ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

きくらげ栽培テスト経過

いやぁむずかしいです!きくらげ!

 

何がむずかしいかって、しいたけとの比較になりますが、まず「そだっている」実感がとても薄いのです。

 

つまり、毎日の変化が非常に少ないのでモチベーションが上がりにくいです。

 

そして、ビニールを切ったところからではなく、上面からたくさん発芽してきたことです。

これはどうしたらよいものか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

上部の黒い部分はすべて発芽したきくらげです。

 

う~んなかなかうまくいかないです。

 

明日は、温度帯を下げてみようかと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近、特に息子のカイがいろいろとがんばっているのでなにかご褒美でもあげようかなと思っています。

 

本人曰く、「美味しいごはんをだくさん食べたい」ということになると思います。本人に聞いてから実現しようと思いますが、皆さん「茨城県古河市 文福」で検索してみてください。

 

大食いYouTuberがこぞって集まる飲食店があります。近日、そのお店に行こうと思います。コロナ対策もバッチリなお店なので菌床付きしいたけをプレゼントしてみようかなと思っています。

 

実現しましたらまたブログでレポートしますね^^

 

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

難病を持っている親戚に自宅でしいたけ栽培を紹介したいと言われました。

いつもお世話になっている方から電話の着信がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はメールベースなのにめずらしいな、と思いつつも受電。

 

植竹:「いつもありがとうございます!植竹です!」

 

相手:「どうもです!忙しいときに電話しちゃってごめんね!」

 

(ワタシの周りの方々はほとんど、電話通話はしてこない方がほとんどです。理由は相手の手を止めてしまう、時間を奪ってしまうという意識があります)

 

植竹:「いえ、大丈夫です!今Google Meetでの打ち合わせが終わったところです」

 

相手:「それじゃあ少しだけ。難病にかかってしまった親戚がいるんだけど、そういう人を対象にして『自宅でしいたけ栽培』って教えてもらえるの?」

 

植竹:(ハッ!ぜんぜん考えてなかった・・・!)

 

 

 

 

 

 

 

 

相手:「あとさ、もしOKだとしたら、自分たちで販路開拓して自分たちでしいたけを販売してもよいんだよね?」

 

植竹:(うっ!そこも考えたことなかった・・・!)

 

相手:「田舎暮らしだから、栽培するスペースはけっこう確保できるみたいなんだよね。難病だから会社勤めはできないみたいでね」

 

植竹:「そうですよね。事情はお察しします。でもスミマセン。そのあたりのことはまったく考えていませんでした。少しお時間をいただけますか」

 

相手:「うん、もちろんだけど2~3日で結論でる?」

 

植竹:(相変わらず、自分の周りの人たちって時間にシビアだなぁ。だから付き合ってるっていうのもあるんだけどね・・・)「もちろん大丈夫です!」

 

相手:「それじゃあよろしくです!『三方よし』期待してるよ~♪」

 

今回の通話時間は約60秒。こういう時間の使い方と過ごし方、かなりしっくりきます。

 

この件のたぐいである「代理店制度」の課題になっていることは、キャッシュポイント(=売上・利益を上げるタイミング)をどうするかにあります。

 

例えば、しいたけ栽培自体のノウハウは、さほど特殊性はありません。一日に何度も観察して、しいたけが好む(刺激を与える)ことをして、収穫タイミングをもれなく守ればよいだけです。

 

なので、栽培ノウハウをお教えすることによる指導料(→キャッシュポイント)は無料にしています。

 

要は「もらいすぎても」「もらわなすぎても」イカンということです。

 

どなたかこのようなことを一緒に考えてくださる方はいませんか?ぜひ相談させてください。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

失敗から学べる事とは?

チャレンジしたことが全部成功するとは思っていませんが、失敗が連続するとさすがに少しヘコミます・・・。

 

最近のチャレンジのひとつは、しいたけの胞子が飛んでいる姿を映像に残すことです。合計10時間の撮影に臨みました。

 

3時間かけてすべての映像をチェックしましたが、まったく映っていませんでした・・・。

 

でもここで「なぜ?」を追求してみることにしました。

 

撮影失敗の原因を事実と推測を区別して書き出してみました。

1.事実

・しいたけの実(子実体)が大きくなるどの過程で胞子を一番出すのかを調べていなかった。

・小さく、浮遊するものを撮影するときの方法を感覚でとらえて、プロの撮影ノウハウを調べていなかった。

 

2.推測

・カメラの解像度が低かったか?(もっと高性能の撮影機材が必要か?)

・撮りっぱなしにしてしまって、肉眼での目視確認の頻度が少なかったか?

・風を送ってあげなかったからなのか?(胞子が拡散しなかったか?)

・照明の照度が低かったか?(2台ある内、1台だけを使用)

 

とこのようになりました。ではさっそくネット検索開始!「しいたけの胞子を撮影する方法」で調べてみたら、札幌市のHPにたどり着きました。

 

そうしたら、「あれ?こんなにカンタンなの?」という内容でした。

 

といいますか、ワタシの撮影方法が単純にまちがっていたようです。

 

撮影した方法は、照明の向きと撮影の向きが一緒でした。

これではダメだったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうではなく、照明はしいたけの背面に、かつもっと下から当ててあげるべきだったようです。素人考えの限界を感じました。

 

初めての挑戦に失敗はよくあることですが、結果に一喜一憂するのではなく、さらに学ぶこと自体に楽しさを感じて、成功すると嬉しい気持ちになりますよね。

 

ワタシはこの「達成感」を味わいたいから何事にも挑戦するタイプなんだと思います。

 

週末、さっそく再チャレンジをしてみます。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

 

 

栽培5回目の菌床しいたけの様子を公開します。

自宅の納戸にある「たのしいたけ園 研究所」では、いろいろな実験をして検証しています。

 

昨日のブログでは、最大何回しいたけは生えてくるのか?というご質問にお答えしました。

 

今日は、たのしいたけ園研究所で5回目の栽培をしている菌床をごらんいただきます。

こちらです。

#14と名付けられた菌床。5回目とマグネットシートに書かれています。

パラパラとですが、はえているのがお分かりになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに一番発生(初回)と比べれば、量はだいぶ少ないですが、形の良さがよく分かると思います。

 

培養から栽培に切り替わって、なかなか出てこなかったしいたけのタネが長い眠りから覚めてくれました。

 

これは、生命力の尊さ、強さを表現してくれています。この様子を見て、知的障がい、発達障がいのある方は何を想い、どんな行動をするのかを一番注目しています。

 

菌床付きしいたけの販売を開始するにあたり、一般の方から「栽培してみたい」「生産者になりたい」というお問い合わせをいただくことが多くなってきました。

 

うれしい悲鳴なのですが、今は近しい方以外はお断りをしています。

 

どのような経路をたどれば、知的障がい、発達障がいがある方がご家族の方にいらっしゃるご家庭にこの情報が届くのかを日々模索しています。

 

生命力あふれる菌床しいたけ。ビジネスになることをもっと知っていただきたいです。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

菌床しいたけは何回生えてくるの?にお答えします。

お客さまからご質問をいただきました。

 

「あの、しいたけの菌床って何回生えてくるものですか?」

 

確かにお聞きになりたいことだと思います。そこでこのようにお答えいたしました。

 

お買い求めいただくときにご説明が足らず申し訳ございませんでした。

 

菌床しいたけは、「発芽(一番発生) ⇒ 成長・収穫 ⇒ 休養 ⇒ 発芽(二番発生)・・・」という循環サイクルがあります。そして、少しずつしいたけのタネは減っていきます。

 

現在、当社研究所(自宅の納戸)での最高回数は9回目が発芽しております。しかし、菌床自体が壊れやすくなっており、こちらも少しずつですが、腐敗臭が確認できるようになってきました。

 

結果といたしまして、当社では、収穫やお召し上がりで楽しめるのは、「3~4回」と考えております。

 

もちろん、初回のみもしくは最高回数をめざすのもよろしいかと思います。お答えになりましたでしょうか。これからもしいたけ栽培をお楽しみくださいませ。

 

たのしいたけ園 園長 植竹 海晴 (代筆 植竹 剛)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記として、5回目あたりから菌床は手に持ったとき、ボロボロとはがれてきたりします。そして経路不明なのですが、キノコバエが発生してきます。

 

特に問題はないと論文等には書かれていますが、当社では3回終了後、土に返すことにしました。

 

品質は安全・安心の第一歩です。これからももれなく対応していきます。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛