ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

明日からまた撮影モードです。

新しい菌床が先週末に届きました。ということは、チャンスなんです^^

 

なんのチャンス? それは「しいたけ胞子の撮影」です。

 

2週間前くらいのときは、大しっぱい。。

 

今回は再チャレンジなのです。

 

撮影のやり方がてんでまちがっていたのを自覚したので、正しい方法の情報を得ました。

 

このような感じで「自宅でしいたけ栽培」は、いっつもトライ&エラーの繰り返しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時につかれるときもあります。でも続けている理由は、私はこの事業が好きなんだと思います。

 

気合いや根性だけではさすがに疲れてしまいますよね。

 

人からありがとうと言われる仕事を創りたい。そう思い始めて20年以上が経っていました。

 

実は、自宅でしいたけ栽培の事業がもうすぐ本格的に始動しますが、最近つぎにやりたいことが「見つかってしまいました」。

 

正確に言えば、この自宅でしいたけ栽培事業とその関連、加えてもう一つの事業、合計3つの事業が私の考える「障がい者自立促進応援」の1セットなのです。

 

もうすぐ齢50。還暦の声が聞こえるころまでには、社会の誰もが一度は耳にしたこと、くらいの規模にしたいなと思ってます。ちなみに規模にこだわるのではなく、「やってみたい!」と思ってもらえる人の数やエリアを広くしたいなと思っています。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

しいたけの傘って白いのと茶色いのがあるんです

しいたけの傘。茶色と白色があったら、茶色の方がイメージに合いますね。

 

自宅でしいたけ栽培のしいたけは、けっこう白色のしいたけが取れます。なぜでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えから言うと、茶色くなる理由は、「日焼け」と言われています。自宅でしいたけ栽培のしいたけは基本的に「日差しはゼロ」です。

 

理由は、明るくしておく=温度管理が大変になる、と考えているからです。

 

加えて、外気から空気を入れる=虫の発生、とも考えているからです。

 

なので、納戸は雨戸で締め切り、出窓は銀色のレジャーシートを貼り、日光はほぼカットしています。

 

でも、先日、師匠の小野達也くんから、「植竹、しいたけさ、日焼けさせてる?」と確認がきてビックリ!

 

 

 

 

 

日焼けをさせることで、お客さまが求める「茶色い傘のしいたけ」にしたほうがいいよ、とのアドバイス。さすがっ!

 

ということで、出荷2日前になった菌床に半日、日光を当てることにしました。すると、このような茶色に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またひとつの学びを得ました。ありがとうございます!!!

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

農福連携ってなんだろう

日本農業新聞で取り上げていただいた「自宅でしいたけ栽培」事業のタイトルは『自宅で育む農福連携』と書かれています。

 

全国の障がい者施設でも菌床しいたけを栽培して、商品を出荷する事業は多くあります。

 

ちがいは「自宅で家族と自分で」と「施設に雇用され、作業を頼まれて」。

 

自主性をはぐくむならば、ワタシはやっぱり「自宅で」にこだわります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇用される仕事はいつかなくなります。辞めることもあるし、施設がなくなることもあります。

 

でも「自宅でしいたけ栽培」は、『本人の意志』で続ける、止めるを決められます。

 

続ける、止めるを決めることこそが、自主性をうながすことで、自立への一歩になると思うんです。

 

この考えに共感いただけるならば、ぜひ自宅でしいたけ栽培事業を手伝ってほしいのです。

 

仕組みは9月にはできあがります。そうしたら、本格的に広告宣伝をおこない、説明会で汗を流し、ご自宅までお伺いして栽培をアドバイスいたします。

 

農福連携 福を得るための農業^^

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

日本農業新聞に掲載していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転載させていただきました。日本農業新聞さんありがとうございました。

 

web版だけではなく、紙面でも同じ内容で取り上げていただきました。

 

その後、実は反応が何件かありました。もちろん賛否両論あると思います。受け入れる意思があったので、取材依頼をお受けしました。

 

・「自宅でしいたけ栽培」ぜひ広めていってほしい。

・副業ではやれないの?

・本当にやれるの?

・農業なめんな。付け焼き刃で何ができるん?

・障がい者のことホントに分かってるの?下手に首を突っ込まないほうがよいよ。

 

良いコメント、気持ちが高揚する内容もありました。でも、疑問やアンチコメントの方が圧倒的に多かったです。

 

私はこう考えます。反応がないことよりよっぽどましだな、ってことです。

 

新しい事業を始めるっていろいろな人の思いや考えが集まって出来上がることを実感しながら、今日もバリバリ張り切ります!

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛

 

 

自宅でしいたけ栽培事業、ものづくり補助金でアプリ開発中

自宅でしいたけ栽培事業として昨年の7月からチャレンジして、11月に採択をいただいた「令和元年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」。

 

分かってはいたつもりですが、「提出書類の量がハンパ」ないです苦笑。

 

 

 

 

 

 

 

併せて、すべてにおいて整合性を求められます。なので、特に意識しておこなっていることは「当日起こったことをその日のうちに『記録する』こと」です。

 

これやっておかないと、大変なことになるからです。

 

・事実確認モレがあった・・・後日対応では、矛盾が生じて「帳尻合わせ」の報告になりかねない。

 →すべてにおいて整合を取り直す必要とともに、不正として認定されてしまう可能性すらある。

 

・当日起こったことは「画像」「映像」という客観的な資料≒証拠を計画的に残し、報告書に記載する必要がある。

 →これからもさらに問われる提出方法になることが良く理解できた。

 

・金銭の出納に関しては一切「まとめる」ことなく、一つひとつ単品で管理する。

 →先日、振り込みをしたとき、実際の金額+振込手数料の合計額で通帳記帳されていたので、いったん取り消しておのおの記載してもらうように訂正してもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

例を挙げるとキリがないのですが、要するに「誰しもが客観的に分かる資料の提出」を求められることになります。

 

でもそりゃそうです。分からないのに国や公共機関、企業にいたるまで「まぁいいよ」にはなりませんよね。

 

補助金事業として自宅でしいたけ栽培事業が完全に始動するまで、もれなくやっていきます。

 

株式会社チームのちから

自宅でしいたけ栽培 事業責任者

たのしいたけ園 植竹 剛