ブログ ~ 2018年9月

ロンドンと言えば?

来月の渡英を控え、

 

 

まーったくノープランでした。

 

 

さすがにいかんな、と思い

 

 

メジャー処はさておき、

 

 

私はここに行きたいのです!

 

 

が、版権フリーの画像がないので
これです!

 

 

Wimbledon Lawn Tennis Museum & TourのE-ticketです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで「草」を食べたい!

 

 

と周囲に言ったら大笑い。

 

 

まぁ、テニス好きの方なら
ご理解いただけますよね^^

 

 

知らない方に
申しあげておきますが

 

 

はむはむ
草を食べるわけではありません。

 

 

そこだけは
誤解なさらないでください^^

 

 

でも本当は
大会期間中に行きたい……。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

今日はいかに「決断する勇気」
を持てるかを考えさせられました。

 

 

経営者は

 

 

企業規模に関わらず

 

 

毎日何かしらの
判断や決断をしています。

 

 

時に部下から決断を
迫られることもあります。

 

 

これはとても勇気が必要で

 

 

間違いたくない、という
感情が働きます。

 

 

また、
役員や管理職であっても

 

 

小さな決断は
その場で強いられることも。

 

 

ここでの勇気は

 

 

決断自体が間違えていないか

 

 

ではなく、

 

 

間違えた後、
私はどうなるのだろう

 

 

という気持ちが働くことです。

 

 

ここが
経営者と役員・管理職
との最大の違いです。

 

 

もちろん
からだを張っている役員は
たくさんいらっしゃいます。

 

 

また
そのような役員がいる企業の
経営者は「幸せ者」です。

 

 

でも
そうではなく、前者の場合、

 

 

経営者は
とたんに孤独感が強くなります。

 

 

一蓮托生。

 

 

良いことも悪いことも
同じように関わる同志は

 

 

TOP次第で
いくらでも輩出できます。

 

 

傑出した役員を
多く誕生させるのも

 

 

「才能開花と自立の支援」

 

 

の一つです。

 

 

がんばりましょう!

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

やはり守破離

しっかりと
基礎を固めるのは大切

 

 

ということは万国共通
ですね。

 

 

でも、長い期間「守」を
してきた方は、実は要注意です。

 

 

持論ですが

 

 

「守」慣れは存在します。

 

 

ルールを守る
型通りに行う

 

 

こと「だけ」を長くしてきた方は

 

 

とにかく「改善提案=破」を
実行に移しましょう!

 

 

また、職場を移られて

 

 

心機一転!という方に
オススメなのは

 

 

1.転職=「すでに『離』している」ことを自覚する

 

 

2.「守」の確認は3か月以内

 

 

3.「守」を見ながら「破」の内容を提案

 

 

特に1番目は大切です。

 

 

おさらいで「離」とは「独立する」意味
を指します。

 

 

サラリーマンとして
転職したとしても

 

 

実は一度は「離」を
しているのです。

 

 

この状況を踏まえて

 

 

自らの行動を
決めて行ってくださいね。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

30年ぶりの同窓会

来年の幹事団活動の
視察もかねて、

 

 

今日は高校の同窓会に
出席してきます。

 

 

高校卒業30年目の代が
幹事団を務めるということで

 

 

今日は受付・案内など
一つ上の先輩方の
お手伝いをします。

 

 

でも、赤字のようで
手伝いながら会費は払う

 

 

という面白さ^^

 

 

経営状態ならば
笑えませんがね・・・^^

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

赤字には赤字の理由があります。

 

 

黒字には黒字の理由があります。

 

 

この原因は何なのかを
意外と分かっていない

 

 

企業は存在します。

 

 

でもいいんです。
分からなくても。

 

 

それが私の仕事なので^^

 

 

は冗談で

 

 

分からないならば

 

 

どうすれば分かるのか

 

 

を必死に考えましょう。

 

 

これをコンサル任せにすると

 

 

非常によくないです。

 

 

コンサルがいなくなると
元通りになってしまうから。

 

 

今年の同窓会が
どうして赤字なのか

 

 

コンサルの目で診て

 

 

来年に活かします。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

2025年問題を控えて

今日現在、
3~5年後を見すえて

 

 

中期経営計画の策定を
クライアント先におすすめ
しています。

 

 

2022年から2024・2025年
になるときに、どうなっているかを

 

 

想定しておく

 

 

航海図のようなものです。

 

 

経営が
晴天・曇天・雨天なのか。
追い風も向かい風も。

 

 

緩急ありながら
政治・経済・環境(温暖化)。

 

 

災害として
地震や風水害。

 

 

まさに「天・人・地」ですね。

 

 

今回は「人」の分野で

 

 

人口・高齢化問題を
ちょっと考えてみます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

この先5年後くらいで

 

 

トピックは「2025年問題」。

 

 

団塊の世代が
全員75歳以上になる現象は
今の日本にとっては脅威です。

 

 

一方で少子化も進み、

 

 

国家財政は早急なる
改変が必要になるでしょう。

 

 

弊社のクライアント先は
医療関係企業も多く、

 

 

強い意志とスピード感で
経営改善・業務改善を
進めています。

 

 

でも……

 

 

どうしても避けられない

 

 

「皆保険制度」の
方向転換に対応するには

 

 

根底から考え方を変える
「経営者の勇気」が

 

 

本質的に問われます。

 

 

我々は守られている。
しかし、

 

 

これは永遠ではない。

 

 

ならば、

 

 

自由競争の世界に
飛び込む意志を持とう!

 

 

と声高らかに宣言し、

 

 

当初は拙速であっても
改善内容を検証し、

 

 

トライ&エラーの「練習」を
しておくべきです。

 

 

「出る杭は打たれる」と
言われますが、

 

 

「杭が刺さっている大地がなくなる」
かもしれない位の危機感を

 

 

あえて

 

 

煽っています(苦笑)。

 

 

この言葉に
反応する経営者は

 

 

行動力を起点に

 

 

改善計画が立てられます。

 

 

そうです

 

 

推進力の根本は

 

 

TOP=社長

 

 

の本気度でしかありません。

 

 

継続力を前提とした

 

 

チャレンジャブル(挑戦する意志)
アチーバブル(達成させる意志)

 

 

この二つを

 

 

従業員のDNAに

 

 

「注入」していくべきです。

 

 

最遅でも来年の
オリンピック・パラリンピック

 

 

の時期くらいまでには

 

 

決断しましょう。

 

 

自戒の念も含めて。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

仕事の減らし方

体重減と膝の痛みは
やはり関係があるようです。

 

 

当たり前ですね(笑)。

 

 

風邪を引いてしまい
食欲が抑えられ、
お酒も控えたところ

 

 

サクッと3キロ減。

 

 

良くないやせ方
なのですが、

 

 

膝の痛みが緩和され
ちょっとうれしい今朝でした。

 

 

習慣を見直すって
大事だなと改めて感じました。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

昨日も今日も明日も

 

 

仕事が山積みで

 

 

ゴールが見えない……。

 

 

このようなお悩み

 

 

このような課題を
サクッと解決できる
ヒントを差し上げたい

 

 

というコンセプトに

 

 

プチコンサルティングの
サービスをすることにしました。

 

 

経営全般がテーマですが

 

◆経営分野
・理念の文言化と浸透
・経営戦略/マーケティング
・制度設計/仕組みづくり

 

◆財務分野
・財務状況改善
・売上向上策
・利益向上策

 

◆人材・労務分野
・人材不足解消
・人材育成/教育(社員の戦力化)
・社内の人間関係調整
・幹部育成
・働き方改革推進
・補助金/助成金
・人事制度構築/改訂/運用

 

◆営業分野
・集客/HP・SNS強化/販売促進活動
・広告宣伝/広報活動
・営業力強化(人材力強化)

 

◆業務最適化分野
・業務の取捨選択
・業務の客観性診断(今回のテーマはコレ)

 

◆総務分野
・設備投資判断
・福利厚生企画

 

 

が主なテーマです。

 

 

料金は

 

 

ナント!

 

 

1回
11000(税込)

 

 

1か月お試しプラン
33000(税込)です^^

 

 

今後はネットワークを広げて

 

 

メンバーの皆さんによる
経営課題スポット勉強会@横浜山下町

 

 

も企画します。

 

 

・これから起業しようかな
・一人社長/個人事業主
・従業員100名以下の企業トップ・幹部
・医療法人社団
・一般社団法人

 

 

どなたでもどうぞ!

 

 

ご興味のある方は

 

 

詳細情報をお送りします。

 

 

info@team-chikara.com

 

 

までお問合せください。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

新しい投稿ページへ古い投稿ページへ