カテゴリー ~ お店探訪

労働環境を改善するための「はじめの一歩」とは?

お店探訪

そうなんです。

 

 

「これ、何か違う」
と気づくことからです。

 

 

お店のバックヤードで
よく見る光景の一つに

 

 

・何か所にも傘がある
・通達文書が壁に貼りっぱなし
・ファンシーグッズが多い
・タイムカードを打刻してから着替え始める
・汗かきかきの納品業者に茶の一つ出そうとしない
などなどなど。

 

 

こういう光景は
慣れてしまうと

 

 

?これ何かおかしい?
という気づきが出なくなります。

 

 

なので
よく新人さんの面談で

 

 

何か違和感があったら
遠慮なく言ってね

 

 

というのが通常パターンに
なるんですよね。

 

 

なぜここにこれが?
なぜこのタイミングでこの作業?
なぜ午後出勤なのに「おはようございます」?

 

 

という?(ハテナ)を重ねて

 

 

環境改善は始まります。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

懐かしい思い出

お店探訪

今朝の山下公園

2019年8月31日 5:31 晴

今日もきれいな景色で
うれしくなりました。
ぎっくり腰3日目で
エクササイズはお休み。
せっかく良い習慣に
なりつつあるので
早く治したいです……。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
タブレットのみで外出。
ちょっと息抜きの日です。
こんな感じで、デレ~と
したい気持ちです。

完全に休憩中^^

 

 

 

 

 

 

 

 

高校卒業まで
よくウロウロした池袋に
一日行きました。

 

 

変わってましたー!
当たり前なんですけどね。

 

 

でも、そんな中、

 

 

あ!この店覚えてるな~

 

 

あ~ここでチーマーに
絡まれたな~

 

 

とかとか、全部が懐かしい。

 

 

ちょっとノスタルジーに
ひたりながら

 

 

結局仕事のことを
グルグル考える日でした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

【辛口】店舗経営コンサルタントとしてのレビュー ~その1「焼肉ハウス『大滝』さん」~

お店探訪, 執筆

ちょいと取材も兼ねて

 

 

 

こちらのお店を予約。

 

 

 

焼肉ハウス大滝」さん。

 

 

 

キャッチフレーズは

 

 

 

◆超行列店を排出しているヤザワミートのお肉を使用◆

 

 

 

ほほう、
ヤザワミートですか。

 

 

 

早速電話予約。

 

 

 

少し野太い声の男性が

 

 

 

9コール目に受電。

 

 

 

対応は
よどみなく、スムーズ。

 

 

 

でも、
予約電話なのに
Welcome姿勢は
感じられず。

 

 

 

食べログのクーポン
の話をすると、

 

 

 

即決が必要な内容が
あり、ちょっと困惑。

 

 

 

書いておいてくれれば、な
と思いながらも判断。

 

 

 

ということで、

 

 

 

入店しました。

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

第一印象は、

 

 

 

強気なお店だな。

 

 

 

外看板はこれだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れ家的にしたかったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか強気なコメント^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、店内へ。

 

 

 

いきなり正面に
ドン!とこの掲示。

 

 

 

昔流行った掲示内容。

 

 

 

予約をした植竹です。

 

 

 

はい、少々お待ちください。

 

 

 

こちらです。

 

 

 

という

 

 

 

なんとも簡素な
歓待を受け、

 

 

 

「なんとなく個室」
へ案内されました。

 

 

隣席の照明が木洩れ日のようで何ともシュール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭看板では、

 

 

 

サイドメニュー推し
であるにもかかわらず、

 

 

 

スタッフさんからの
サジェストは一切なし。

 

 

 

あらら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、驚いたのは

 

 

 

焼肉のタレは
すでにセットされており、

 

 

 

「乾いてる?」

 

 

 

と思わせるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなく、
料理が運ばれてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディシャップケアは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで
撮影は止めました。

 

 

 

この後、
石焼ビビンパ
炙り牛のにぎり寿司
デザート

 

 

 

が出てきました。

 

 

 

お酒もほどほどに
頼みましたが、

 

 

 

3名で28,602円也。

 

 

 

取材なので
仕方ありませんが、

 

 

 

再来店はないです。

 

 

 

お肉は
そこそこ美味しいのに

 

 

 

それに
あぐらをかいているのか

 

 

 

残念残念。

 

 

 

課題をクリアすれば
何とかなるでしょうが

 

 

 

一番残念なのは

 

 

 

オーナーや店長の

 

 

 

意気込みが
感じられないお店だったこと。

 

 

 

これって、

 

 

 

専門家ではなくても

 

 

 

必ず顧客には
伝わるものです。

 

 

 

あえて申し上げれば

 

 

 

・店舗コンセプトの浸透
・従業員教育の軸/芯の設定
・サジェストメニューの共有
・サジェスト成功時のご褒美
・個室仕切りはブラインドへ
・接客は元気か笑顔を前面に
・トイレチェックは最低15分に一回
・レジ会計は店長のマストワークに

 

 

 

くらいはやっておくべき
かな、と思いました。

 

 

 

末筆なので
説得力はありませんが、

 

 

 

後から来た方向けに

 

 

 

折り畳み椅子を

 

 

 

ササッと用意してくれる

 

 

 

スタッフさんの気づきは
ありましたので、

 

 

 

今後に期待したいです。

 

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛