ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

冷静な気合いがすごい店 ~エクシブ箱根 離宮 炭火鉄板焼 杜季~

こんなにコロナが叫ばれる前、幼なじみと箱根探索に出かけた。

 

 

会社を経営している友人は、「エクシブ箱根 離宮」の会員でもある。”離宮”だけではなく全国に展開するエクシブグループの良質な宿を利用できるということでちゃっかり乗っからせていただいた。

 

 

訪れたのは「炭火鉄板焼 杜季(とき)」さん。コース料理を得意としているようだ。入店^^

 

おいおい、高級そうだなとすぐに気づかせてくれる玄関前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友よ、いつもこんなところでご飯してるのか?すごいな。植竹は回転すしやで喜んでるのに^^

 

 

関内にあるおすすめ回転すしや  ←コスパ最高。

 

 

まだ明るいうちからお酒をいただくのは贅沢な仕業。皆さまに感謝。訪れた日は、寒の戻りがあり、暖を取りたかったところ。そうしたら、いきなり先制パンチを食らった。

 

5mは離れていたとおもう。しかし顔に「熱めの暖かみ」を感じるほど遠赤外線のちからは強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待度300%アップだ。(いい店知ってるなぁ)とつぶやきながら着席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左横にコースの品書きがあったので撮ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えにくいと思うので転載してみた。

 

 

前菜 前菜三種

稚鮎唐揚げと天豆天婦羅
蛍烏賊の梅味噌和え
白魚の茶碗蒸し

 

炭火焼

初鰹のたたき
若芽 茗荷茸 花穂紫蘇 にんにくチップ 醤油オリーブ かぼす

 

椀物

ホワイトアスパラのすり流し
黒胡椒 グリーンピース

 

炭火焼

真鯛の木の芽焼き
春キャベツの浸し
白髪葱 炭塩

 

炭火焼

焼野菜
黒毛和牛ロース

 

御食事

日替わりの土鍋ご飯
赤出汁 香の物

 

 

漢字多すぎ^^すべて写真を撮ったので、後にフリガナ付きにて。

 

 

まずはこちら。

 

今のところマストアイテムのウィスキーロック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなくこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜 前菜三種。

右 稚鮎唐揚げと天豆天婦羅
中 蛍烏賊の梅味噌和え
左 白魚の茶碗蒸し

 

揚げ物、和え物、蒸し物と3種絶妙なバランス。乾杯後に植竹はまず、天豆天婦羅に手を掛けた。天豆=そらまめ。美味しいし、縁起も良い。幸先が良い。

 

 

次は、蛍烏賊。海の香りと濃厚な梅味噌が鼻を抜ける。飲み込んだ後にウィスキーを一口。お互い強めの味でもケンカせず、調和を楽しむ。

 

 

茶碗蒸しはお上品の一言。学生時代ならバケツ量くらいほしい。苦味を求めて稚鮎を頭から。想像通りでうまい。

 

 

途中途中の板さんによる料理説明が繊細。「ほ~」「なるほど」と分かったようなフリもしながら聴く。

 

 

炭火焼 初鰹のたたき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、フレンチですかと思わせる変化球なお皿。でも味はビシッと150kmの速球だ。かぼすを絞り、特大ホームランをかっ飛ばした。火の入れ方がとんでもなくお上手。皮の部分のカリっとした食感に思わず笑み。

 

 

しそ、にんにく、しょう油でどんどん引き込んでくれる。この時点で2杯目をおかわり。

 

 

椀物 ホワイトアスパラのすり流し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すり流しとは、裏ごししたホワイトアスパラを出汁でのばしながら作る方法のようだ。あぁこれで春を感じられるなぁと思わせる一椀。1リットルはのみたかった。

 

 

炭火焼 真鯛の木の芽焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮目からじっくり炭火を入れ、箸をいれたときにパリっと音が聞こえるレベル。もちろん身はホロロと溶けるよう。絶品であった。ここでは「炭塩」が使われていた。備長炭と塩を混ぜているようで黒胡椒との「黒・黒」コンビは見た目に面白い。

 

 

目の前で焼いてくれるのもすばらしい演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁて、やって参りました。エースで4番の黒毛和牛のロース。じっくり10分は火を入れていたように思う。このころは4杯目でほろ酔いに。

 

 

つけたれは5種。残念ながら詳しくは失念した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噛みながら溶けていくロース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か120gで、量的にバッチリ。以上では油が重たくなるし、以下では物足りない。絶品で塩との相性が抜群であった。

 

 

これは旨いに決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御食事 日替わりの土鍋ご飯 赤出汁 香の物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは旨いに決まっている。日替わりは「あさり」。本当に楽しい食事会であった。

 

 

デザートも春。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッキリ。甘目がおさえてあり植竹にとってうれしい。食事だけではなく経営の話や、板さんとの話も最高であった。いつもお世話になっているT.Kさん、本当に良い時間を過ごさせていただきありがとうございました。

 

 

物静かな場所で、冷静な仕込みをされながら、火入れ時の気合いが垣間見える良店であった。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

CoCo壱番屋でうれしい気持ちになった

仕事のはなしもかねて、高校時代の同窓の友人と一杯。3密保ちながらも楽しいひと時を過ごせた。感謝。

 

 

宿泊先も手配してくれて、至れり尽くせり。ということでJR福生駅に出没。23時を回っていたが小腹がすいてきた。酔いの勢いもあって、こちらに入店^^

 

 

JR福生駅東口店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒197-0021 東京都福生市東町4−8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、右側にあるカレーの告知が一番目に入ってくる。でも今回は「カレー専門店のカレーうどん」の告知にひかれた。

 

 

カレーうどん+たっぷりあさり ほうれん草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューを見ていたらこれが植竹の眼に飛び込んできた。即決。CoCoイチはトッピングでの単価アップが非常にうまい。ついつい頼んでしまう。

 

 

店内客は2人だけ。さすがに閉店前なので仕方ないか。着丼するまえにトイレチェックにでも行っておこうと離席。そして驚いた。

 

 

お食事中の方スミマセン。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレが超絶キレイ。トイレットペーパーが無造作にちぎれているので、清掃直後ということでもなさそうだ。このレベルなら女性客も安心だろう。実は、トイレチェックの際に「ノズル清掃度合い」もチェックするのだか、酔いもあったか失念。

 

 

用は足さず、手だけ洗って着席。すると、厨房内で「サッと」した動きがありすべり込むように着丼。もしや、植竹がトイレから帰ってくるのを計算して調理をしていたのか。当たっているとすれば、素晴らしい。元々、CoCoイチの接客や清潔感で不快になったことは一度もないレベルで敬服している。

 

 

着丼。レンゲは元々入っていたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箸袋は完全包装タイプで安心。そして、言わずもがなという風情でペーパーエプロンも。七味もトレーに乗って運ばれてきた。

 

 

カレーうどんにペーパーエプロンはうれしいサービス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒が入っているので、食レポは差し控えるが、やはり「美味かった」。辛さもちょうどよく、七味を入れると風味が変わってこれも楽しい。そして禁断の・・・

 

 

23時すぎに追いライスはイカン・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいたら「ライスください。半分くらいで良いです」と口が動いていた。この後、さらに追い七味をして、ガツガツ流し込んで完食。ふ~っ、美味かった。

 

 

お冷を飲み、余韻にひたっているとフロアにいた店員さんが咳をした。そのとたん、「大変失礼いたしました」という一声。すばらしいなぁ。

 

 

良い気持ちで会計。あれ?このブログを書いていて気づいた。金額は1,132円。メニューと同額なのだが、ライス代入っているのだろうかと心配になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり飲食店の探訪は楽しい。気づきや学びも多くある。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

行きたかったお店~なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。~

株式会社のみもの。」(。まで社名)が展開している「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」という店名のそば屋に出向いた。

 

 

もともとは、池袋で「カレーは飲み物」というお店から始まり、新しい業態としてスタートした。社名や店名の最後に「。」を入れるという面白さがあり、看板もシンプルでとても目を引く。「。」というピリオドで示すことを考えると、「意志の強さの表れ」「背水の陣」という言葉が連想される。

 

 

他の業態として、「とんかつは飲み物」もあり、ネーミングが興味をそそる。

 

 

能書きはこれくらいにして、さっそく入店入店^^

 

 

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。秋葉原店 東京都千代田区神田和泉町1-3-5 サンフランビル2号館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は秋葉原店を訪れた。まず注目すべきは蕎麦の量。小:200g、中:250g、大:350gで結構な食べごたえがある。

 

メニューはこれ以外の季節ものもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「肉そばの中(900円)」を注文して着席。入口の引き戸は全開だが相席となる。店内を見渡すと男性客100%で、がっつり系であることが予想できる。

 

 

他の注文を見ていると、中もしくは大の2択。やはり男性客の注文らしさを感じる。ふと目をずらすとセルフサービスでこのようなものがあった。

 

 

蕎麦湯と魚粉がセルフサービスで設置されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で少し気になる。今回は遠慮した。事前に仕込みができていて、3分ほどで着丼。

 

 

刻みのりのインパクトは強烈。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さに注目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、つけ汁にのりをバサっとダイブ。のりの下には大量の白ごま、長ネギ、茹でた豚肉がドン・ドン・ドーンと鎮座していて食欲をそそる。

 

 

ようやく掘り起こして蕎麦と対面。さっそくいただいた。

 

 

うん?うん!麺のコシがすごい!まるで冷麺を食べているような歯ごたえ。これは男性客は好きになるだろうと一口目から実感した。

 

 

同時に、つけ汁に入っている「ラー油」が結構辛い。勢いよくすするとむせるほど。でも旨い。しょっぱさと辛さが合うのは定番だが、食材にラー油をかけるのが一般的。汁とラー油のコラボは非常に楽しい。

 

 

あっと言う間に半分ほど食べてしまったところで思い出した。「生卵」と「天かす」が無料サービスだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどよく溶いて麺を投入。う~んマイルドだ。辛さも和らぐ。合うね~^^

 

 

そして、次は天かす投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプーンにかるく一杯を入れ、油の甘さも味わう。イケる。かるく「カリっ」と天かすの歯ごたえも良いエッセンスになっていて、一気に完食した。

 

 

五十路を手前にして、塩分の摂取には気を遣い始めたため、汁の塩味の強さに少しひるんだが、この麺を受け止める相棒としてはこのくらいで良いのだろう。

 

 

歯ごたえでリピートしたくなるこの蕎麦は、これからのファストフードを変える逸材かもしれない。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

駅そばの実力 ~小田急線 箱根そば~

昨日のブログで富士そばに辛口のエールを送った。

 

 

今日は、小田急レストランシステムが運営する「名代箱根そば」へ。小田急線向ヶ丘遊園駅の南口改札を出て50mほどにある向ヶ丘遊園南口店を訪れた。

雨まじりの天気で朝なのに暗く、看板が目立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱根そばはもうひとつブランドがある。新宿駅西口地下改札にほど近い「箱根そば本陣」だ。いずれ訪れてみることにする。

 

 

向ヶ丘遊園駅は専修大学の最寄り駅ということで、吉野家・松屋・マクドナルド・ケンタッキーフライドチキンというファストフードチェーンが軒並み競合している。

 

 

そのような中、学生はあまりターゲットにせず、40代以上の顧客が目立つ箱根そば。さっそく入店してみた。

 

 

あまり時間もなかったので、券売機で目に付いたメニューを選んだ。駅そばだけに交通系ICカードでの購入も可能だ。

ラインナップは富士そばと似ているが、しょうがやニンニクを使ったメニューがイチオシのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席の構成は2人掛けテーブルが2つ、4人掛けテーブルが2つ。単席は10席だ。入口すぐの席に座り、店内を観察してみた。

 

 

めずらしく店内トイレがある。非常にせまかったが用を足すには十分だ。写真は控えた。

 

 

掲示されていたイチオシメニューはなかなかうまそうだ。涼をさそいつつ、ニンニクパワーで暑い夏を乗り越えよう!という意志も伝わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着席すると、くふうがなされていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

個席にしっかりパーティションが仕込まれている。富士そばにはない投資だ。土台は両面テープで止められており、はがすときは少したいへんそう。でも、パーティション自体が取り外し可能で、コロナ終息後、不要になれば、清掃は大変だがバーカウンターの占有目印として機能するかもしれない。

 

 

「そばは茹でておりますので少々お待ちください」との声かけ。時間はないが待つことにした。そして4分ほど経って番号で呼び出された。この4分は待てるか待てないかギリギリの時間であると思った。セミオーダーで麺を茹でているのか、作り置きは極力しない品質管理か。

 

 

かき揚げは自店生産。ピーク前の仕込みで大量のかき揚げを生産していた。

 

 

私が頼んだメニューはこちら。

朝そば

 

 

 

 

 

 

 

 

たぬきときつねの両方が入って330円。かなりのお得感がある。昔、両方入っていて「化かし合いそば」という名前を付けている蕎麦屋もあったことを思い出した。

 

 

まずは、汁から。まずだしの香りと味が来てから、しょう油味がだんだんしてくる。優しい味だ。富士そばと比べると、私の好みは箱根そばに軍配が上がった。

 

 

熱さに耐えつつ、2分半ほどで完食。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は口をふくペーパーナプキンが配置されていた記憶があるが廃止されていた。これも感染リスクを減らすためか、乗じて経費節約か。マイハンカチがあれば不要派の植竹としては悪影響はないが、どうなのだろう。意見が分かれるところ。

 

 

滞在時間は7分ほどだった。短かったが富士そばといろいろな比較ができた。そして気づきが一つ。どんぶりを返却したときに「ごちそうさま~」と声を掛けるとかき揚げを作っていた女性店員が笑顔で「いってらっしゃいませ~」と返礼してくれた。こういう何気ない一言が常連化を促進する。

 

 

このような自然なあいさつやコミュニケーションは、店長が教えることで従業員の働きやすさも促進できる。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

ありがったかった店 ~御茶ノ水 明神そば~

高校1年のとき、御茶ノ水まで駿台予備校に通っていた。金はないが腹は減るのが当時でラーメン屋の600円はなかなか使えなかった。そんな時、かけそば200円にネギ大盛りをサービスしてくれた「そば明神」が御茶ノ水にある。

 

 

仕事で御茶ノ水駅に降りた。待ち合わせまで30分ほどあるので、暑いがブラブラ散策。すっかり様変わりしながらもポツポツと懐かしい店が残っている。

 

 

あぁ明神だ。変わってないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?ん!7/20 午後2時で閉店?20日って今日じゃないか!と思った時は入店していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔はなかった券売機が鎮座。かけそばを、と思ったがふと「明神そば」が目に入った。高校時代は買えなかった贅沢な一杯。躊躇なく520円のボタンを押した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという豪華さだ。きつね、たぬき、豚肉にワカメにゆで卵。ずいぶん俺も出世したものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは汁を一口。これだ!ガツンと強烈なしょう油味が舌と喉を通る。先日赴いた富士そばの汁と共通点はあるが、パンチ力は明神が上。でも塩っ辛いとはなぜか思えない。

 

 

理由が分かった。厨房をふと見ると、鰹の荒節と思えるものがある。この出汁が強烈な返しを受け止めていたんだな。

 

 

高校時代に好きな味だ。そばを一杯食べたという充実感を得られる。ボーッと丼を眺めていたらハッと我に帰り、ズルズル。

 

 

食べ進めて茹で卵に到達。きょうびの半熟トロ〜リ卵をあざけ笑うような、完全に火の通った黄身に出会う。速攻で半分になった黄身を汁の海に落とし、すぐに救出。旨い。

 

 

たぶん、麺の茹で機にダイレクトインして作るのだろう。昔は外まで行列ができていた店だけに、くふうが感じられる。ノスタルジーに浸りながら完食。

 

 

出際に、今日で終わっちゃうんですね。とても残念です。と店主に告げたら、ウンウンと頷かれた。植竹が「ありがとう!」と声を掛けて外に出た時、3人の従業員が揃って、「さようなら!」と言ってくれた。

 

 

こみ上げるものを抑え、本当にごちそうさまでした、今までありがとうございました。と呟いた。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛