ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

いよいよ改革がはじまる

ついに社長が決断されました。

 

 

このままでは本当にイカン。

 

 

生き残るうんぬんの前に

 

 

お客さまにご迷惑が掛かってしまう。

 

 

本当に難しい決断でした。

 

 

プラス要因とマイナス要因を

 

 

慎重に議論を重ねて分析し、

 

 

それでもなかなか踏ん切りが
つかない日々が続きました。

 

 

でも、その決断の後押しを
することになった出来事を
演出しました。

 

 

すると、

 

 

これは植竹さんではなくて

 

 

私が決めることなんですよね。

 

 

……(そうです、そうです!)

 

 

と言いますか

 

 

私が社長として
決断しなければならなかった

 

 

ことを先送りにしてきた
結果なのですよね。

 

 

……(本当の意味で良く気付いてくれましたね!ウレシイ)

 

 

植竹さんが黙っている
意味がよく分かります。

 

 

やります!

 

 

はいっ!

 

 

会話は短くとも

 

 

同じ意志を共有した人は

 

 

通じ合えるものですね。

 

 

来年が
本当の試練ですね、社長。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

私、頑張ってます。って何ですか?

「(私、)頑張ってます!」
「(私、)頑張ります!」

 

 

実は私、この言葉嫌いです。

 

 

なぜか?

 

 

何を頑張ってるのか
さっぱりわからないからです。

 

 

自己評価をする意味って
ビジネスマンに必要なのでしょうか?

 

 

しかもアピール的な、です。

 

 

残念ながら
異なる表現ですが
実際に遭遇しました。

 

 

(イラッ!)

 

 

小さい爆弾が投下されました。

 

 

「それって誰の評価ですか?」

 

 

「はい、私たちスタッフ全員です」

 

 

「お客さまの評価ではないんですね」

 

 

「はい、そうです」

 

 

「分かりました。私は認めません」

 

 

「えっ?!」

 

 

「内輪の主観的な評価は認められないと申し上げているのです」

 

 

「我々サービス業従事者はお客さまの信頼があってこそです。私たちは頑張っている、という内容で結果が伴っていない場合は、評価の軸がずれているか、間違っているという認識をします。結果を出してからプロセスの検証をしてください」

 

 

「……」

 

 

「では、次の土曜日に同じ内容の打ち合わせをしましょう」

 

 

「……」

 

 

小集団の妙なプライド

 

 

そんなものは

 

 

何の役にも立ちません。

 

 

必要なのは

 

 

必死さと結果に対する

 

 

「情熱」です。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

現場100回の大切さ

ある機械が
良く稼働停止になるんです。

 

 

もう経年だと思います。

 

 

はい、見積額は520万円です。

 

 

普通は「う~ん……。」

 

 

私は「ふ~ん……?」

 

 

何がちがうのでしょう。

 

 

関係者全員で
その機械の前に。

 

 

担当者から不具合内容
の説明があり、

 

 

テスト稼働させてみて
説明通りの結果に。

 

 

もうダメかな……。

 

 

という雰囲気の中、

 

 

キラーン!

 

 

「この機械の
メンテナンススケジュールは?」

 

 

「はい?メ……スケジュ……」

 

 

「はい、そうです」

 

 

「いえ、あのメーカーの
担当者さん任せです」

 

 

キラキラーン!!

 

 

「それでは、こことここを清掃してみましょう」

 

 

「は、はい。あっ!」

 

 

「そうですね。確かに古い機械ですが
メンテナンス次第でまだ使えますね」

 

 

「メンテナンスは以外と『清掃』が
80%以上を占めるんですよ」

 

 

「そうなんですね。分かりました」

 

 

こうして520万円出費は
リスケされました^^

 

 

このように

 

 

報告だけでは正しい判断が
できない場合があります。

 

 

担当者も騙そうとした
訳ではありません。

 

 

でも、

 

 

このようなことが
仕組みづくりです。

 

 

「清掃方法、頻度を
メーカーの担当者さんに聞いて
明日午前中までに報告ください」

 

 

「分かりました」

 

 

ここまでやるものです。

 

 

それにしても

 

 

相変わらずの現場主義。

 

 

現場100回です。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

人材を育て、組織化する方法とは?(抜粋)

「ダメ会議」を

 

 

象徴するこんな言葉を
聞いたことありますか?

 

 

介せず……約束通りに会議に集まらない

 

 

介して議せず……集まるには集まったが、議論をしない・できない

 

 

議して決せず……議論はするようになったが、結論を出せない

 

 

決して行わず(動かず)……決議されたことを実行に移さない(忙しかった・バタバタしていた等の言い訳)

 

 

行って(動いて)責を取らず……実行には移したが、結果やプロセスに責任を持たない(会議のせいにする等)

 

 

経営者の方々の
ため息が聞こえてきます。

 

 

今回、
この苦難な道のりに
チャレンジを始める
クライアントがいます。

 

 

ぜひ心折れず、
がんばりましょう!

 

 

バックアップします!

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

併せて今日は

 

 

中小機構主催で
行われる

 

 

12時間研修の骨子を
まとめ直しています。

 

 

渡英前に考えた骨子を
見返してみたら

 

 

どーも気に入らない私。

 

 

いったん白紙にして
作り直しを決めました。

 

 

そんなとき、

 

 

上記の「ダメ会議」の
フレーズを思い出して

 

 

「パート・アルバイトが育つ組織づくり(仮題)」
で、

 

 

同じように作ってみました。

 

 

1.入らず……そもそも応募がない

 

 

2.入っても残らず……早期退職が止まらない

 

 

3.残っても育たず……ただいるだけの「人在」が増える

 

 

4.育っても教えられず……個人パフォーマンスが高いだけ

 

 

5.教えられても育てられず……すると教えるは大違いを理解していないままトレーナーになってしまう

 

 

6.育っても組めず……個人の能力を結集させてチームにするノウハウがない

 

 

7.組んでも結果でず……組織化は成功したが、チームパフォーマンスは上がらない

 

 

8.結果でて、理念に通ず……よかったよかった^^ではなく、どのように評価するのか

 

 

このような感じでしょうか。

 

 

段階的に課題を
具体的に設定する

 

 

これがやはり

 

 

経営課題を克服する

 

 

急がば回れ戦略です^^

 

 

階段を2段飛ばしで、

 

 

階段を駆け足で、

 

 

駆け抜けても意味は
ありません。

 

 

だって、

 

 

そんな簡単に

 

 

人材は成長しないからです。

 

 

でもその中で

 

 

自分自身で学び、

 

 

体得、会得していける
仕組みと雰囲気ができれば

 

 

しめたもの、です。

 

 

反比例曲線のように

 

 

「勝手に」成長してくれます。

 

 

そんな組織ないですって?

 

 

ありますよ。実際に。

 

 

この困難に立ち向かうと
決断した社長の数だけ

 

 

成功事例は存在します。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

渡英珍道中 5日目・最終日

やっとこさっとこ帰国できました。

 

 

食事をした後、荷ほどきしながら
すっかり寝落ち。

 

 

でも、そこまで疲れても

 

 

旅は良いものですね。

 

 

お話が前後しますが、

 

 

渡英5日目である
実質活動最終日も

 

 

充実し過ぎくらい。

 

 

午前スタートで

 

 

まずはグリニッジ天文台。

 

 

「子午線またぎ」を体験しました。

 

 

お決まり?のポーズです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその前に洋酒の銘柄でも有名な

 

 

カティーサーク号を発見!

 

 

♪カティ~サァ~クCMを懐かしく思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄で移動後、

 

 

ハリーポッターのシーンでも
有名なレドンホールマーケットも
しっかり見学。

 

 

昼からバッチリ飲み会^^

 

 

楽しそう~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして目と鼻の先にある
世界最大の保険会社ロイズ。

 

 

漫画マスターキートンの舞台でもあります。全巻持ってます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして
「221b」の住所で有名な・・・・・・

 

 

シャーロックホームズ像です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

締めはお土産購入もかねてコチラ!

 

 

あえて、夕刻のハロッズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という大充実。

 

 

おかげ様で持病の
左ひざ痛も全開でした・・・。

 

 

でも、今は逆に痛みが
和らいでいます。

 

 

夜のフェアウエルパーティも
ホテル最上階のバーでしっとり。

 

 

旨いお酒を飲めました^^

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

朝、6時30分にホテルをチェックアウト。

 

 

ヒースロー空港から羽田空港までの
直行便は手配できず・・・。

 

 

ということで

 

 

2回トランジットという
かなり勇気のいる所業に
打って出ました。

 

 

ロンドンヒースロー空港

 

 

ワルシャワ蜂起で有名なポーランド・ワルシャワ空港

 

 

やっぱりチョコレートでしょう!のベルギー・ブリュッセル空港

 

 

成田空港

 

 

空港間待ち時間も含め

 

 

ホテル発6:30
横浜事務所着翌19:30

 

 

ロンドン現地時刻は
東京と時差ー9時間なので

 

 

もう計算できない(笑)。

 

 

長旅で締めくくりました。

 

 

しかも、以前計画を発表した
ファーストクラス乗るぞ計画は

 

 

ファーストクラス計画は無残にも失敗に終わる……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取れませんでした……。

 

 

また次回チャレンジに
取っておきます。

 

 

こうして渡英珍道中は
終わりを迎えました。

 

 

今回は

 

 

健康と仕事をどう両立
させるかをテーマに

 

 

仕事面・観光面を
どちらも両立してきました。

 

 

特に

 

 

健康でないと良い仕事は
できないということを

 

 

痛感させられた旅でも
ありました。

 

 

これを機に
本当に自己管理を行う
必要があると感じました。

 

 

ということで本日から

 

 

ゆるーいダイエット開始^^

 

 

数回に渡り、珍道中に
お付き合いいただきまして

 

 

ありがとうございました。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛