ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

社長を楽にする方法

少しだけ体調を崩し

 

 

仕事して横になる数日。

 

 

でもやっと復活です!

 

 

今年は健康面が課題。

 

 

これを機に、ということで

 

 

大きい客船で景気づけ^^

 

 

セレブリティ・ミレニアムという客船のようです。大きい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は
11/9(土)の朝に撮影しました。

 

 

時間を気にせず
世界一周旅行もいいな~^^

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

同じ判断を何度もさせ、

 

 

いつもいつも
「どうすれば良いですか」と

 

 

尋ねられ、

 

 

滅入っている社長は
多いはずです。

 

 

『部下が育たないから』

 

 

と匙(さじ)を投げていませんか?

 

 

ありますよ、改善方法が^^

 

 

まず、部下が育たないのは
部下の能力が低いからと
考えている社長は退場です。

 

 

社長の人徳と能力を超える会社
は出来上がりません。

 

 

部下が育たないのは
自分(社長)も含めて
何かしらの改善が必要

 

 

と考えている方のみ
この先もお読みください。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

解決のヒントは

 

 

・現状認識の数値化

 

 

 

 

・仕組みと評価づくり

 

 

です。

 

 

今の課題を数値化する
ということは

 

 

課題が具体化して始めて
数値化できます。

 

 

労働時間を例にしてみましょう。

 

 

・店長はいつもお店にいる → 抽象的
・店長の労働時間は310時間 → 具体的
※結果—170時間の所定労働時間に対して140時間の残業
※判断—過労死一歩手前。応援体制をつくり休ませる。

 

 

この数値化をせず、
単にこの店長を休ませると
途端に不満が出ます。

 

 

報告内容はこのような感じ。
「社長、この店長いつもお店にいるので健康が心配です」

 

 

という抽象的な情報だけだと
社長は「勘」で判断するしかなく
不公平感をあおることに。

 

 

なので、
経営者はデータをよく見て
「客観視」をしたいのです。

 

 

話を戻して、

 

 

月間労働時間が250時間を
超えたら、即報告。

 

 

というルール・仕組みをつくり
自動的に情報が上がるようにしたら

 

 

勘便りが減ります。

 

 

このようにして
経営判断の精度を
上げていくことが大切です。

 

 

なんだか

 

 

数学の証明問題に
似ているような気がしませんか?

 

 

私は文系学部出身ですが、
証明問題は好きでした^^

 

 

だから
このような仕事をしている
のだなと思いました。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

企画をする楽しさ

今日はクライアント先で
販売促進の企画会議。

 

 

仕事は何でもそうなのですが

 

 

いかに楽しんでやれるかが
成功のカギを握っています。

 

 

そんな中、

 

 

簡単なルール決めをして
アイデア掘り起しスタート。

 

 

ルールとは

 

 

・誰に向けての販売促進か
・何を使って販売促進するか
・どのような方法で
1.告知するか
2.集客数予測をするか
3.再来店・リピート誘導策をどうするか

 

 

を決めることです。

 

 

合わせて

 

 

集客の意図は

 

 

・店舗の認知度向上
・店舗内イベントのお知らせ

 

 

などをベースに

 

 

・目標数値

 

 

を最終的に決めます。

 

 

最初から

 

 

・目標数値=達成ノルマ

 

 

を考えてしまうと
どうしてもネガティブな会議に
なりやすいので、

 

 

最初はイメージ出しと
共有から始めます。

 

 

当初10分間くらいは
沈黙ベース。

 

 

でも

 

 

ポーンと一つ
アイデア出ると

 

 

ポンポンポーン^^

 

 

議論が盛り上がってきます。

 

 

あとは調整役をするだけ。

 

 

大事なことをメモして
各メンバーに渡します。

 

 

議論が活発化
する方が優先です。

 

 

このようにしてできた
企画は、ほぼ成功します。

 

 

チーム力が活かされるように
誘導しましたからね^^

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

やっと一息付けました。

先月から本格的に
経営に参加した企業で

 

 

10月度損益計算書の速報が
会計事務所より出てきました。

 

 

結果は……

 

 

大幅改善!

 

 

社長もびっくりされて

 

 

本日の経営会議を
迎えました。

 

 

「ウレシイ」というよりも

 

 

「できるんだ」という
達成感が生まれました。

 

 

こういうときの会議は

 

 

生産性バリ高です^^

 

 

あれもやろう!
これもチャレンジ!

 

 

というように、
提案も多く生まれました。

 

 

軌道に乗ってくる組織は
まさにこのようなポジに。

 

 

アドバイスをさせていただき
10か月でやっとここまで来ました。

 

 

ですが

 

 

「勝って兜の緒を締めよ」です。

 

 

クールに
「単月だけの可能性があります」
「確実に管理しましょう」

 

 

とクギを刺させていただきました。

 

 

すると

 

 

社長も表情を引き締め、

 

 

そうですね、と一言。

 

 

でもその後のランチでは

 

 

楽しそうに会話されていました^^

 

 

社長業で
一番うれしい時です。

 

 

社長の笑顔をキープするのが
私の役割です。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

今日からいよいよますます

ちょっと
不自然な恰好をすると

 

 

ピリッ

 

 

とくる腰痛に
悩まされていますが

 

 

このままではイカン!

 

 

と一念発起して

 

 

サボっていた朝トレを
再開することにしました。

 

 

2019年11月1日 06:21 晴れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏頃の山下公園では
ベイブリッジあたりから
朝日が見えましたが

 

 

季節の移り変わりが
良く分かる今朝でした。

 

 

ちなみに夏ごろだと

 

 

2019年8月10日 5:11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでした^^

 

 

記録しておくと
時に比較ができて
おもしろいですね^^

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ここ数年、

 

 

「人材不足」が
いたるところで深刻です

 

 

中小企業専門の
経営コンサルティングをしていて、

 

 

現場からの悲痛な叫びを
本当に感じます。

 

 

やはり

 

 

「人材不足」を
解消しなければ

 

 

経営は立ち行きません。

 

 

しかし!

 

 

本当に「足らない」のか?

 

 

ということを
数字で明らかに
しなければなりません。

 

 

でも、何人足らないの?
では、

 

 

もう、

 

 

人材不足を
解消することはできません。

 

 

・何の業務や作業に
・何時間ではなく、何分間

 

 

不足しているのか。

 

 

併せて

 

 

能力向上のための
教育、ではなく

 

 

訓練=トレーニングを
誰に何分間実施して

 

 

どれだけの成果が
上がるのかを

 

 

「計画」

 

 

しないと、です。

 

 

つまり

 

 

既存メンバーで
どれだけ効率を上げ、

 

 

本当に不足しているのは
何曜日、何時から何時の
何の業務・作業なのかを

 

 

もれなく算出してから、
採用活動を行うべきです。

 

 

というような

 

 

レポートを
書いてみることにしました。

 

 

はい、無料です。

 

 

皆さんは
この資料を目にしたいですか?

 

 

併せて
専門資格を保有している人材は
現在、完全に売り手市場です。

 

 

数年で労働市場価値が
募集年収ベースで、

 

 

1.4倍になっている職種もあります。

 

 

でも、

 

 

この価格のつり上げは
買い手(企業側)の

 

 

「怠慢」から起きています。

 

 

上記した
業務マネジメントの具体化、

 

 

作業の分解を

 

 

行っていないということと、

 

 

「何のために経営しているのか」

 

 

という理念を浸透を
今以上に促進する必要があります。

 

 

この「企業の想い」と「個人の想い」を
合致させることで

 

 

本当に欲しい人材だけで
労働力は充足していきます。

 

 

あ、これレポートのテーマに
なりそうですね。

 

 

さっそく執筆スタートします。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

12時間分の研修資料

以前お伝えした
中小機構からの
研修オーダーは

 

 

なかなか講師としては
ハードな内容です。

 

 

ポイントは

 

 

・受講者のレベル不明(経営者・管理職の情報のみ)
・3時間×4回=12時間分
・各回での研修の起伏づくり
・ベーシックとトレンドの織り交ぜ方
・受講者企業の改善策討論(コンサル・ファシリテート両方の能力必要)
・ ↑ かなりの確率でアドリブ返答あり
・一名が長くなり過ぎないようタイムマネジメントも同時進行

 

 

などなどまだまだあります。

 

 

これ、コンサル歴2~3年の人は
かなり難しいでしょう。

 

 

正直、目次の細目を
作っていましたが

 

 

あまり進まず……。

 

 

考え方・見方をさまざま変えて
検討する必要があることが
分かりました。

 

 

いろいろな業務を行いながら
週末を使って作り込みを……は、

 

 

こりゃ書籍原稿の執筆と
同じくらいの労力です。
(10万字くらいです)

 

 

計画的に時間をつくり
しっかりやっていこうっと。

 

 

といいつつ、
そろそろガス欠になるので

 

 

あまり引きずらず
サクッともう少しトライして

 

 

撤収します。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛