ブログ

2018年5月21日リニューアル

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

#291 さらに磨く

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

今朝、
事務所のインターフォンが鳴り
宅配業者の方が

 

「冷凍品」です!

 

と言われ、

 

心当たりないなと

 

思っていたら

 

クライアント先TOPの方が
自ら送ってくださいました。

 

ルワンジュ東京のパリトロ フォンダンフロマージュ(黒パッケージ)とリュクスマカロン ゴルゴンゾーラ(白パッケージ)

 

冷蔵解凍2時間、レンジで10秒程度の過程でもっと美味しくなります。

 

ゴルゴンゾーラチーズと蜂蜜の二重構造。

 

正座していただきます^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

私が講演の機会をいただく80%は
営業代行会社(エージェント)に
お願いしています。

 

また、残り20%のご依頼を
弊社が、私が頂いた場合も
こちらのエージェントをご紹介します。

 

という

 

持ちつ持たれつの関係

 

なので

 

講演内容に関して
定期的に意見交換を
行っています。

 

エージェント企業の
社長は私の講演の

 

「すべて」

 

をご覧になられています。

 

だからこそ指摘も具体的で
本当に助かっています。

 

ここはこうした方が良いのでは?

 

確かに!でもこことの関係が薄くなるな。

 

そうだな、ではこことここをこう変えたら?

 

そうだね、だいぶ分かりやすくなったね

 

というやりとりをばっちり90分間。

 

現在は原稿作成中で

 

合間を見てブログを書いています。

 

遅くとも
19時までには
修正作業を終わらせて

 

その後は
最近はまりつつある

 

リラクゼーションスポットに
行ってきます。

 

体のリセットと
心のリセット

 

両方大事ですね。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#290 また・・・

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

旅行行きたい癖が再燃。

 

昨日の定例月一回で
メキシコ・キューバ土産を
持参しつつ土産話で
盛り上がりました。

 

特にキューバ推しで
中年おじさんは大フィーバー。

 

一人旅
やりたいことしかやらない
今まで我慢してきたことをやる

 

このようなキーワードで
羨ましがられちゃいました(笑)

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

キューバの話をしつつ

 

再燃してしまいました。

 

ニューヨークにもう一度行きたい。

 

キューバとアメリカは今でも
かなりNG。

 

mastercardは使えませんし
米ドルの両替も
ジロッと一瞥されます。

 

だからこそ

 

思い出されてしまいました。

 

毎年8月最終週から
テニスの全米オープンが
ニューヨークで行われます。

 

大好きな選手である
ロジャー・フェデラー選手。

 

四大大会でのフェデラーを
一度見たい。

 

そして錦織選手も
全米オープンは毎年
好調で好成績を
残しています。

 

錦織VSフェデラーの決勝戦。

 

これが見たい!!

 

併せてニューヨークの
刺激を改めて満喫したい!

 

このような思いで
休日の今日は
過ぎていくのでした。

 

ということで
今から飛行機と宿の
予約に入ります。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#289 良い余韻残る

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

時差ボケとメール業務で
あっという間に時間は過ぎ

 

いつの間にか帰国して
3日間が経ち、

 

あ、お土産整理しないと
ということでこちらをどうぞ。

 

写真に載っていないお土産もあります^^

 

お会いする順番で
お好きなものをお選び
いただきます^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

今日は月一定例会。

 

いつも通り、と言いたいところ
なのですが、

 

体調不良者が数名。

 

私は疲労が抜けない程度
なのですが

 

糖尿病
痛風

 

と病気のオンパレード
になりそうな雰囲気プンプン
なので全員で健康になる

 

「数値設定」を行いました^^

 

私は

 

体脂肪率
内臓脂肪量
体水分率

 

の3つをチョイス。

 

特に体水分率は
油とお酒の過剰摂取で
下げてしまうということで

 

日頃の不摂生が
すぐにバレるという数値らしく

 

あえて選びました^^

 

ダイエットはいまのところ
順調で、旅行をしても
減量に成功。

 

ま、キューバでは
粗食と言いますか

 

鶏(豚も)

 

この2つしか
あまり食べていなかったので
当たり前かな、と^^

 

有意義に生きる=健康

 

これもテーマだなと
気づける一日でした。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#288 メキシコ・キューバ旅行記~最終日/メキシコシティ編→帰国~

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

現地日付12/4→5

 

最終日となり、
本日深夜25時(12/5午前1時)
成田に向けてのフライト。

 

ガッチリ見聞を広めたいので
今日も現地ツアーを予約しておいた。

 

テオティワカン遺跡
&市内歴史地区
&人類学博物館ツアー
3つの世界遺産巡り
という一日がかりの欲張りプラン。

 

のっけからまたびっくり。

 

今回も参加者は私一人だけ。

 

参加者私だけ確率3回中3回
というすごい数字に驚く。

 

ソカロ広場近くの
ホテルで待ち合わせて
ツアースタート。

 

これまたツイている。
ツアコンさんがお若い美人さん。

 

まずは
メトロポリタン大聖堂

 

荘厳の一言でした。

 

ラテンアメリカ最大の教会
とのことで荘厳さに圧倒される。

 

メキシコシティの街自体、以前は湖に位置し、埋め立てて造られた故、地盤沈下が激しく、このように傾きを調べる様が日常化している。

 

こちらのキリスト像は敬虔なる神父を救った伝説が遺されている。

 

 

宗教は偉大さを示し発展してきた
と再確認することができた。

 

良いことはアピールすることも大切だ。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

他にも
テンプロマイヨール遺跡も見ごたえあり。

 

サント・ドミンゴ教会では全国から
ほぼ徒歩での巡礼で集合しつつあり、
千人規模でミサが行わていた。

 

ここにバチカン3つの奇跡の1つとされる
奇跡のマントにおけるマリアさまの像がある。

 

 

画を書いた素材の顔料の一部は
地球上には存在しえないものが
含まれているとのことで不思議だ。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

そしていよいよテオティワカン遺跡へ。
市街より道路アクセスが良く30分弱で到着。

 

遺跡の説明を受け、いざ頂上をめざす。

 

左膝をかばいながら急な階段を登る。

 

一緒に登っている人同士で

 

ハーハーと
息切れしていることへ共感を
表す笑顔が絶えない。

 

やっとの思いで登頂。
資料では248段ということだが
階段幅が通常慣れているものより
2倍見当あったのでしんどかった。

 

でも絶景である。

 

太陽のピラミッド。これから登る!

 

階段登りなんて楽勝だよと言いたいかのように眠りこけている犬

 

登頂後、苦しかったことが表情に出てしまっている^^右奥に見えるのは月のピラミッド

 

アステカ・マヤ両文明の交流も

 

あったという。

 

暦もつくった高度文明。
でも天候には勝てず文明崩壊。

 

自身の人生に当てはめてみる。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

その後は市街に戻り、市場を散策。

 

 

 

どこも活気とノンビリさを備え
人生を楽しんでいるように見えた。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ツアーは終了し、美人ツアコンさんとも
お別れ。

 

アラメダ公園まで徒歩で移動して
ブログ原稿を入力していたら

 

辺りがすっかり暗くなってきた。
気付けば20時。

 

22時くらいには空港に到着
しておきたいので、腰を上げる。

 

泊まっていたホテルに行き
預かってもらっていた荷物を
ピックアップ。

 

タクシー手配もお願いした。

 

ほどなくタクシーが到着し
いざ空港へ。

 

ラウンジで仮眠しつつ
今回の旅行のことを回想した。

 

 

ANAのCAさんの暖かいもてなしを受け
成田空港へ到着。

 

朝焼けの成田空港

 

今回の旅は終了した。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

さて今回の旅で私は何を得たか。
自問自答してみた。

 

旅先の人たちは
自分のやりたいことを
そのまま楽しんでしている、

 

という感が強かった。

 

では私はどうか。

 

今の本業は本当にしたいことか。

 

前にも書いたが
私がしたいのは

 

本気で何かをしようとしている人を
全力で応援すること

 

たまたま店舗経営や運営に
関わる時間が長い人生で

 

生業にしている。

 

自身の挫折や失敗を活かし
お手伝いをしていることが

 

本当に役立っているのか。

 

常に再確認し、
常に見直し、
常に変わらねばならない。

 

今回は見知らぬ環境に
身をゆだねてみて

 

自分が変化しなければ
有意義な時間を過ごせない
ことを知った。

 

有意義な時間=幸せ

 

変化はストレスを生む。

 

しかし、
先だってのクライアント社長に

 

適度なストレスは成長を生む

 

というお言葉をいただいた。

うまくストレスに付き合うのではなく

 

ストレスに真っ向から立ち向かう
勇気を貰えたような気がする

 

旅であった。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛

#287 メキシコ・キューバ旅行記~6日目/キューバ→メキシコシティ編~

皆さま、こんばんは!

株式会社チームのちから
できる店長養成道場 道場主の
植竹剛です。

 

現地日付12/3

 

キューバ最終日の朝、
行かないつもりだったが
ホテル内のビュッフェで朝食。

 

3日分の3CUCを
チップで渡し驚かれた。

 

8時にはチェックアウトし
荷物をフロントで預かってもらい外出。

 

 

何度往復したかオビスポ通りへ。
ヘミングウェイ定宿、
Hotel Ambos Mundosの
角を右に曲がって2ブロック先にある

 

Casa del habanoをめざす。
例のシガーバーである。

 

10時オープンであることは
知っていたが今回の旅を
復習するために向かいの
公園のベンチに座り
このブログを書いている。

 

そんな時新聞売りのおじさんが
メローに歌っており、
人生を振り返っているように聞こえる。
聴衆はネコ1匹でこれまたシュール。

 

 

そして野良猫?にエサをあげる
おばあちゃま。

 

 

10時を過ぎたので
シガーバーへ。

 

1本は店で楽しみ、
5本を持ち帰った。
自宅でゆっくりやろうと思う。

 

日本食堂へ立ち寄り
BUTA ROLLとビールをリピ発注。

 

かなり味が濃いためビールを追加。

 

Floriditaで
PaPaダイキリをやっつけようと
思ったらなんと日曜日でお休み。

 

次回への宿題だ。

 

PaPaダイキリとは
ヘミングウェイ仕様のことを指す。

 

酒豪だったヘミングウェイは
甘いダイキリを嫌い、
砂糖はなし(少量入れる説もあり)
ハバナラムは通常の1.5倍(もしくは2倍)

 

というレシピ構成のようだった。

 

昨日いただいたダイキリも
美味しかったのだが、
何ともチャレンジしてみたい。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ホテルに戻り、タクシーをお願いした。
いよいよハバナともお別れである。

 

でも不思議と名残惜しさはない。
また来る、という意志が強いから
かなと思う。

 

なんとクラシックカーで空港まで。
チップを先払いすると、

 

ぶっ飛ばしてくれて
30分ほどで空港着。

 

笑顔で握手してお互いに
ムーチャス・グラシアス!
(とってもありがとう!)

 

最後まで良い人が多い街だった。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

空港に入ってみたら
とんでもない混雑。

 

日曜だからか。

 

アエロメヒコ航空の
カウンターは空港の外まで出る勢い。

 

 

でもプライオリティレーンは1組のみ。
上級会員、ビジネスクラスと
エコノミークラスとの差別化が激しい。

 

私が乗るinteljetのカウンターが
見当たらない。

 

うろうろ探してみたがないので
あ、まだ開設してないんだな
と推測。

 

羽田や成田では
チェックインカウンターは
常に開いているが

 

外国では3時間前から
というような制約が多い。

 

ということで
Wi-Fi環境は相変わらずだが

 

ブログ原稿をさくさく作る。

 

でもそろそろ出発時刻の
2時間前。

 

カウンターは・・・
今開いた!

 

そうしたらこちらも
長蛇の列になりかけそうなので

 

ダッシュで並び、
20番目くらいに。

 

5分後にはやはり
アエロメヒコのように。

 

助かった。

 

でもこの日は
私にとってかなり
良くない日となってしまった。

 

ハバナから乗ってきたIJ2901便

 

・メキシコシティ行で出発120分遅れ
→Boardingボードが点灯したので並んだら、
使用機から乗客が降りてきた有り様。
点検、清掃を疑いちとビビる。
列が動かないまま100分は立っていた。

 

・3列の真ん中席で両サイドが100キロ超級男性
→窒息するかと思った。
ベルト着用サインが外れているときは
ずっとギャレーそばで立っていた。

 

・フアレス国際空港着陸後90分沖止め
→スペイン語で機長がなんだかんだ言ってるが
さっぱり理解できず。

 

・入国審査でいろいろしつこくスペイン語で聞かれ困り果てる
→確実なる嫌がらせ。東洋人嫌いか?

 

・ロストバゲッジし空港内で捜索120分以上
→まず何番のターンテーブル(carousel)か分からない。
→受け取り場所が2施設あることを職員4人目でやっと理解する。
→行ってみても当便名IJ2901の表示なし。
→聞くと、全部受け取り終わってるよの一言。ロストを確信する。
→聞き回るがスペイン語訛りがひどい英語でイマイチ確証ないままウロウロ。
→案内所は出口の先で、引き返せない場所にある。
→困り果てたので端っこで座り込む。
→あ、メキシコシティはWi-Fi環境に接続できることを思いだす。
→HPで調べてフアレス国際空港のアテンドセンターに電話する。
→イングリッシュプリーズで即対応してくれた。
→当該12番ターンの防犯カメラをチェックしてくれることに。
→入国審査で手間取っているとき、次の便のターン出しのため端にキープされているとの情報。
→係員の名前を聞き出し(Fernando)を大声で連呼。
→んは?的にフェルナンド登場。
→スーツケースの特徴を言って、預かってくれてないかを聞く。
→あーあるよ、ちょっと待ってな、といいつつ動かない。
→この状況でチップかい!と叫びそうになったが仕方なく渡す。
→職員しか入れない扉のすぐ横にキープされていたのがすき間から見えた。
→やっとの思いで出口に向かう最終で「Is foot contained in this?」と違う職員が二人がかりで質問してきた。
→スーツケースの中にフット?足?とジェスチャーをするが「ノン」の一言。
→頭の回転が鈍っているので悩む。
→結局、FootではなくFoodだった。訛りを聞き分けられなかった。
→Never!と少し声を荒げてしまった(後悔)。

 

・ホテル到着予定時刻を大幅に伸び、周囲の飲食店は全部閉店。ルームサービスも終了。

 

という状況だった。
ハバナが良かっただけに

 

メキシコシティへの恨み節
アリアリで就寝する。

 

すると隣の部屋の声が
結構聞こえてくる。

 

話終わったかなと思ったら
二人で大いびき選手権。

 

3時までは記憶している。
明日は6時起きなのに・・・。

 

でも明日(すでに今日)は
テオティワカン遺跡に!

 

それだけを楽しみに
ニヤニヤしながら眠りについた。

 

今日の自分を超える
明日になりますように。

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹剛