ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

JR東日本の立ち食いそばを検証した ~「いろり庵」と「いろり庵きらく」~

以前のブログで「いろり庵」のことを書いた。たぬきそば770円。大量の天かすに驚いた。

 

 

チャンスがあり、今度は「いろり庵きらく」のたぬきそば400円にありつけた。ちがいを検証してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店は、立ち食いコーナーとともに、イスもある店。でも4人席などはもちろんない。

 

 

座って食せるのはカウンター形式だ。午前10時すぎで客はわたしだけ。コロナ密対策もバッチリだ。

 

可動式パーテーションで隣客をケア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆでてますので、少々お待ちくださいませ~という声掛けにちょっとうれしくなる。茹でたてをいただける証拠である。これもピーク時では経験できない。

 

 

うん?こうなったんだね。これも対策の一つだろう。

 

コスト節約にもなるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2分ほど待機して「たぬきそばご注文のおきゃくさま~!お待たせしました!」との合図で取りに行く。いろり庵では持ってきてくれたのでこのあたりが値段の差か。

 

天かすとネギのみ。シンプルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターまで、七味とすりごまを掛けに行く。「いろり庵きらく」はごまが置いてあるのがうれしい。

 

 

着席しなおして、いざ。汁は濃いめだが後味はあっさりする。兄貴分のきらくとはちがう味だ。天かすが汁を吸いながらも、最後の抵抗をして「カリっ」という食感にもありつけた。これこれ、これがたぬきそばのだいご味。

 

 

味は総じて、「いろり庵きらく」の方に軍配が上がる。こういうお店で求めるのは「手軽な美味しさ」だと思う。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

駅そばならば「いろり庵きらく」の勝利。370円の価格差ならば、あと30円足せば2杯食える。この差を埋めるだけの味、サービスは「いろり庵」では感じられなかった。

 

 

でもこの差は「求めるサービス」によるちがいだ。兄貴分を否定するつもりはない。

 

 

サービスの多様化により、飲食店は更なる向上が求められている。このコロナ禍をどうぞ乗り切り、本来の勝負をしてもらいたい。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

超人気店に並んで入ってみた ~まぜそば やまの~

高校の同級と久しぶりに会った。現役当時からお互い大食漢で、定食屋で2品は当たり前だった。テニス後に「腹減ったな」ということになり、「植竹、いい店知らないか」ということで二子玉川から練馬まで移動。

 

 

練馬は植竹の故郷で、非常に懐かしい。いつ開店したかは分からないが美味しいお店として有名な「まぜそば やまの」へ行ってきた。

 

半地下のお店。すでにお一人並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

密を避けるため11時30分開店のところ、11時すぎに到着。2・3番目という良い位置に付けた。友人と、ずいぶん食事量が落ちたこと、コロナのこと、テニスのことをマスク越しにヒソヒソと話していると、「お待たせしました~」の号砲により入店^^

 

店は奥にあり、手前は「出水」というカラオケ(スナック)がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10mほど歩くと券売機のお出ましだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、「まぜそば」と「トロ豚飯」をチョイス。50手前でも、まだまだ食えることを確かめたい。

 

 

入店すると、店員の若いおねえさんに「食券お預かりしま~す。はい、にんにくとニラは入れていいですか~?」と聞かれたので、「はいお願いします」と伝え着席。

 

店内風景はこのような感じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロさの演出もあり、すぐになじめた。改めてメニューをチェック。後追い現金払いも可能のようだ。

 

次回は煮干中華だな、と心で思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯やりたいのはヤマヤマだが、長居はできない。ガマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ターン目は12名が着席。まだ入れるがお店の密防止策であろう。結構並んでたのね。さすが人気店。

 

 

相変わらず、友人と小声で会話をしていたら、先に「トロ豚飯」が着丼。

 

ご飯よりも豚肉の方が体積が大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおい、やる気にさせてくれるじゃないか!と思いながらパシパシと写真を撮っていると、主役のまぜそばも着丼。

 

けっこう大きい丼。左がトロ豚飯だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長ネギ、ニラ、角切り海苔、節粉、にんにく、ピリ辛ひき肉、黄身と色どりもジャンクの割に良い。さっそくまぜまぜしていただく。

 

おっと、儀式はしておかないとね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

第一印象は「ヘルシー」だ。ニラ・ネギのシャキシャキ音が口の中で奏でる。その後、節粉のザラツキとともに、麺タレのしょっぱさとニンニクの香りが鼻から抜ける。こりゃ楽しい。

 

 

食べ進めて気づいたのだが、意外とオイリーでないことだ。油そばとは一線を画している。そして麺とW主演の「ピリ辛ひき肉」は、うなる旨さ。単体でいただいてみたら、「ビール」と思わず発してしていそうな逸品。やっぱりこういうのがしっかり美味しくないと、ここまでの人気店にはならないよね、と自問自答しながら黙々といただく。

 

 

スープの下には大量のピリ辛ひき肉が待ち構えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものの数分で平らげたら、美味しい第2ラウンド。割り汁を追加してスープとしていただく。水面下にはピリ辛ひき肉が「早くすくい上げてくれ」と待っている。

 

 

少しかきまぜながらいただく。う~~~ん、いいね~~~。汁はあっさりだが、丼の中に、ニンニクやニラ、節粉などがまだ残っているので、それも溶かしながらいただくと複雑な味になってくれる。あ~楽しい。(2回め)

 

 

汁が少なくなったので、残しておいたごはんを飛び込ませた。

 

第3ラウンドまで楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい、楽しい、汗かきオッサンが二人。懐かしいも加えておく。

 

 

大満足でお冷をあおっていたら、こんな説明書きを見つけた。

 

おいおい!「酢を入れて」って見えてなかったぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人とも老眼が進み、「なんか書いてあるな」ということは認識していたが、指南書であったとは気づいていなかった。

 

 

宿題をいただいた感覚になりつつ、店員のおねえさんに「ねえねえ、052ってどんな意味があるの?」と聞いてみた。忙しそうにしていたのに笑顔で「052って名古屋の市外局番って知ってます
?」「うんなんとなく」「それが理由みたいですよっ!」と言い残して、さっそうと次の客の対応をしていった。

 

 

友人と顔を合わせて、「意味わかった?」「いや」「こりゃ宿題だな」「だな、また来いってことなだ」とオッサン二人がブツブツ言いながら、お店を後にしようと「ごちそうさま~」というと威勢の良い「ありがとうございました~」にまたうれしくなる。と同時に「熱い視線を浴びながら」退店した。

 

 

11:55くらいだったか。数十人の並び客全員と目が合いながら、「どうだ旨かったろ!」と言われているようで、すごすごと辞した。

 

 

このようにコロナ禍を防ぎながらでも「お店探訪」はできる。狙い目は「開店直後」だ。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

美味しいが・・・ここだけは直してほしい店 ~東京グリルセンター~

通りがかりに、派手な看板の店を見つけた。

 

後日撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭看板でのウリは「超炭酸ハイボール100円」これは安い。あまり時間がなかったので、1杯1品と決めてオーダーした。ファーストドリンクのスピードは速く、接客も不快な点は見当たらない。開店直後ということもあり、トイレの清潔感もある。

 

 

10分ほどで、オーダーした「チキン南蛮」が着皿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めに言うが、これは「リピ(リピート)確定」の旨さだった。甘辛のタレに唐揚げをくぐらせ、自家製を思われるタルタルがドッサリ。

 

 

揚げたて、鶏肉超絶ソフト、タレ旨し、タルタルの食感最高!と4拍子。口の中が美味しさで満たされた後、ハイボール効果でスッキリさせてくれる。

 

 

うれしさ → ハイボール → 楽しさ → ハイボールの順に幸せがつづく。

 

 

ほんの20分ほどの来店であったが、良い店を見つけた。再来店をしたいので、ここで唯一の難点を最後に申し上げ、改善をお願いしたい。入店時の出来事だった。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

何が惜しかったのかというと、「店頭を見ていない」ということなのだ。

 

 

コロナ禍対策として、夜の営業が始まる17時ちょうどに入店。店頭で誘導を待っていると、1分ほど声が掛からない。いじわるではないのだが、あえて待ってみることにする。

 

 

するとほどなくして、「いらっしゃいませ~!」と厨房からの声。「お好きな席へどうぞ~」に「はい~」と返答。

 

開店直後なので、まだ来店はないだろうという思いが透けて見えた気がした。

 

 

売る気があるなら、売上がほしいなら、店頭への意識は絶対に外れないものだ。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

あえて苦言を呈するのも植竹の使命と勝手ながら申し上げた。ぜひコロナ禍を乗り越えていただきたい。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

すごいパンチ力だった ~麺屋武蔵~

一杯やってきた後、いつも気になっていた店に遭遇した。それは「麺屋武蔵」。トップのビジョンをはじめ、非常に誠実な会社なのだろうと思わせてくれる店だ。

 

 

体型は気になるが、酔いの勢いもあって入店^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

券売機前で迷いに迷う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉原店は「麺屋武蔵 武仁」ということなので、「濃厚 武仁つけ麺」をプッシュ。

 

 

元気良いオーダー復唱が入り、調理にとりかかってもらった。LINEチェックをしていたら、着丼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいなビジュアルとともに、お肉と麺の多さに驚いた。誤って大盛を注文してしまった。でもせっかくなので、ガッツリ選手権を一人で開催した。

 

非常に柔らかい。箸で簡単にほぐれる肉。

 

 

 

 

 

 

 

 

つけ汁に肉をダイブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は、美味しさを感じながら堪能。後半は、完食に集中する。

 

 

つけ汁の味は一言で、おっしゃる通り「濃厚」。でも不思議とお冷お替りということでもない。一気に食せる濃さだった。これは店としての努力を感じた。

 

 

やはり真剣にラーメンに向き合っているのだろう。心地よさと潔さも感じられた。訪れた時刻は22:30閉店の30分前で、客は数名であり、密は防げると思い入店した。

 

 

コロナのことを無視するのではなく、かつ十分に注意すれば飲食店への来店はできると持論で、探訪を続けている。もちろん、ランチ時などのピークタイムでの入店はあえてしていない。

 

最後は気合いかつ美味しく完食。

 

 

 

 

 

 

 

 

齢50を手前にして、この時間帯にこの量は正直誤った。しかし上回る楽しさ、気概を感じられた。食事量をコントロールした上で、再来店をする。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

滝汗のでる旨いカレー居酒屋さんに行ってきた ~トプカ 神田本店~

本当に面白い店だった。それは「トプカ 神田本店」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチ時は、カレーがバンバン売れそうなので、「密を避け」るため、夜営業が始まる17:30に伺った。

 

 

カレー居酒屋というスタイル、植竹はあまり来店した記憶がない。興味ありありで入店^^ とその前に、面白い人形に出会った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に特徴的。一度見たら忘れないだろう。この人形についての秘密は、このあと女将さんに聞いて知ることになる。

 

 

ランチメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

ほうほう、これがランチメニューか。男性客を意識されているのか、ボリューム感がある。夜でも食べられるのとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはハイボールでのどを潤す。うまい。そして初めに驚いたのは、「魚」の旨さだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぐろの中落ちだ。くどくない油が乗りまくりで、非常に旨い。旨さのスタートダッシュが決まると、酒のすすみは普段以上に加速する。つぎにシマアジの刺身をオーダーしたが、途中まで食べ進めたところで撮影していないことに気づく失態。画が汚いがご勘弁いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも非常に美味。思わずお替りしたくなるくらい。つぎはニラ玉をお願いした。

 

赤いのは唐辛子。カレー屋さんの片りんが見えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵のふわっとした食感のあと、「うん!からい」に変化するスピーディーさが楽しい。店内に客が入り始めたので、フィニッシュを急ぐことにした。

 

「キマ」カレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーマではなく、キマと書かれていた。辛さよりもまったりさに印象。ナンにつけてパクリ。口の中にスパイスの香りがひろがる。併せて生たまねぎをかじる。これも非常に楽しい。

 

 

ポークカレー

 

こちらも食べかけてから撮り忘れに気づく。申し訳ない。今日のイチバンの驚きはこのポークカレーだった。ひっじょ~に(非常に)うまい!ぜひおすすめする逸品。

 

 

でも、辛さが不得意な方は要注意。非常にうまいが、非常に辛くもある。辛いものが好きな植竹は大好物の一つになった。タイトル通り、食後10分以上は滝汗が止まらなかった。

 

ナン

 

しっかり脇を固めるナン。フワとモチが混在。ランチ時は別オーダー必至。

 

ライス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堅めに炊かれており、シャバシャバ系のポークカレーとの相性バツグンだった。

 

 

「女将さん、店頭の人形はマスターに似せたのですか?でも、あんまり似てないかも」

 

 

「いや~実はあの人形、ヨーロッパに旅行に行ったときに買ってきたものなのよ!」

 

 

「え~そうなんですね!買ってきた人形をロゴマークにしちゃってるんですね!」

 

 

「そうそう、ちょっとこわいけどね^^」

 

 

ごあいさつはできなかったが、オーナーは豪傑なのだろう。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛