ハラル・ハラールの本質とは何か?


皆さま、こんにちは!
店長養成道場 道場主 兼
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

——-P     R————————————-

店長養成道場が着々と進行中!

http://tenchoyouseidojo.com/

————————————-P     R——-

とにかく圧倒される規模です。すばらしい!

とにかく圧倒される規模です。すばらしい!

昨日はハラールに関するセミナーを受けてきました。

結論から言ってしまいますと、とっても魅力的な
お話しばかりでした。

しかも、6時間みっちり教えていただいたのに、
農林水産省の補助事業という位置付けでしたので
無料でした!

いつもながらJHTCさま、ありがとうございます!
http://www.jhtc-haccp.org/

今日は覚えたてのハラールについて考えてみます。

そもそもハラールとは何のことでしょうか?
一言で表現すると、イスラム教で

許されている物
許されている事

ということだそうです。

逆に、許されない物・許されない事は
ハラームと言います。

イスラム教という単語から発想する
イメージとしては、テロを始め、
怖い印象を受けがちですが
今回は飲食について進めていきます。

イスラム教の教えは「コーラン(クルアーン)」
という経典(聖典)に書かれています。

その中で簡単に表現しますと、

■ 豚肉【豚由来のもの】
■ 酩酊させるアルコール

を食べたり、飲んだりしてはいけない
と書かれています。

豚を由来として作られた製品は非常に
多いので、知らない間に摂取してしまわ
ないように注意をしなければなりません。

豚由来の物は色々な製品の中に
含まれています。

・コーヒークリーム
・チーズ
・薬のカプセル

意外なところにも入っていますね。

厳格な事として、工場内のラインで
一度でも豚由来の物が通ったら、
洗浄したとしてもそのラインは使えません。
(宗教洗浄という方法はあるそうです)

このように細心の注意を払って、
イスラム教を信仰されている方への
サービスをご提供するための
ノウハウは勉強のし甲斐があります。

対象人口は約18億人。
マーケット規模は310兆円
とも言われています。

これをビジネスとして展開
していかない手はない
ということです。

飲食店はチェーン店を中心に
ハラル対応をしながら
経営を進めています。

麺類を取り扱う店舗は人気が高く、
うどんも大好評です。

そのような環境下で私はひとつ
考えたいことがあります。

それは日本で成功した味を変えずに、
ハラール対応をするだけで、販売展開を
するのはどうなのだろうかと思います。

おふくろの味は各国それぞれだからです。

また今のASEAN諸国で経済的に豊かに
なってきている国では糖尿病の患者数が
激増しているようで、これは食生活を
変えていきたい意志があると推測できます。

ということで私はこのような
事業開発をしようと考えました。

1.日本での原材料の生産・加工を行う。
2.なので工場はHACCP+HALALシステムに。
3.ASEAN諸国への輸出と高品質を売りに国内でも販売。
4.各国で店舗の立ち上げプロデュース。
5.各国の文化やハラルと日本文化の融合。
6.日本の良き文化・風習の紹介。
7.健康でおいしく、みんなハッピーになるメニュー。

ベースは牛肉にしようかな、と考えてます。

大きな目標が出来ました!

店長養成道場 道場主 兼
アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

カテゴリー: ハラーム, ハラム, ハラル, メッカ, 融合 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

本当のHACCP(ハセップ)を実行し続ける最大のポイントとは?


みなさま、こんばんは!

株式会社チームのちから
店長養成道場 道場主 兼
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

本日までの3日間、JHTC
(Japan Haccp Traning Center)主催の
HACCP研修を受講してきました。

JHTCのホームページはコチラから
↓↓↓
http://www.jhtc-haccp.org/

wst1408140001-p1

工場内の衛生管理はとても大切ですね!

食品工場のトータルでの衛生管理を
しっかり学んできました。もちろん
リテールハセップ(小売業のHACCP)も
教えていただきました。

凝縮してお話しすると、本当のHACCP計画は
消費者に重篤な悪影響を及ぼすことに焦点を
当てて、しっかりたたくことを意味しています。

その手前にある一般衛生管理との区別の仕方や
HACCPチームを編成したりとか、
細かいところまでみっちりしごかれました(笑)。

先ほどまで、テキストを見直して、
しっかり記憶にとどめる作業をしていました。

ノウハウやこのようなイレギュラーやリスクには
このような措置をしたり、対処したりする方法は
学べましたが、一つとても気になる内容がありました。

それは・・・

経営者のコミットメントを図り続ける

でした。

JHTCでは経営者(社長)対象の
ワークショップもメニューとしてお持ちです。

でも、受講されるのは「工場長」や「役員」
の方ばかりだそうです。社長ご本人は
参加されない・・・。

これは悲しい現実でした。

食の安全は部下が守ってくれるのでしょうか。

それとも、HACCPのことを熟知している
という自信があるのでしょうか。

両方大きな間違いです。

会社の旗振り役は社長しかできません。
副社長・専務・常務・取締役は一時だけ
社長の代わりを勤めてくれるだけです。

ぜひ受講していただきたいものです。

しかも、「図り続ける」ということは、
社長が食の安全に対するモチベーションが
続かないということでしょうか。

日本の向上の衛生管理状態はアジア諸国と
比較すると、先遅れ感があるそうです。

日本企業の資本でアジア圏に多くの工場を建て、
日本自体が遅れているというのは皮肉なものです。

ぜひ、東京オリンピックに向けて奮起して
いただきたいものです。

店舗経営も「経営者のコミットメント」は
とても重要です。

お客様の何にコミットするのかを明確にして、
アピールすることこそが他店との差別化です。

来週は宗教上食べられない食べ物がある「ハラル」
について勉強してきます!

工場内のラインを区分しても、粉末状になった食品が
空気中を浮遊してハラルのラインに入ってしまったら・・・。

学びは楽しいですね。

店長道場主 兼 アルバイト活用コンサルタント
植竹剛

カテゴリー: HACCP, ハサップ, ハセップ, 一般衛生管理, 計画 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

第1回 店長養成道場を開催しました


店長養成道場 道場主 兼
アルバイト活用コンサルタントの
植竹剛です。

一昨日の11月20日に第1回店長養成道場を開催致しました。

直前でのご案内にも関わらず3名の方々にエントリーして

いただきました。内1名の方が欠席でしたが、有意義な時間を
共有できました。

DSC_0967
店舗での人間関係をテーマにしていましたが、議論が進むに
つれて、「自己理念」を持つことが最良であるという流れになり、
A4一枚のワークシートを使っての自分自身の掘り下げに
発展していきました。

次回もこの自己理念=MY理念の続きを行います。

もちろんその他のテーマでも並行して行うのが道場です。
各々のレベル、課題に付き添うことをテーマにしています。

次回は12月4日(木)18:30~20:30
会場は横浜元町の開運カフェ&ダイニング
はこにわプレートです。

詳しくは下記HPをご覧ください。
店長養成道場HP
http://tenchoyouseidojo.com/

カテゴリー: MY理念, 店長養成道場, 理念, 自己理念 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする