ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

カイ(息子)の毎朝のルーティンワークをご紹介します。

自閉症スペクトラム障害とてんかん発作が持病の息子、カイ。

 

いろいろな傾向がありますが、幼いころは一日のタイムテーブルが決まっていないと落ち着かないことがしばしばありました。

 

なので修学旅行のしおりのように、冷蔵庫の前扉に「今日のカイがやること」のような表を掲げていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は予定が決まっていないと不安定になることはありません。逆に喜んで自分の趣味に没頭してしまうので、今でもタイムテーブルはつくっています。

 

曜日によっては、水泳の朝練(ウェイトトレーニングなど)や夜練がありますので、複数パターンがあります。

 

6:00 起床 → カーテン開ける → 窓を開ける → 布団を押入に

6:10 トイレ → 洗顔 → 計量 → 着替え

6:20 自宅でしいたけ栽培ブログ用の写真を撮る → LINEにアップ

6:40 さくら(愛犬)の散歩 (曜日によってゴミ出し兼ねて)

7:00 朝食

7:20 身じたく 持ち物チェック

7:55 仕事へGo!

 

おおむねこんな感じなのですが、毎日ピタッとこのように収まることはほぼありません(笑)。

 

そうです。寝坊です(笑)。

 

だいたい10分~30分くらいはズレます。なので最大45分程度の余裕を持たせています。(7:10~7:55)

 

自尊感情があまり高くないので、失敗の連続は彼のやる気をそいでしまいます。遅刻やバタバタを繰り返さないちょっとした工夫が必要です。

 

(自尊感情・・・自己に対して肯定的な評価を抱いている状態、あるいは、自分自身を価値ある存在として捉える感覚を指す、心理学の用語。self-esteemの訳語。引用:デジタル大辞林)

 

それは「陽気に起こす」ことです。

 

A群:「もう●:●●だよ!」「遅刻するよ!」「いい加減起きなさい!」はマイナス言葉なので極力言わないように気を付けています。

 

B群:「今日は良い天気だなぁ~!」「今日は雨だな。5分早めの行動だな、カイ」というように寝ている息子に会話をするようにしています。

 

A群だと「え?もうなんだよ!」というカイのマイナス感情がリアクションになっていると思います。

 

B群だと、「うん?おとうさんとおはなししているのかな?」と返答しようと頭を働かせようとするはずです。

 

要は眠りから覚めて、活動を開始してもらうことが目的なのですが、同じ起きるでもA群ではモチベーションが上がってこないのでダラダラと行動します。一方B群は、幾分早目の行動をしてくれています。

 

ワタシは「起きてからの初動のスピードも上げたい」と欲張りなので、ちょこっと工夫を心がけています。

 

言霊(ことだま)だから、一言を大切に、という先人の教えに感謝です^^

 

さぁ!朝からしいたけ食べて、しっかり仕事してきてな!カイ!

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

しいたけ栽培で一番多い質問

しいたけ栽培を始めて15ヶ月。450日くらいでしょうか。毎日8時間くらいはしいたけのことを考えて、何かしらの行動をしているので、使った時間は約3600時間になりました。

 

この3600時間って何かと比較できないかな、とちょっと考えてみました。

 

思いついたのは、「国家資格に合格するのに必要な勉強時間」でした。ネットで情報をさらってみると、こんな数字がでていました。

 

◆合格するのに必要と言われる勉強時間(推計)

・中小企業診断士 1000時間

・社会保険労務士 1000時間

・公認会計士 3000時間

・税理士 3000時間

・司法試験 8000時間

 

ほー、司法試験ってさすがに飛び抜けてるなぁと感心しましたが、この時間数と比べてみると、税理士・公認会計士になるくらいの時間を使ったんだなとも考えられます。

 

この時間は、たぶん自分自身のためだったら途中で止めていたと思います。なんせ、あまり自分に興味のない人間でして・・・(笑)。

 

しいたけ栽培の師匠の小野達也君にも「最近分かってきたね~!」としばしば言われるようになったので、ソコソコ理解してきたのかなと自負し始めてます(笑)。

 


 

今日は、いただくご質問の中で一番多い「菌床しいたけ栽培で、2回目の発芽っていつ?」にお答えしていきます。この内容は過去に何回かブログで書いてきた内容ですが、継続して発信していこうと思います。

 

◆回答 2~3週間後とお考えください。

 

です。初回の発芽は、開封してから3日目くらいから始まり、10日目くらいには最盛期を迎えます。

 

この「3日間」と「14~21日間」って5~7倍「待つ」ということになるので、だんだん「もう生えてこないのかな?」と不安になってしまうと思うのです。

 

ワタシも過去そう思いました。水漬けをして、上げて1週間。なーんにも変化していない。「これは失敗か?温度・湿度の管理をミスったか?」ととっても不安な気持ちになります。

 

でも、温度と湿度を1日2回もれなくチェックすれば、ほぼ確実に生えてきます。「ほぼ」と書いたのは、あくまでも相手は菌という自然物であり、コントロールはできないからです。なので「必ず生えてきます」とは申し上げられないのです。

 

現在、テスト栽培&販売をしている、自宅でしいたけ栽培の2回目の菌床の様子です。

数は初回には勝てませんが、型が良いことに気づきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大ぶりで、肉厚さが見て取れると思います。重要なポイントは2つです。

①発芽前は『菌床から水がしたたり落ちるくらい』水を与える

②発芽したら、水を掛けずに加湿器(霧吹きよりも細かい霧状の水)で湿度管理をする

 

生えてくるまでは「どんどんお水」、生えてきたら「最小限のお水」と覚えてください。

 

もう確実に「美味い」です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからしいたけにとってはシンドイ季節になりますが、真夏の栽培方法についても、これからアップしていきますね。お楽しみに^^

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

きくらげ、キテます。

ここ数日、きくらげ編みたいなブログになってます。自宅でしいたけ栽培 たのしいたけ園です。

 

おとといから昨日よりも昨日より今朝の方がさらに大きな変化がありました。もれなく画像を撮り検証してみましょう!

 

—————————————–

 

一晩で、小→大に、そして、0→小も発生です。数も大きさもさらにアップしてます。

 

雨が止んだので、3個、12面を撮影しました。

 

和室1/4

和室2/4

和室3/4

和室4/4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 切れ目にそって出てきてくれています。出てきている量は一番多いような気がします。2/4の画像では、上部の方が発芽していないのは、やはり湿度が足りないのか?と想像させてくれます。

 

 

書斎1/4

書斎2/4

書斎3/4

書斎4/4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 全体的にバランス良く発芽してくれています。期待は持てるような気がします。書斎という場所柄、普段からカーテンを閉めて「暗室」のような状態になっています。

 

カイの部屋1/4

カイの部屋2/4

カイの部屋3/4

カイの部屋4/4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 成長が一番早いのはカイの部屋のようです。生えてきていない部分が3個のうち、一番多いのが心配ですが、たぶん大丈夫でしょう。

 

1日のうち、約2時間、2回は60%の湿度にして、以外は90%の湿度で管理するようにしています。90%は結構高い数字なので、昨日のブログにも書きましたが、このようにビニール袋で覆いました。

 

見えにくいですが、被せているビニール袋には3か所穴を開けています。@書斎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は撮影していて、3枚の大き目なきくらげが取れてしまいました・・・

 

もちろん拾って、しっかり洗い、炒り卵風にして試食してみました。(写真撮り忘れ・・・)

 

感想は、「まだ市販レベルの肉厚さ、食感」といったところ。つまり、もっと大きく、熟成させるような方向性が良いのかなとも思えました。確実にしいたけ栽培とは「別物」です。

 

6/17に開始して今日で17日目。教科書には25日~30日が収穫の最適タイミングとのことなので、あと1週間くらい先には、たくさんの実りを期待しています。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

 

 

 

 

この長大雨の間にきくらげが大変化していた件。

記録的な降雨量で、関東南部、伊豆半島、静岡県、千葉県、神奈川県の方々にはお見舞いを申し上げます。熱海市では大規模な土砂崩れとの報道も。皆さまお気をつけくださいませ。

 

おかげさまで北関東の栃木県は午前10時くらいから晴れ間がでてくるようになりました。でも、用心はしてまいります。

 

この長雨が原因か(湿度)、日照時間が短く気温が上がらなかった(温度)ことが原因か分かりませんが、栽培に手ごたえをあまり感じないきくらげさまが反応しました!

 

ニョキっと!

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?数ミリ程度だったのが、いつの間にか5cmほどになっていました。1.5日くらいの間に!

 

成長率は5mmから5cmとすれば36時間で10倍! すごい!

 

ほっほっほ!こちらも!

 

 

 

 

 

 

 

始まってます!「生きてるよ!アピールが!」

 

次の世代も着々と^^

 

 

 

 

 

 

 

泡粒のようなミニきくらげさまです。こちらも大変楽しみ^^

 

ということで、軽く検証してみました。

 

① やはり室温が27℃を超えると発育に悪影響か?

 

② 湿度が全体的に低かったか?

 

この2点が挙がりました。両方とも一気に変化させていしまうと、どちらの影響度が高いのか分からなくなってしまうので、②の湿度アップ対策から始めてみることにしました。

 

また経過をご報告いたします^^

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

しいたけ嫌いな人が感じる「臭い」について

「しいたけですか?いや~じつは、子どもの頃からちょっと苦手でして・・・」

 

今まで自宅でしいたけ栽培事業を始めてから10人に1名くらいの方が言われます。ワタシは嫌いという実感なく今まで過ごしてきたので、再発見です。

 

「しいたけのどういうところが苦手(嫌い)なのですか?」

 

という質問をさせてもらっています。そうすると、だいたい2つの理由が返ってきます。

 

一つ目は、「傘の裏のヒダの中に、虫とか入っているのを想像するだけでダメなんです」です。

 

これは、もう残念ですがご縁がないでしょう。このような方はしいたけに限らず「得体のしれないもの」を口に運ぶことはない方だと思います。

 

二つ目は、「しいたけの『臭い』がダメなんです」という方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、実はカラクリがあります。しいたけの香り・臭いについては、「レンチオニン」という成分が元になっているようです。

私はしいたけの臭いが嫌い!という方はこのレンチオニンの量が増えることで特有の香りが臭いという表現になり、苦手ということになります。

でも、このレンチオニンはしいたけの鮮度が下がると増える傾向があります。そして、干ししいたけにすると、どんどん増えるそうです。

 

もしかすると、茶碗蒸しや炊き込みごはんなどで干ししいたけを使った料理を初めて食べた時に「あれ?なんだこの臭いは!」という”良くない”と思った体験があるからなのでしょう。

ということは、新鮮なほどしいたけ嫌いの人が感じる「臭い」は少ないという仮説が成り立ちます。

という理由から、自宅でしいたけ栽培事業では「菌床付きしいたけ」をおすすめしています。

これもお子さまが食べても「このしいたけは臭くない」という感想が寄せられている理由なのかもしれません。

子どもの味覚は敏感ですから、臭くない証明をいただいているような感じです。

 

しいたけ嫌いな方がいなくなる世の中にしたいです。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培事業 責任者

たのしいたけ園 植竹 剛