カテゴリー ~ コンサルティング

【1都3県向け】今日明日の過ごし方

コンサルティング, 売上・利益向上策, 実店舗向け商売繫盛ノウハウ

今日と明日、東京都、神奈川県、千葉県、山梨県で外出の自粛がでています。

 

 

お店は営業する/お店は臨時休業する、両方の判断があります。

 

 

お店を営業する方向け、臨時休業向けに、ここ2日間の過ごし方のおすすめです。

 

 

今日のすぐコツ

・今日を過ごすには、「仕事を外せない人」向けのテイクアウト商品をつくる。

・明後日以降のために過ごすには、「断捨離・清掃・アイデアづくり」をする。

 

 

1.今日明日営業する方向け

公共交通機関や公務員など「休めない」人たちを思い、何かテイクアウト商品はつくれないかを考える日にしたい。そのためには、「部分清掃」をおすすめする。

 

商売繁盛ならば大変結構なので、がんばってお店を回す。閑古鳥が鳴いているか、顧客0ではないなら、厨房内だけでも「普段できない場所」を清掃してみよう。

・シンクやコンロなど設備の床清掃
・冷凍冷蔵庫内外の清掃
・食器洗浄機の分解清掃(洗剤補充)
・レンジ、オーブンのこびりつき除去清掃
・常温倉庫内清掃

案外探せば、いろいろ清掃する場所はある。

 

2.今日明日臨時休業するがお店には行く方向け

どうせ顧客が来ないなら休む、と判断した方向けに、がっつり「断捨離+清掃」をおすすめする。

■断捨離ポイント
・レジ付近
・事務所内書類 ← この際、ペーパーレス(スキャン・データ保管)にチャレンジ
・倉庫
・冷凍庫内 ← 賄いメニューづくりに役立つ
・清掃用具入れ ← この際、買い替えて気持ち良く清掃しよう

 

清掃ポイントも「普段ほぼできない場所」を探して清掃しよう。

■清掃ポイント
・オブジェを移動させ、掃き・拭き清掃
・清掃用具の清掃
・事務所本棚の清掃
・トイレ内衛生用品収納棚内の清掃
・包丁入れ内の清掃 ← ほとんどのものが下部が外せる

 

3.なぜ捨てたり、清掃したりするのか

「捨てるは入る」
限られたスペースで営業する店舗だからこそ、モノの入れ替えはいずれ必要。古いものを捨て、新しいものを入れることで、新しいアイデアにつながる。

 

「清掃=運動」「清掃しながらアイデアを考える」
名城大学のHP「MEIJO MAG」他によると、筋トレ効果の一つとして「前向きホルモン」が分泌される。

①精神の安定を司り気分を高揚させる「セロトニン」
②モチベーションが向上しポジティブ思考となる「ドーパミン」
③集中力や思考力を働かせるために必要な「ノルアドレナリン」
④健康な体を維持するために重要な役割を果たす「テストステロン」
出展先URL https://www.meijo-u.ac.jp/mag/susume/detail_22121.html

つまり、筋トレ(運動=清掃)をすることで、気分の高揚・ポジティブ・集中力がアップするということは、「新しいアイデア」が生まれやすくなることが科学的に証明されている。

 

こんな状態になったら、ぜひやってほしいことは

・顧客へのサンクスレター書き
・新作レシピづくり or 既存レシピ改良
・コロナ終息後の販売促進策

ということである。SNSの媒体別効果分析や、HP改良内容を考えても良いだろう。いろいろなHPを閲覧して、「何をパクるか」を決める日でも良い。※パクることは良いことと植竹は考える。

 

4.臨時休業しお店に行かない方向け

普段忙しくて家族との時間が取れない方は、団らんを。
独身独居の方は、趣味に没頭。趣味がない方は趣味探し。

 

 

ちなみに私は、明日以降のための策を事務所清掃をしながら考える日にします。
清掃は「ひと汗かく位、必死に」が特におすすめしている方法です。

 

今日明日も良い一日にしましょう!

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

無料相談公開の反響

コンサルティング

飲食サービス業
小売業オーナー
店長の方を対象に

 

 

無料相談を社会に提案し、
500名以上の方々に
見ていただきました。

 

 

まずはお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

 

 

現在急ピッチで
問題点の整理と

 

 

解決の糸口を
模索しています。

 

 

クライアント先を
訪問しつつ、

 

 

今日も100軒ほどの
店舗を視察しました。

 

 

飲食チェーンの昼時は
まずまずの集客がありました。

 

 

しかし、あくまでも
ファストフード店で

 

 

男性客が目立ちます。

 

 

しかし、

 

 

カフェ等の店舗は
特に厳しい印象。

 

 

顧客1名、従業員2名。行う作業もなく、棒立ちのスタッフに哀愁が漂います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティング
リサーチを明日も
続けます。

 

 

先週は
非常に不愉快な
出来事もありましたが

 

 

悲しんでいる
暇はありません。

 

 

もっともっと
社会に貢献したい

 

 

という気持ちが
メラメラと沸々と
している状態です

 

 

ある方から
眼の中に炎が見えると

 

 

巨人の星のような
おほめの言葉を
いただきました^^

 

 

明日いっぱいで
もれなく準備し、

 

 

12日あさ9時を
迎えます。

 

 

今日も拡散を
宜しくお願い致します。

 

 

内容は以下の通りです。

 

 

1.オーナーが行う売上アップ/利益確保策
(1)お店に行きたくても行けない顧客への対応方法
(2)デリバリ/ケイタリングはすでに熾烈な競争下。でも出来ることは?
(3)今だからこそ、SNSを始めよう!30分でFacebook・Twitterが出来る5つのコツ
(4)メニュー数を絞って利益率を下げる方法
(5)店頭で今告知すべきこと3つ

2.アルバイトと協働売上アップ策
(1)今こそ結束、連携。在宅勤務で告知物を作ろう!
(2)時給は払えない!でも出来高払いなら何とかなるかも……新しい給与の仕組みを作る
(3)10代・20代のアルバイトはアピール係。お店のSNSを任せる方法【TikTokを活用】
(4)アルバイトによるCX(顧客体験)を生配信!【YouTube・ニコ生】で企画・運営を仕事にする!
(5)お家サンプリングのススメ。おいしい料理を作って家族にアピール

3.経費節約/金策
(1)アルバイトに「辞めてくれ」と言えないオーナーのための人事管理方法
(2)家賃の支払いを待ってもらう不動産管理会社への説得方法
(3)メインバンクが首を横に振った!そんな時の資金調達方法
(4)補助金申請のやり方、すべて教えます!
(5)お店全体の経費節約術

4.その他お店経営・運営に関わるご相談全般

 

 

このような内容で良ければ
【30分間の無料ZOOM/電話相談】
もしくは
【2往復までOK、メール無料相談】
をお受けします。(どちらかお選びください)

 

 

期間・店舗・企業数は限定しません。
私の体力が続く限り、お受けいたします。
でも条件を付けさせてください。

1.【提案する改善策を本気で取り組める方】
2.【5店舗以下・従業員100名以下の店舗規模のオーナー・店長の方】
3.【当社が発信する各メディアで相談内容を公開することにご承諾いただける方(実名は伏せます)】
に限りお受けいたします。

 

 

本当に中小零細企業が生き残れる策は何かを一緒に考えます。

 

 

株式会社チームのちから(神奈川県横浜市)
相談窓口担当:植竹 剛(うえたけ つよし)
電話番号 045-264-8591 (不在時は転送設定しています)
メールアドレス info@team-chikara.com
ZOOMパーソナルミーティングURL https://zoom.us/j/6508808458

今、商売の正念場【台風15/19号・消費税増税・暖冬・新型コロナウイルス】

コンサルティング

店舗を構えての
商売が今、

 

 

正に正念場を
迎えています。

 

 

特に

 

 

私が関わる

 

 

中小零細企業は

 

 

死活問題です。

 

 

飲食サービス業に
特化して求人をあつかう

 

 

cookbizが
インターネット調査を
実施したところ、

 

 

すさまじいデータが
出てきました。

 

 

紹介されていたのは
外食.bizで

 

 

サイトはこちらです。

 

 

調査結果の概要は

 

 

「大きな影響が出ている」(31.0%)
「多少の影響が出ている」(20.0%)
「今は影響が出ていないが今後多少影響が出そうだ」(20.0%)

 

 

【調査概要】
調査対象:日本全国の飲食店
有効回答数:147
展開店舗数:1店舗35、2~10店舗62、11~100店舗39、101店舗以上11
調査期間:2020年2月6日~2月13日
調査方法:インターネット調査
※小数点第2位で四捨五入しているため100%にならない場合がある
※「2020年」を当社で加筆

 

 

とのことで

 

 

これは本当にイカン。

 

 

約1か月前のデータで
この数字なので

 

 

今はもっと拍車が
かかっているはず。

 

 

こんな時に、

 

 

今まで
お付き合いのない
飲食店の皆さまに

 

 

私が持っている
ノウハウを

 

 

どのように
お知らせすればよいのか

 

 

分からないままでいます。

 

 

歯がゆい!

 

 

そんな中、

 

 

いろいろな駅を降り
飲食店の状況を観察。

 

 

すると…

 

 

店名は伏せましたが、店長実名入りで必死にアピール。 泣けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がお教えできるのは
このようなメニューです。

1.オーナーが行う売上アップ/利益確保策
(1)お店に行きたくても行けない顧客への対応方法
(2)デリバリ/ケイタリングはすでに熾烈な競争下。でも出来ることは?
(3)今だからこそ、SNSを始めよう!30分でFacebook・Twitterが出来る5つのコツ
(4)メニュー数を絞って利益率を下げる方法
(5)店頭で今告知すべきこと3つ

2.アルバイトと協働売上アップ策
(1)今こそ結束、連携。在宅勤務で告知物を作ろう!
(2)時給は払えない!でも出来高払いなら何とかなるかも……新しい給与の仕組みを作る
(3)10代・20代のアルバイトはアピール係。お店のSNSを任せる方法【TikTokを活用】
(4)アルバイトによるCX(顧客体験)を生配信!【YouTube・ニコ生】で企画・運営を仕事にする!
(5)お家サンプリングのススメ。おいしい料理を作って家族にアピール

3.経費節約/金策
(1)アルバイトに「辞めてくれ」と言えないオーナーのための人事管理方法
(2)家賃の支払いを待ってもらう不動産管理会社への説得方法
(3)メインバンクが首を横に振った!そんな時の資金調達方法
(4)補助金申請のやり方、すべて教えます!
(5)お店全体の経費節約術

4.その他お店経営・運営に関わるご相談全般

 

 

このような内容で良ければ
【30分間の無料ZOOM/電話相談】
もしくは
【2往復までOK、メール無料相談】
をお受けします。(どちらかお選びください)

 

 

期間・店舗・企業数は限定しません。
私の体力が続く限り、お受けいたします。
でも条件を付けさせてください。

1.【提案する改善策を本気で取り組める方】
2.【5店舗以下・従業員100名以下の店舗規模のオーナー・店長の方】
3.【当社が発信する各メディアで相談内容を公開することにご承諾いただける方(実名は伏せます)】
に限りお受けいたします。

 

 

本当に中小零細企業が生き残れる策は何かを一緒に考えます。

 

 

株式会社チームのちから(神奈川県横浜市)
相談窓口担当:植竹 剛(うえたけ つよし)
電話番号 045-264-8591 (不在時は転送設定しています)
メールアドレス info@team-chikara.com
ZOOMパーソナルミーティングURL https://zoom.us/j/6508808458

 

現在、質問にお応えできる
準備を進めています。

 

 

ご相談開始日時は
2020年3月12日 午前9時
にさせていただきます。

 

 

たくさんのご連絡を
お待ちしております。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

古い投稿ページへ