店舗経営チーム力強化ブログ「チームの力」を立ち上げました!!


はじめまして!
「店舗経営のチーム力強化」を支援している
店舗チーム力向上コンサルタントの植竹剛です。

これから、店舗経営でのさまざまな課題や問題
が解決するヒントになるようなブログを発信して
いきます。

今では「店舗経営チーム力向上コンサルタント」
と名乗っていますが、
実は私も苦い経験をたくさんしてきました。

■その1(長くなります。お付き合いください)
大学を卒業し入社した
株式会社ロッテリアでのことです。

2年目の23歳のとき、店長の右腕として
配属された店舗は当時売上が全国約600店舗中、
ベスト10に入る店舗でとても忙しい店舗でした。
一坪当たりの売上高は全国トップでもありました。

その店舗の営業時間は6:00~23:00。
気づくと「通し」になっていたことも
しばしばありました。

それでもこの業績を落とすわけには行かない!
一心でシフトに入っていました。

オペレーションだけではなく、飲食店経営の
さまざまな管理業務も併せて行っていました。

集客面では
・営業計画作成
・ケイタリング計画作成
・クーポン券折込計画作成

店舗運営面では
・シフト管理・交渉(併せて人件費管理)
・すべての在庫管理(冷凍・冷蔵・包材など)
・販売管理(プロダクトコントロール)
・QCS(マクドナルドはQSC)管理

などです。

ある日、頭は寝ぐせ、目はうつろでいかにも
「二日酔いです」と顔に書いてあるような
中堅レベルの大学生アルバイトがシフトイン
してきました。

しかも、ちょっと「遅刻」です・・・
まったく悪びれた様子もなく・・・

学生アルバイト:「●●シフト入りま~す」
私:「帰っていいよ」
学ア:「えっ?」
私:「聞こえなかった?帰れ!」

完全に私のエゴでした。
「自分はこんなに頑張っているのに」
「ふざけたヤツは絶対に許せん!」

「業績への責任」と自分の性格を
無意識にすり替えていたのです。

そのアルバイトは次のシフトから
無断欠勤をしてそのまま退職になりました。
本当に申し訳ないことをしました。

それでも当時は手を緩めることはできません。
手の洗い方が雑だと、「やり直せ!」
バーガー類の出来栄えが悪いと「作り直し!」

そしてファストフード店なのに
お客様をお待たせする。

その結果、シフトでの要員不足が
目立ってきました。

そして、そうです!「業績が下降」
してきたのです。全国ベスト10からの陥落です。

最悪な時は約120名ほど在籍していた
アルバイトは約30名まで減りました。
完全に要員不足です。他店からの応援で
なんとかしのいでいました。

応援の方々も一生懸命頑張って
いましたが、「意思の疎通」までには
至らずにチーム力は減退するばかり。

「なんでだ!!!」
「どうしてなんだ!!!」

自問自答を繰り返しました。

そんな時、突然店長の異動劇です。
「ア~、俺のせいだ・・・。
とんでもないことをしてしまった」

新しい店長は3日間ひたすら店舗の
クレンリネスを実践され、4日目に
私は呼び出されました。

店長:「植竹君は何のためにこの仕事をしているの?」
私 :「はい、店舗の業績向上のためです」
店長:「ふ~ん、そうなんだ」
私 :「ほかにあるんですか?」(すでに詰問調)

店長:「仕事するのやめちゃいな」
私 :「はい?今なんと・・・」

店長:「うん、だから仕事止めちゃいな」
店長:「植ちゃん、明日から7日間有給消化ね!はっはっは~」

衝撃でした。
完全に戦力外通告だと思いました。

休み中は生きた心地がまったくしません。
何も手につきません。

しかし、たったの一週間で業績が
戻り始めていました。

しかも復帰した時には既存、応援半々で
オペレーションをしていて、忙しそうに
しながらもアイコンタクトがしっかり
取れていました。

休み前、お見かけしなかった常連様も
ご来店されていました。アルバイトは
とても楽しそうにお客様と
会話をしていました。

「チームの力」がはっきり見えた瞬間でした。

私 :「店長!どうしてこんな短期間に・・・」
店長:「おう、植ちゃんお帰り! ちょっと疲れたから交代してよ」
店長:「どうしてかはアルバイトに聞いてみな」

リーダー:「あっ!植竹マネジャーお帰りなさい!」
私   :「俺の休み前後で店舗の雰囲気がガラッと変わったね」
リーダー:「そうですか?店長からの指示は一つだけでした」

私   :「なんだったの?」
リーダー:「みんなを褒めて回れ、でした」
リーダー:「竹マネがここまで鍛えてくれたから、
今こうしてレベルが上がったからですよ!」

今こうしてブログを書いていても涙ぐみます。
このリーダーアルバイトはロッテリアに就職し、
店長にまでなってくれました。

社員になるときには
私の持っているビジネスバッグの
色違いを買ってきました。
マネをしてくれたんですね。うれしかったです!

ちなみに私を指導してくれた店長の方とは
今でもコミュニケーションを取り合っています。
私よりも短気な一面もあります(笑)

最後にロッテリアではアルバイトのことを
「メイト(仲間)」と呼びます。

■その2は今後発信していきますね。

今までのお問い合わせで一番多いのが「人」の問題です。

●アルバイトが不足して社員がワーカーになっている

●アルバイト採用はしているがすぐに辞めてしまう

●接客クレームが絶えない

このような現象は店舗経営においていろいろな
シグナルを発しています。

信号で例えるとだと「黄色→赤色」の中間という
ところでしょうか。

チームの力を本当に発揮させるためには、
経営者の想いである「経営理念・企業理念」
の浸透から考えていく必要があります。

そして、店長が起業者ではない場合、
店長の理念(人生観)から考えていきます。

きっとあなたのお役に立てると思います。
これから宜しくお願い致します。

株式会社チームのちから 代表取締役
店舗経営チーム力向上コンサルタント
植竹剛

カテゴリー: チーム力, 店舗経営 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする