ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

打ち合わせの精度が上がる準備

今朝の山下公園です。

 

 

2019年9月3日 5:14 曇 氷川丸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月3日 5:15 曇 大さん橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気と気分は連動する
とよく言いますが本当ですね。

 

 

スカッと晴れている方が
好きだなぁと感じました。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

打ち合わせの精度を
上げるには、

 

 

会議やミーティングと
同じく

 

 

事前準備が必須です。

 

 

事前準備の内容として

 

 

・議論の結論を自身で想定する。
・思考や準備のプロセスを具体的に想定する。

 

 

この2点を踏まえておくことで

 

 

議論が白熱するといった本来、
打ち合わせの目的を果たせます。

 

 

併せて
打ち合わせ自体の時間が
短縮できる効果もあり、

 

 

一日でより多くの業務案件を
こなせるようになります。

 

 

仕事量が多く、かつ
仕事一つひとつの質も
要求される立場の方こそ

 

 

この方法をオススメしています。

 

 

通勤時間や
ちょっとした時間の合間を
ぜひ活用してみてください。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

痛みに耐えながら

さくらのお散歩は
トイレ散歩でもあり、

 

 

グイグイ私を先導します。

 

太めのリードがピーンと張っています^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅近くのセイレンジ公園。山下公園とは違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰の痛みがまだ
完全には引いていない中、

 

 

この力強さは困りものです^^

 

 

ということで
今朝は小山にいたため

 

 

山下公園定点観測は
お休みです。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

今日は楽しい予算会議に。

 

 

今まで理論の詰め込みを
行ってきたので、

 

 

社長もヒーヒー状態(苦笑)。

 

 

でも、今日から初実践で
社長の笑顔が止まりません^^

 

 

こういうことだったんだ!
そうかそうか!

 

 

の連続で、楽しそうに
予算表の数字をイジります。

 

 

経営者の顔ですね。

 

 

そうですか?いや~

 

 

明日から店長に
指示打診をします。

 

 

おー!
ナイスですね。
即実践は今年の
経営課題ですしね!

 

 

はい!

 

 

4時間経つのは
あっという間です。

 

 

このように
経営の楽しさを
これからもお伝えしていきます。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

理由とその改善

今朝の山下公園です。

2019年9月1日 5:06 曇

 

 

雲が渦を巻いているような
気がします。

 

 

ぎっくり腰4日目で
まだ運動はできず仕舞い。

 

 

でも、昨日と比べて
だいぶ痛みが和らいできました。

 

 

水曜日くらいからは
徐々に再開していきます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

理由とその改善。

 

 

何か良い事悪い事が起きました。

 

 

で?どうする?

 

 

のスピード感って
非常に大事です。

 

 

社長が、

 

 

「緊急会議」全員集まれ!

 

 

は、皆、「え?何があったの?」
と身構えると思います。

 

 

中小企業サラリーマンは
ある意味日常。

 

 

意味をあまり理解
しないまま、会議に参加。

 

 

社長の熱弁。

 

 

は、はい……。そうですね。

 

 

は危険かもしれません。

 

 

世間的に
イレギュラー
叩かれる案件ならば

 

 

まぁそうかな。

 

 

でも違うんです。

 

 

社長業の一つに

 

 

「社内のだれよりも良し悪しに敏感」

 

 

という仕事があります。

 

 

アンテナ役です。

 

 

このアンテナに対して

 

 

ん?は中小の幹部は
ダメシンクなのです。

 

 

ん!この件かな?
と感度MAXが必然。

 

 

知らない、スルーは
命取りになることも。

 

 

一気に経営危機に
なる可能性もあります。

 

 

大企業は
資本力の恩恵で
この手はほぼ起こりません。

 

 

でも、
そうでない企業は
いつ起こるのかは分かりません。

 

 

新聞を始め各メディア、
世界情勢というマクロ視点は
中小の幹部の方が敏感に。

 

 

学生時代
勉強を頑張ったから
大企業に入れる可能性が上がる。

 

 

これは、
勉強することが習慣になっている(た)から。

 

 

自戒も含め皆さん
勉強しましょう。

 

 

決して損はありません。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

懐かしい思い出

今朝の山下公園

2019年8月31日 5:31 晴

今日もきれいな景色で
うれしくなりました。
ぎっくり腰3日目で
エクササイズはお休み。
せっかく良い習慣に
なりつつあるので
早く治したいです……。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
タブレットのみで外出。
ちょっと息抜きの日です。
こんな感じで、デレ~と
したい気持ちです。

完全に休憩中^^

 

 

 

 

 

 

 

 

高校卒業まで
よくウロウロした池袋に
一日行きました。

 

 

変わってましたー!
当たり前なんですけどね。

 

 

でも、そんな中、

 

 

あ!この店覚えてるな~

 

 

あ~ここでチーマーに
絡まれたな~

 

 

とかとか、全部が懐かしい。

 

 

ちょっとノスタルジーに
ひたりながら

 

 

結局仕事のことを
グルグル考える日でした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

かなりオトクに

今朝の山下公園は

 

 

2019年8月30日 5:17 晴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか大きい太陽で
ちょうど日の出タイム。

 

 

でも、その1時間後
雨・あめ・アメ。

 

 

天気が変わりやすい
一日になりました。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

今日は、久々に
飛行機ネタです。

 

 

飛行機でトクするぞ!
「国際線ファーストクラス編」
です^^

 

 

なかなか、とっても
ハードルの高いファーストクラス。

 

 

現在は
ビジネスクラスの環境が
とても良くなり、

 

 

ファーストクラスは
需要が減る傾向にあるようです。

 

 

ボトルネックはやはり価格。

 

 

羽田⇔ロンドン(ヒースロー空港)
往復のお値段はこちらです。

 

 

う~む、車買える^^

 

 

 

 

 

 

 

 

2,838,110円也。。

 

 

やはり一部の方しか
利用できませんよね。

 

 

次はこちらの画像を
ご覧ください。

 

 

165,000マイルって?

 

 

 

 

 

 

 

 

特典航空券の仕組みを使うと、
必要マイル数165,000マイル+税金・料金等で60,110円也。

 

 

んんん?

 

 

280万円オーバーが6万円?
97.8%OFF??!

 

 

マイルを貯める一番の意味は
これなんですよね。

 

 

そうなんです。

 

 

貯めたマイルを使う時は
ファーストクラスに乗るのが

 

 

一番、「マイル単価」が
高くなります。

 

 

マイル単価=必要価格÷必要マイル数
で簡単に計算できます。

 

 

ここで数字を当てはめてみると、

 

 

2,838,110円÷165,000マイル=17.2円

 

 

ちなみに、
一番マイル単価が低いのは
「現金」との交換です。

 

 

なんとマイル単価は「0.9円」…。

 

 

単価倍数は、17.2÷0.9≒19.1倍。

 

 

現金に換えるより、
ファーストクラスに乗る方が
19.1倍分のマイル価値が
上がるという計算です。

 

 

せっかく貯まったマイルは
ファーストクラスに乗る
もしくはビジネスクラスに

 

 

使うべきでしょう。

 

 

そして、実は、マイルって

 

 

購入もできます。

 

 

ヤフオクなどで販売
されています。

 

 

今回、私のケースですが、

 

 

特典航空券ビジネスクラス
(必要マイル数は90,000マイル)
の空席待ちをしています。

 

 

しかし、今年の8月からANAは
新しいビジネスクラスのシートに
なり、結構空席が出てきません。

 

 

そうなると、マイルを購入しても
ファーストクラスの方が確実に
搭乗できると判断しました。

 

 

元々、92,000マイルほどは
自分で貯めていました。

 

 

そこで、必要マイル数である
165,000マイルにするには
73,000マイルほど足りません。

 

 

購入単価はおよそ1.9円。
約14万円を支払い、
プラス6万円で約20万円で
ファーストクラスに乗るという

 

 

野望を選択することにしました^^

 

 

フフフ、うまくいったら
初ファーストクラス。

 

 

楽しみです。

 

 

でもまぁ、
定価でも乗れるように
なれるのが、

 

 

一番良いんですけどね^^

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛