ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

#381 どこでも仕事ができる功罪

明日から海外。
原稿執筆も海外で。

 

仕方ないんだと
思うことにしてます。

 

仕事ですから。

 

しかも

 

18日17時帰国で

 

20日9時また出国。

 

慌ただしく
フライト・ホテル・Wi-Fi予約。

 

これもいいんです。

 

飛行機内で
原稿書きます^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#380 間に合うか・・・

いろいろなお仕事の
納期が迫ってきました。

 

ドキドキです^^

 

時間管理だけは
胸を張りたい私。

 

でも今本当に
ギリギリの攻防戦
真っ最中なのです。

 

兄から「相談がある」
ということで家族会議
@栃木県。

 

5時間話し込み
結論が出ました。

 

ササッと辞して
電車に飛び乗る。

 

実家から横浜へ
向かう途中、

 

電車で原稿を
書いていたら酔い

 

トイレへ。

 

顔面蒼白状態。

 

でも、

 

気合いで治す。

 

横浜駅の乗り換えは
ほぼダッシュ!

 

事務所での原稿作成が
イチバンはかどるなと実感。

 

と思っていたら、
今日中に結構多めの
見積書を出すことを
思い出した、今、

 

22時前に完了。

 

あっ!
13,000文字原稿
これからだったんだ!

 

今から書き始めます。

 

やるぞ~!^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#379 達成感

今日は
クライアント先で
大事な初行事。

 

約2ヶ月間
準備をしてきて
本日挙行されました。

 

私は
司会進行役。

 

場慣れしてるね~と
社労士先生にほめられ

 

いえいえ、とんでもない。

 

と返しました^^

 

さあて
お祝いの花火は
打ち上げられ、

 

ゴングが

 

「カーン!」と

 

打ち鳴らされました。

 

いよいよ
試合開始です。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#378 3月決算企業の多さ

国税庁がリリースする
決算期月別法人数
というデータがあります。

 

これを見てみると、
事業年度が年一回で

 

3月末決算法人数が
543,709社あります。

 

全法人数が
2,641,307社なので

 

全体の20.6%が
3月末決算となります。

 

1年、12ヶ月あるうち、
1ヶ月は8.3%の割合。

 

20.6÷8.3=2.48
という指数になり、

 

忙しさも2.48倍と
こじつけてみたくなります^^

 

有難いことです。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

店舗にいた時は

 

世間が忙しい時は通常月。

 

世間が暇な時は繁忙月
でした。

 

盆暮れ正月・GW。
暦の改正でシルバーWも。

 

このように
忙しい・ヒマが
交互に来るのは

 

日本の季節(感)が
原因かなと思います。

 

なので
ヒマな時こそ

 

次の繁忙期に
備える対策を。

 

爪を研いで
繁忙期を迎えましょう。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#377 良書の漫画化に一言

約80年前に
出版された書籍が
200万部突破しました。

 

吉野源三郎著
君たちはどう生きるか

 

中学時代に読みました。
今は漫画で内容把握が
できるようになっています。

 

難しい書籍の漫画化は
今に始まったことではありませんが

 

知識が世間で広まる

 

ことはとても良いことです。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

しかし、ちょっと、
異を唱えたいこともあります。

 

それは

 

漫画では
「解釈が単一化」する

 

と言いたいのです。

 

本とは想像力であると
私は考えています。

 

行間からあふれ出る作者の想い

 

強調している風の
言い回しは実は虚で、

作者に試されていると
気づいたときの
満足感と優越感。

 

活字を読んでいるだけで
鼓動が速くなる、汗をかく、
という一体感。

 

このような経験は残念ながら、
漫画では得られませんでした。

 

なぜか、考えてみました。

 

あ、そうだそうだ。

 

「情報が多い」んだ。

 

ある人が笑っている画があると
笑い方が確定してしまいます。

 

笑い方には多くの種類があり、
決められてしまうのは面白くない。

 

結論としては、回顧しながら
読破して、その後
若人に差し上げようと思います。

 

来月になったら、
ドッシリとした本を温泉宿で
昼から読みふけりたいものです^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛