ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

#436 整頓の日

今日も朝9時から断捨離スタート。

 

一日経って見直してみると

 

まだ捨てられるものがゴロゴロ。

 

着火してもすぐに
消えてしまう灯油ストーブも
サヨナラすることにしました。

 

そいうことでガレージの半分は
ゴミ大会に(笑)

 

昨日の1.5倍に^^

 

 

 

 

 

 

 

 

な感じで
てんやわんやで
やっとここまできました。

 

物が多い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整頓率70%といったところでしょうか。

 

でも、これでも

 

息子の部屋を最優先で
整頓をしてきたので、

 

残り3部屋は、これから状態。

 

そうです、

 

整頓=定位置を決め、元に戻すこと

 

なので、定位置決めもこれからです。

 

ちょっと計算が狂いましたが
きっちり巻き直して、

 

明朝横浜へ戻ります。

 

さあて!原稿原稿^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#435 整理の日

朝9時スタートで
整理開始です。

 

昨日もお伝えしましたが

 

整理=不要なものを捨てること

 

という方程式通りに決行です。

 

結果はこの通りです。

 

ソファもゴルフクラブも捨てます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて、BOOKOFF行きの
本たちはこのような感じに。

 

めざせ1万円!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして整理をしつつ
整頓の準備として
大きな家具を移動。

 

これが膝に響きました。。

 

い、痛い。。

 

明日は整頓を進めます。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#434 明日から大断捨離

栃木の実家にいます。

 

明日、明後日の2日間で
2階の断捨離と配置替えを
行います。

 

まさに「5S」の敢行。

 

5Sは過去数回お話しました。

 

整理
整頓
清掃
清潔

 

の頭文字を取って5S。

 

明日は9時から
整理=不要なものを捨てる

 

これを行います。

 

そのための段取りは重要。

 

部屋ごとの完成イメージを
だんだん細かくしていきます。

 

小一時間うろうろ。
そしてひらめきました。

 

GWだからこそ
ゆっくり確実にできる
明日からが楽しみです。

 

でも、左膝は相変わらず。。

 

息子にがんばってもらいます^^

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#433 長く続く企業にあるもの

昨日のWBSを見て
改めて痛感しました。

 

神戸ユーハイムさんの
取材で社長がスラスラと
流暢なドイツ語で

 

Alte dinge,die auch neu sind,werden für immer sein.
古くして新しきもの、永遠に栄える

 

と仰られていました。

 

私は

 

良き伝統をさらに磨くことで
企業は長く繁栄できる

 

と捉えました。

 

100年以上前に
バウムクーヘンの技術が
伝来し、

 

頑なまでに製法は変えず

 

技術革新を経ながら
長く愛される商品を創り続ける。

 

2,000tもの材料を
今でも手でこねるということは
大量生産・大量消費の波
には乗っていません。

 

しかし、人の眼を介して
良い製品が出来上がることを
身に沁みてご理解されている
ことに頭が下がります。

 

これは私が常に提唱する

 

「変化への対応と基本の徹底」

 

に通じるものがあると思いました。

 

「遠回りが実は近道」

 

どっしり腰を据えた経営が
私のコンサルテーションで
目指していただく姿です。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

#432 気分を上げて

U2の
Rattle and Humを
聞きながらテンションアップ!

 

U2との出会いは大学1年の時、
下宿先の同級生明石くんに
教えてもらいました。

 

アイルランド出身の4人組で
政治色強い歌詞にパンチを
感じます。

 

弱者への哀悼と
強者への警鐘を

 

ガンガン打ち鳴らします。

 

でもさすがに膝の痛みが
集中力を妨げます。

 

他は筋肉痛レベルなので
問題ないのですが、

 

この左膝だけは…。

 

体感上、全治2ヶ月
といったところでしょうか。

 

ご迷惑にならないよう
にします。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛