ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

#417 分からないモヤモヤ

現在
発達障がい専門の
ショートケア事業を
お手伝いをしています。

 

始まったばかりで
毎日が試行錯誤。

 

職員の方々は
辛いことがあっても
常に前向きです^^

 

毎週火曜日に
数十名の利用者の
カンファレンスを
実施していまして、

 

私も参加させて
いただいております。

 

施設の理念と
個人の想いが重なり、

 

いろいろなノウハウが
醸成されています。

 

・一流企業にお勤めでしたが
ドロップアウトしてしまった

 

・一度は社会に出てみたい

 

・会社とリワークの繰り返し

 

というさまざまな方々を
受け入れています。

 

ポイントになるのは

 

「社会が社会を支え合う」
です。

 

尊い活動は
ずっと続けて欲しい。

 

しかし私費を投じての
事業にはリスクがあります。

 

万一のことにならないように
支援させていただけるのは
私としてもやりがいあります。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

利用される方で
お悩みポイントは

 

「分からないことが理解できない」
というテーマがあります。

 

学生時代、
文系なのに理系の
証明問題をしていて

 

なぜ答えが出てこないのか
が分からない、という経験を
したことがあります。

 

私の場合は
数学におけるルール
の一部を知らなかった
ことが原因でした。

 

このように原因が判れば
スッキリするのですが、

 

原因が分からない場合は

 

とてもモヤモヤするはずです。

 

このような期間を何十年間も
過ごされている方がいます。

 

医学的な根拠と
本人の経験上のすり込みを
併せた形で、

 

絡まった糸を1本1本ずつ

 

「ほぐしていく」、
そのような事業です。

 

大いにやりがいを感じます。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#416 ふらっと

札幌に行ってみたい
とここ最近思っています。

 

理由は単純で

 

旨い魚が食べたい!

 

ということだけなんです。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

もうすぐ
春の土用になりますね。

 

土用の時期と言えば
断捨離が良くテーマに
なります。

 

実家に帰省した時
随分処分していない
物が増えてきていて、

 

これはスッキリしないと
ストレスが溜まりやすく
なってしまう。

 

ということで、
仕事を持ち帰り、

 

「迷ったら捨てる」を
やってこようと決意
しました。

 

相当量が出る予定です。

 

そのような段取りは
付けましたが、

 

仕事の段取りを
一つ忘れていて
今、大慌てです。

 

正確に言えば
先方との認識が
1週間ズレていた
というものです。

 

もちろん

 

巻き返しだ!

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#415 ペルー行き準備

今日は
久しぶりに帰省。

 

義兄と一杯やりながら
ペルー渡航準備です。

 

2019年6月7日から
2019年6月14日まで
行く予定です。

 

標高の高い場所なので

・高山病用の薬
・ライトダウンジャケット
・ポンチョorレインコート

などを確認しました。

 

義兄とは私が3歳の時
からの付き合いなので
本当の兄のような関係。

 

パーキンソン病を
患っているので、

 

ペルー渡航を半ば
諦めていたようですが
私が後押しをして実現。

 

とても楽しみにして
くれているようで、

 

姉に毎晩
楽しみだ~と
話しているそうです^^

 

弟としても
嬉しい限りです。

 

あと
ロサンゼルスを経由するので
ESTAの申請もしました。

 

結構面倒なのですが
代行してもらうと手数料
4,320円がかかるので

 

「現地でワイン1本飲める!」
ということで節約。

 

午後からワイワイやって
あっという間に19時。

 

楽しいひと時でした。

 

見聞を広めるのは
ドキドキ・ワクワクで
本当に刺激になります。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#414 QRコード決済システム

お店で現金会計が
どんどん減っています。

 

Suicaなどの交通系
楽天などが発行するカード

 

そして「QRコード決済」が
増えてきたためです。

 

いわば「キャッシュ決済」
と呼ばれる支払方法は
私も愛用してとても便利です。

 

特に、3,000円以下の
コンビニ等での支払いは100%です。

 

といつ背景から、現金を触る機会が
減ってきています。

 

経済産業省が主導する
「キャッシュレス・消費者還元事業」
と呼ばれる約2,500億円の事業も
本格的に始まりました。

 

お隣の中国や韓国では
キャッシュレス決済は
当たり前レベルになっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

さて、このキャッシュレス決済は
便利であることは確かなのですが

 

国のバックアップの仕方に
疑問があります。

 

平成の大合併と言われた
市区町村の合併時に

 

国が多くの補助金を
地方自治に出しました。

 

補助金で
文化施設や各ホールなどを
立てまくりましたが、

 

今はその施設管理料で
地方自治体の財政が圧迫
されているのが実態です。

 

このようなことにならないように
対策を事前に立てた上で
補助金を受けるべきでしょう。

 

現在、この内容についての
ご相談を多く受けています。

 

概要はコチラから確認できます。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

昨日のブログにも書きましたが
個人のプライバシーは完全に
なくなりますね。

 

これが良いかどうかは
個人で考えて判断すれば
良いのですが、

 

これからの世代で
当たり前になってしまうのは
困りものです。

 

横並びで評価され、

 

周りの人より

 

スコアが高い・低いで

 

一喜一憂してるようでは

 

これからの未来が心配になります。

 

便利なものに手を出すことは
何かと引き換えていると
考えた方が良いと考えるのは

 

古いのでしょうか(笑)

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#413 人間をスコア化する

恥ずかしながら今日まで
まったく知りませんでした。

 

「芝麻信用」

 

というシステムです。

 

■セサミ・クレジット
■ジーマ信用
■ゴマ信用
とも呼ばれるそうです。

 

最低は350点、
最高は950点で、
700点以上で良好、
750点以上でとても良好

 

ということで、
今日ランチをした
中国出身の才女さんは

 

791点は相当高いスコアになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一定得点以上で
■ビザ取得が簡単になる
■ホテルなどのデポジットが不要

 

ということですが、
面白いのはここから。

 

例えば
引っ越しを検討して
物件場所を検索すると

 

「近隣に住んでいる人のスコアが分かる」
というのです。

 

まあサービスとしては
簡単に想像が付くのですが

 

自分よりもスコアが低い人が多いと、
住む場所として候補から外す
という判断をするのだそうです。

 

へぇ~~~
でした。

 

併せて
交流会などでも
暗にスコア何点以上
という集まりもありそう。

 

子どもだけではなく大人も

 

相対評価の壁は
越えられないのですね。

 

ちなみに
ジャック・マーは
●●●点だそうです。
(すみません、伏せました)

 

その才女さん、
元ア●●バの社員さん
なので、よくご存じ。

 

システム云々よりも
現場に行けば行くほど

 

「リアル」が分かるように
世の中はなっていることが
楽しいです^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛