブログ ~ 2018年11月

#395 中国→台湾→中国の旅

金門高梁酒
シンメンコーリャンチヨ
Jīnmén gāoliang jiǔ

 

「金門」とは
台湾の金門島で
つくられたという意味で

 

国共内戦で敗北し、
台湾に追い込まれた
蒋介石の国民党政権が、

 

大陸への反攻拠点
とした最前線の島です。

 

その時、

 

劣勢の蒋介石が
浙江省にいた酒造り
の名人を台湾にまで
呼んで作らせたと噂の酒

 

と中国のIT社長談。

 

ということでいただきました^^

 

まずは専用ケース袋(事務所机なので電卓が映り込んでます^^)

 

さすがコピー大国のプロローグである「封印シール」

 

蒸留酒ならではの透明さ^^

 

極めつけはシリアルNo.と本物識別方法の説明書きがラベル裏面に!

 

ということで、これは4/1の
エイプリルフールに開けます!

 

弊社横浜の山下町事務所で
チビチビやることにします。

 

開始時刻は20時くらい予定。

 

ちょっと飲んでみたいんだけど
という方はお待ちしております。

 

info@team-chikara.com
で、「酒飲みたい」と入れて
いただければ返信いたします。

 

こういうのも
経営者の醍醐味
だったりして(笑)

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

#394 旅の疲れ、何て言ってられん

今日も
ガンガン執筆デー。

 

ながーいトンネルの先に
出口の光がちょっとだけ
見えました。

 

朝6時からほぼ
ノンストップはさすがに

 

首・肩・背中が

 

そして
タイピングのくせなのか

 

右手薬指の付け根が

 

今日はもう終わっていいよ
とささやいてくれるので^^

 

抗って
お世話になっている
三輪先生のところへ、と

 

気づいたら19時過ぎ。

 

営業時間過ぎてる・・・泣。

 

根性で22時まで16時間
(正味15時間)の格闘を終え、

 

一杯やってしまいます(笑)

 

明日もパワー全開で
行かないと

 

原稿の神様に
跳ね飛ばされるので

 

大胆な構成
慎重な校正

 

これを徹底します。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#393 なかなか眠れない

はい、
興奮してるんです。

 

昨日の
IT社長とのお話。

 

思うことは
「カネ払い」の仕方で
日本は中国の

 

常に3年遅れてます。

 

元々は
個人の信用のなさを
アリババとWechatが
買い上げて、ここまで

 

膨張しました。

 

はい、膨張です。

 

ジャック・マーは
やりたいことを
するために教師として

 

経済界から下野します。

 

今回、エージェントの
女性の方はまさに才女。

 

北京大学からアリババ。

 

21歳ですでにトリンガル。

 

しかもかわいい^^

 

ムスメ的目線で^^

 

休暇を取って、ご主人も
大連入り。アツアツです^^

 

ランチをご一緒して
こちらも頭脳明晰。

 

明るい未来に期待します。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

1sec 10,000TB
の処理速度を以って

 

人間は
現実か仮想かの
見極めがつかなくなる。

 

大胆な仮説ですが

 

私もそう思います。

 

店舗の物件や
マンションの現地下見は
もう不要になります。

 

360度カメラでリアルに
表現してくれます。

 

現在研究しているのは
嗅覚のAI化だそうで、

 

近未来のスマホは
匂いを発するデバイスに。

 

視覚・聴覚・味覚・触覚・臭覚。

 

あれ?では「第六感は?」

 

それはムリ(笑)

 

CEOいわく、

 

AIがマネできないのは
人間の感受インパクトと
継続性を積み上げるには

 

サンプルが無限である

 

ということでした。

 

併せて7Gくらいになれば
宇宙物理学はすべて
解明されるとのこと。

 

私はその過渡期を
見届けてから、
宇宙に行こうと思います。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#391 中国の飲食店をコンサルするということ

私にとって
初めての挑戦です。

 

文化や習慣
言葉も違う国で

 

どのように
意思疎通を図るか。

 

観光や留学とは
一味違う心持ちです。

 

今回は
日本の飲食店で
行われている

 

店舗経営と運営の
ノウハウをお教えして
どれだけの良化があるかを
検証するお仕事です。

 

良い結果が出なければ
それで終了してしまいます。

 

まあ、
このような片道切符
だらけなんです
私の仕事は^^

 

やり切るだけ
なのです。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

そんな中、
気づいたことが。

 

中国の方々

 

話が長い!

 

何かを力説して
くれていますが

 

一人が数分
話し続けるのは
当たり前です。

 

なんだろう。

 

これも文化なのか。

 

表情は作りますが
内容は一切分からず。

 

通訳の方に
教えてもらうと
理解できますが
大変です。

 

やはり
気になるのは
集客・売上・利益。

 

そりゃそうですわ。
経営者として当たり前。

 

でも残念なのは
自店の数字を知らないこと。

 

数字を知れば
やれることは
たくさんあります。

 

また明日も
コンサルティングは
続きます。

 

明日は
日本料理店です。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

 

#390 大連でちょっとお得に。

JL827便で
成田から大連に着きました。

 

成田空港の
JALラウンジに入ったら
入口の受付で

 

パスポートを
お預かりしてよろしいですか?

 

と職員の方に言われ、

 

お席までお返しに参ります。

 

というコメント。

 

ん?と思いながら
悪いことしたかな?
と思いをめぐらしました(笑)。

 

席を確保し、
トイレに行こうとしたら
パスポートを届けてくれました。

 

毎回こうしてるのですか?

 

いえいえ、
大連行きに関して
ナーバスなチェックが
必要なのです。

 

へーそうなんですか。

 

という会話をして
気になって調べてみましたが
これだ、という情報は得られず・・・。

 

気を取り直して
搭乗しました。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

宿泊先は
InterContinental Hotels Dalian
にしました。

 

IHGという
会員制度があって

 

幸いなことに今は
Spire Eliteというランクで

 

相当融通が利きます。

 

• 部屋のグレードが無料で自動的に2ランクアップ
• 基本ポイントに100%のボーナスポイントを加算
• ステータス獲得・更新時には特別選択式特典をご提供
• ハーツGoldプラス・リワーズ Five Star® ステータスへの限定アップグレード

これに加え、次のようなプラチナエリート会員の会員特典をお楽しみいただけます。

• エリート繰り越し宿泊
• 客室保証
• エリート会員のポイントは有効期限なし
• プライオリティ・チェックイン
• チェックアウト時間の延長
• ポイントまたはマイルを獲得
• 会員専用料金
• 会員専用のカスタマーサービス番号をご用意
• ご利用除外日がなく、いつでもご利用可能な無料宿泊特典
• 無料宿泊特典を利用した宿泊でもエリートステータスに向けた宿泊数にカウント
• 無料インターネット

 

とまぁ盛りだくさんで
特典を使いきれないです。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これは「自慢」なのではなく、

 

ご依頼いただいている

 

飛行機マイルをかしこく貯めて、かしこく活用セミナー(仮題)

 

の一例をご紹介しているためです。

 

このランクになるために
使った宿泊数とお金は

 

10泊未満、10万円以下です。
(現在、正確な情報を確認中です)

 

ちょっとした情報を得て、
しっかり特典を受け取る。

 

これは快適な旅をするに
必要だなと思っています。

 

これから
ホテルにこもって
深夜まで原稿と
にらめっこをします^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

古い投稿ページへ