ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

従業員満足を調査するには?

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

前回、オーナーとのやり取りで「アルバイトに聴く時間が取れない」
という声をよく耳にします。

そうすると店長に指示・依頼が飛びます。

そして店長が調査をしてみますが、本音が出てきていないような
気がするという意見が大半を占めます。

これはかなりの重症です。第三者の介入が必要になります。

従業員満足度の調査の基本
1.新人の目
同じ環境に1ヶ月もいれば、ここは直さないとという気は薄れる
気づきにくくなるものです。
環境や物に関する項目は「まっさらな目」で調査をします。

2.ベテランの目
長年勤めてくれているアルバイトさんは人間関係や
社員の本当のやる気など良く分かっています。
つまり、新人さんの目では到底理解できないことを
分かっています。

大きく分けて、この2つの視点で調査をしていきます。

入社して1週間くらいの方にインタビューします。

調査員:「面接やオリエンテーションで何か驚いたことはありますか?」

新人 :「休憩室や従業員用の冷蔵庫がとても汚かったです」

調査員:「他にはどうでしたか?」

新人 :「ロッカーが共同で、貴重品は事務所に預けるルールが今でも嫌です」

調査員:「なるほど・・・」

また、ベテランさんにはこんな聴き方をします

調査員:「長年勤めてこられた一番の理由は何ですか?」

ベテラン:「仲の良い子たちが多いことですね。新人さんもかわいいので
お世話をして、ありがとうと言われるとそれがモチベーションに
なります」

調査員:「他には?」

ベテラン:「正直言って、辞められないというのが本音です。
今、私が辞めたらこのお店は開店も閉店もできないからです」

調査員:「どうしてそう思うのですか?」

ベテラン:「店長以外の社員の方が仕事を覚えてくれないからです。
その割にかわいいアルバイトさんには甘くて、良い関係に
なって、バレて、すぐに他のお店に異動していくんです」

従業員満足度を向上させるには、さらに具体化していき、3種類に分類します。

1.本来手を付けていくべきことに優先順位をつける
2.簡単に着手できることから優先順位をつける
3.予算・経費の掛からない順番で優先順位をつける

私がコンサルティングを行う場合は、このように3つほど提案して
選択をしてもらいます。

実は、私にすれば1・2・3のどれでも良いのです。
改善活動を始められれば、この店舗は良くなるからです。

次回も従業員満足の向上につながる活動についてお話ししていきます。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

従業員満足の向上はなぜ必要なのか?

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

多くの研究テーマにもなっている「従業員満足」。

アルバイトが多く在籍する店舗で、どうすれば上がるのでしょうか。
いえ、そもそも「なぜ上げる」必要があるのでしょうか。

それは、アルバイトは「社内顧客」として考えているからです。
つまり、「半分お客さま」なのです。

その社内顧客であるアルバイトが
■楽しそうに働いているか
■店舗を良くするために真剣に考えているか
■友人や後輩にこの職場を勧めているか

という簡単なYES・NOで従業員満足度は確認できます。

アルバイトA:「また店長に知り合いで働いてくれる人いないかって聞かれたよ・・・」
アルバイトB:「やっぱり!私も聞かれた!」
アルバイトA:「そんな子いないよね~。私たちだって辞めるに辞められないんだから」
アルバイトB:「そうだよね~。私たちが辞めたいからその身代わりじゃあ地元歩けなくなるよね~」

この店舗が良くない状態であることは間違いないですね。
加えて、この会話でのポイントは「地元」というキーワードです。

つまり、良いことも悪いこともアルバイトが「情報発信元」になって
「口コミ」をしているのが実情なのです。

店舗の近く(商圏内)に住む方、仕事先がある方はこのような情報に
流されやすいことは確実です。

「地元での評判」は店舗の売上を伸ばす点ではとても重要です。
次に、この口コミの中身を分解してみましょう。

この「口コミ」には2つの要素があります。
1.文字通り「言葉」によるコメント発信するもの
2.働いている姿そのものをお客さまが見て、間接的に発信するもの

2.では「従業員」も「商品の一つである」と顧客は判断しています。

経営者の中には「アルバイトはただの作業要員。だから言われたことを
忠実にやってくれれば良い」という考え方の人も多くいます。
でも、わたしから言わせれば「わきが甘い考え」です。

経営者は「アルバイトが働きやすい環境を整える」ことにもっと注目してほしいと
いつもお願いしています。

経営者:「じゃあ休憩室のソファを取り換えたり、時給を上げたりすれば良いの?」
私  :「必要かもしれませんが、もっとアルバイトの声を良く聴くことからですよね」
経営者:「正直、そんなヒマないんだよね」
私  :「店長さんに聞いてもらってみましょう」

経営者:「実は前にもやったんだけど、遠慮してるみたいであんまり意見が出ないんだよ」
私  :「なるほど・・・ちょっと時間が掛かるかもしれませんね」

どうせ店長に言っても変えてくれない、意見をオーナーに届けてくれないという
「あきらめ」が入っていると、大変です。

こういう場合は、第三者を交え、客観的に観察して問題を解決させていくしかありません。

次回は、その解決方法をお知らせしていきます。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

従業員満足を向上させるには?

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

多くの研究テーマにもなっている「従業員満足」。

アルバイトが多く在籍する店舗で、どうすれば上がるのでしょうか。

まずは、「報酬」から考えていきます。

そもそも「報酬」という言葉=賃金という
イメージが強いと思います。

では、時給を1,000円から2,000円にすれば、
従業員満足は維持できるでしょうか。

上がった瞬間は一気にモチベーションが上がることでしょう。

しかし、時給2,000円の生活を1~2ヶ月経験すれば「慣れ」てきます。
こうなると、モチベーションの「源泉」にはなりません。
次は3,000円もらわないと1,000円の時と同じになってしまいます。

こうならないようにするためには、以下の言葉が重要です。

1.この店で働いていることが楽しい

2.この仕事にはやりがいがある。自分のためになる。

大きく分けてこの2点です。

1.は、アルバイトをする環境が自分に合っているとその気持ちになります。
・雰囲気
・コミュニケーションの量
・人間関係
がキーワードになります。

そして、2.は、アルバイト自身が何かの目標があって、達成するための
仕事先として、適しているという状態です。
・やりがい
・仕事の面白さ
がキーワードになります。

以前のブログでも書きましたが、この2点が満たされていると、
店舗の業務を「無償=ボランティア」で手伝うという出来事が
生まれてきます。

経営・運営責任側から見ても、とてもほほえましく、うれしい瞬間です。

ここに1+1=∞という「チームのちから」が作用します。

心振るえる時【共振】でもありますね。

3.として、「報酬」とは、もちろん「給与」も関連します。

4.として、お子さんがいらっしゃる主婦の方にはありがたい、
「託児所」や「病気になった時の受入先」があると、
モチベーションアップ=不安要素が減る、という効果も生まれます。

このように、「報酬」とは全体で4種類あると考えています。
自社、自店での振り返りをおすすめします。

次回も「従業員満足」を別の視点から掘り下げます。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

店舗業務の状態をチェックする10の方法 その1

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

今回は店舗業務に関わる総点検の項目をお伝えします。

ある意味、この10の方法は今までに得た知識と、
経験したことをミックスした内容です。
ぜひ、お役立てください。

この内容は体系化して、今後は「無料レポート」として
リリースしていきますので、ご期待ください!

さっそく、書いてみます。

1.ES(従業員満足度)チェック

2.CS(顧客満足度)チェック

3.QSC(品質・サービス・清潔感)チェック

4.店舗の各ルール(報告・連絡・相談ルールなど)

5.アルバイト教育(研修)内容

6.人事考課(評価)の仕組みと内容

7.オペレーション(作業や業務)の内容

8.社員業務の内容

9.店長業務の内容

10.本部や本社のバックアップ内容

次回からは、各項目を掘り下げていきます。

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

遊びから仕事に生かせること

こんにちは!
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

先週末は友人が小山に集まってくれて、テニス合宿をしました。
スペシャルゲストは友人の息子さん、5歳の「ダイくん」です!

                ※画像はイメージです。

私の趣味の一つに「スポーツ写真」があります。
躍動感あふれる一枚を撮るという意味です。

ダイくんはコート内で砂遊びかボール遊びをしていました。
砂遊びとは、コートの表面が人工芝の上に細かい砂を敷いてある
オムニコートと呼ばれるものだったからです。

「ダイくん、テニスやる?」

「うん!」

さすが、中高とテニス部の父を持つダイくん。
マイラケット持参です(笑)。

そんな中で、「これはチャンス!」と私は思い、
ラケットをカメラに持ち替えました。

コンセプトは「我が息子のようにダイくんを撮る」でした。

天候、時刻を読んで絞りやシャッタースピード、露出を考えます。

業務で言うと、「方針決定」ですね。

そこから最初は審判台に座って見下ろすアングルで、
次に太陽の角度を意識してあえて逆行にして背部を光らせる手法。

最後はコートの中に入って膝を地面に付けて「目線と同じ高さ」で
トライしてみました。

これは「営業計画・計画内容の伝達・アルバイトの協力」と言った所です。

撮った枚数は約200枚。

繁忙日の単日売上目標です。

選りすぐりの約10枚をクラウドで仲間と共有しました。

これは結果の共有、価値観の共有です。

ちょっとオーバーな表現ですが、店長の方に意識して欲しいのは
実生活の中でも自分の感性を磨くことはたくさんある、ということなのです。

軽く意識するだけですぐに仕事に反映できます。

仕事のヒントは道端にたくさん転がっている、という
一材にしていただけると幸いです。

業績結果は友人からのメール。内容は

「これは良いね!引き伸ばして家のリビングに飾るよ!ありがとう!」

ワクワクしながら返信待ちです(笑)

アルバイト活用コンサルタント
植竹剛