ブログ ~ 2014年11月

たのしいたけ園の通販サイトが着々とリニューアル準備してます♪

今日デザインを担当していただいている方からご連絡がありました。

 

デザインと一言で片づけられる方ではなく、サイトの目的や誰に向けてのサービスか、などしっかりフレームからお考えいただいているので、とても安心です。

 

以前、「何色ベースが良いですか?」といきなり聞かれることがあり、とてもビックリして即座にご縁を切らせていただいた業者さんもいたので相当レベルの高い方です^^

 

ということで、今回新設のコーナーをご紹介します。内容はすべて「リアル」な内容です。

 

いかがでしょうか^^

 

このように「アクティブな内容を載せて、訪問者をどんどん引き込む」ことをイメージして構成しています。

 

今回感じていることは9/24の開店はいわゆる「プレ」で、今度仕上がってくるサイトこそ「グランドオープン」なんだなと思っています。

 

なので、キャンペーン企画も練り直しました。

 

すでにお買い求めいただいた方も、新しくお買い求めいただく方にも「お~!じゃあ買ってみようかな」と言っていただけるようにしていきます。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

新作! たのしいたけ園 商品開発 中間報告(生しいたけが干すとこうなる!)

先日ブログで書いた、新提案新商品「手割き干ししいたけ」が干し上がりました~^^

 

生のしいたけ、干しのしいたけは同じものです!

 

まずは、フレッシュな生の状態の画像はこちら ↓

このように、人手で割きます。

 

そして、並べてみました。

このまま食べても美味しいです^^

 

ここから天日で干していきます。 ↓

良い天気が初日だとテンション上がります^^

 

 

 

 

そ・し・て・・・

 

干し終わったのがコチラです ↓

比較するとさすがに「年季」が入ってます!(笑)

この断面、良質さが伝わりますか?

左右同時に水分が抜けてくれました。シンメトリっぽく干せました。

 

しいたけをより目立たせた料理にしたいという方にはオススメです。

 

さぁて、次はこの干ししいたけを料理していきます。

 

ワタシはそこまで料理が得意ではないので、「ある方」にお願いしてみようと思います^^

 

そうです、あなたです(笑)。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

 

イタリアンシェフのアドバイスを実践してみました

植竹さん、「干ししいたけは『手割き(てさき)』が良いよ」

 

東京の赤羽橋(住所は東麻布)で創作イタリアン(というと怒られるw)のお店を経営するオーナーシェフの佐志原さん。

 

お店のFacebookページ

 

このアドバイス金言から新提案商品の構想を始めました。

 

干ししいたけの材料って、味は問題ないけど、傘が変形していたりするのを使うのがリアルなところ。でもあえて、生で出せるレベルの形の良いしいたけを割いて干してみるって構想です。

 

このみずみずしさ、いかがでしょうか^^

スマホのセルフタイマー機能を使って、腕をプルプルさせながら撮りました^^

 

並べて撮影してみたのがこちらです。

 

このまま食べても美味しいです^^

 

 

この状態で天日干しをしてみます。でもホンの1時間程度。その後は陰干しです。

おぉ!なんだかピカピカ光ってる^^

 

ということで、今日は陽射しが良いのでさっそく日中試してみました。

 

この湿度であれば、3日程度で乾くと思います。

 

試食も含めて、またご案内いたします^^

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

新たなるテスト配送をやってみる

いつもお世話になっているO路さんのご提案で、菌床付きしいたけの新しい発送方法をテストしています。

このまま送ってみます^^

小さめのバスケットにファンシーな発泡スチロール材を敷き詰めてプチプチでくるんで、というカンタンな仕様ですが、インパクトはありそうです^^

 

届いた時、撮影していただきフィードバックをいただけることになっています。

 

さぁてどうなるかなぁとワクワク^^

 

後日結果レポートします!

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

 

苦しかった分だけ神様は微笑んでくださる

今日は朝4時から、昨日発送できなかった「初回限定たのしいたけご試食セット」の梱包作業を再開しました。

 

 

ゆうパケット便では「厚み」がクリアできず、昨晩延々とネット検索して他の発送方法を検討しました。

 

結論はヤマト運輸の「宅急便コンパクト」に急きょ変更することに。

 

でも、ゆうパケット便の外箱に描いていただいた作品は今回送れないことに・・・。

 

断腸の想いで今回だけ「白紙」のまま送らせていただくことにしました。

 

お買い上げいただいたお客様へ謝罪・・・。

たったこれだけの厚みのちがいで相当変わります^^

 

でもこれで、「大きな」「傘・軸ともに分厚い」しいたけを送ることができます^^

 

ゆうパケット便の作品は今後発売する「干ししいたけ」で活用させていただきます!

側面までステキな作画であふれています^^

これからもさらに進化、さらに品質追求!

 

そして早起きは三文の徳をゲットしました!

 

関東⇒関東の発送で、あさ8:35までにヤマト運輸の直営店に持ち込んで発送手続きをすれば「当日着」が可能であるという事実を知りました!

 

ということは、同一地域であれば『当日収穫、当日お届け』がうたえることになります。

 

これは大きな情報でした。まちがいなく「ウリ」のひとつになります。

 

昨晩は挫折感と申し訳なさで半べそをかきました苦笑。

 

でも、今朝は神様が微笑んでくださり、想像を超えるノウハウを身に付けることができました。

 

毎日申し上げていますが、皆さまに大感謝です!

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

新しい投稿ページへ