カテゴリー ~ 講演

#360 評価されることとは?

講演

今日はお世話になっている
クライアント様での講演でした。

 

3回講演でワンセット。

 

初回は
今年度管理職になられた方々向け。

 

2回目は
店長、スーパーバイザークラス。

 

今回最終回は
FCオーナーさまにお集まり
いただきました。

 

今回のご依頼は
初回、2回目は60分間
最終回は90分間コース。

 

実は講演事業は
コピペでは成立しない
ことが多く、

 

本筋は変えずに
トピックを少し変更する
工夫が必要になります。

 

その中で
ご担当の研修センター長は

 

ご自身も相当数の講演を
されている方です。

 

その方のご指摘が

 

「鋭い」の一言。

 

そのくだりで
噛むべきではありませんね

 

こことここを前後させると
聞き手の理解度が上がります

 

というレベル。

 

緊張する、といった
プレッシャーはありませんが

 

見られている意識は
ありました。

 

しかし、あくまでも
「植竹節」を貫きました。

 

すると、

 

本当に良くなりましたね

 

という評価。

 

嬉しい反面、
なぜそう思われたのかを
知りたくなり、質問しました。

 

「完全にご自身のものにされた」
と思ったからです

 

というお返事でした。

 

これか!と
思い知らされたのは
このことでした。

 

講演における
マイ信念は変えずに

 

90分間で話す量の
約40,000文字は
完全にそらんじられ

 

その上で

 

聞き手の様子や
関心度を図りながら

 

抑揚、協調、間を空ける工夫が
できたからだと思いました。

 

お金をいただきながら
鍛えさせていただく。

 

最高の環境で
仕事ができる幸せを
噛みしめています。

 

営業代行会社の
担当さんから

 

「違う機会にまた植竹さんを」

 

というお返事をいただきました!
興奮気味にお話してくれました。

 

感謝

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#344 やれるのか?やるしかない!

執筆, 講演

うれしい悲鳴なのですが
本当にかなりの量・・・。

 

1,500文字程度の原稿を
なんと350本!

 

完成文字数だけでも
単純計算で

 

525,000字。

 

書籍を上梓させていただいた際、
編集前の文字数は

 

150,000字。

 

あの時の3.5倍。

 

もちろん、

 

楽しむつもりで

 

お引き受けしました^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

併せて先日の中国セミナーが
すこぶる好評であったと

 

ご担当からレジュメが届きました。

 

メディア3社で1,100万回の閲覧
があったそうです。

 

(11,000,000PV)

 

ということで本日、

 

「今後の戦略方針」
をテーマに

 

ランチミーティングの
オファをいただきました。

 

これは忙しくなってきました。

 

ここ数年で
海外渡航が増え、

 

日本語以外の恐怖も
かなり緩和されてきたので

 

先行投資をしておいて
良かった気がします。

 

感動した!
Be moved!
我印象深刻!

 

と思っていただいて
中国店舗ビジネスへの
貢献をしていきます。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#330 帰国の途と所感

講演

昨晩は素晴らしい歓待を受け、
深更まで親交を深めました^^

 

本日帰国いたしました。
一日遅れですが、
このような講演でした。

 

 

中国のメディア7社が
取材に来て大盛況でした。

 

このような機会をいただき
本当に幸せです!

 

スクリーンもこの大きさ!

 

 

通訳の方の時間も含め75分間

 

「日本の店舗で長続きする
オーナーがしている3つの基本」

 

というテーマでお話させていただきました。

 

なにぶん、通訳の方の翻訳が
どれくらいの時間を要するのか
まったくつかめないままでした。

 

なので本当に75分間で
収まるのか不安でしたが
きっちり74分間で終了できました。

 

通訳の文さんありがとうございました!

 

もう一方、小澤さんの講演も
とても興味深く、

 

バリバリとメモを取らせていただきました。

 

その後は公開質問会です。

 

切実な悩みをお持ちの
オーナーや店長さんから
熱い思いをいただき、

 

できる限りの知恵を絞り
お答えしました。

 

左から司会の方(スラッと背が高く、俳優さんのような美男子)、植竹、小澤先生、通訳の文さんです。

 

熱気ムンムン!

 

照明設備がものすごく熱く、
緊張もあって汗びっしょり。

 

宿泊先ホテルの
バンケットルームでの
開催だったので、

 

休憩の時間で部屋に戻り
急きょ着替えをしました。

 

終了後もオーナーからの
質問が続き大盛況でした。

 

今回の主催である程CEOは

 

日本での留学、就職の
ご経験をお持ちで、

 

その営業センスには
びっくりするほどの成果を
挙げられている方です。

 

もちろん日本語もベラベラ^^

 

私も見習ないといけません。

 

中国の飲食店の課題は

 

・オーナー、店長が何を努力すべきかイマイチ理解されていない。
・粗悪な商品、サービスであっても流行することがあり、良い店が淘汰される傾向がある。

 

という課題をお持ちで
マクロとミクロ両方の視点で
お話させていただきました。

 

ある意味、日本よりも
競争環境は激化しています。

 

このように国境を越えて
ノウハウをご提供し、
理解を促す意味に

 

感動と武者震いがしました。

 

使命としてこれからも
携わることができれば
うれしいです。

 

いろいろな意味で
本当に勉強になりました。

 

ありがとうございました!

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

古い投稿ページへ