ブログ

代表取締役 植竹剛の「植竹流げんきになる」ブログ

植竹が実際に体験・経験したドキュメントをベースに、何かのお役に立てるよう毎日書いています。

天下一品のラーメンは苦労と努力の結晶だ

昨日は大戸屋、今日は天下一品。

 

 

創業者はみな、人として強烈なインパクトがある。これは見習わないと損をする。ということで、今日は天下一品の木村 勉氏を書いていくことにした。

 

 

木村氏の公式プロフィールは天下一品HPから引用した。

昭和46年、京都で一人の男が
ラーメンの屋台を引きはじめた。

大阪万博が開かれた翌年、昭和46年(1971年)、
京都で一人の男がラーメンの屋台を引きはじめた。
それまで15年間勤めていた会社が倒産。
持ち金3万7千円、拾い集めた廃材を
板金職人の友人に組み立ててもらってのゼロからのスタートだった。
現在、天下一品グループ5社を率いる木村勉会長、36歳の時である。

 

 

これだけでも相当壮絶な半生であると言える。でも、ここからさらに4年の歳月をかけてあの「こってり」が生まれた。これだけで40歳になっている計算だ。

 

 

公式には書かれていないが、ラーメンの世界に入るまでにはさまざまな職業を経験された。Oさんいわく、「植竹さんの半生とかぶる点が多いですね。いろいろなことを経験されて、すべてが肥やしになっているわけですね」と語ってくださった。

 

 

植竹と木村社長と比べるのは滑稽だが、「結果が出るまでやる。成功するまでやる」という精神は、私の仕事での師匠である亡父も同じことを言っていた。くしくも、木村社長と同じ年生まれである。戦前生まれの方の強さには本当に敬服するばかり。

 

 

そのようなわけで、売上貢献させていただいた。

天下一品関内店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭照明がついてたり、ついてなかったりはおもしろい。まぁそんなことより入店入店^^

 

 

とその前に、このような目隠しラインを発見。

うまいラーメンは、うまいスープを知る者から。うまいスープは、うまい素材を知る者から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけスープに自信と愛着があるのだなと思わせる。さて本当に入店^^

 

 

威勢の良いあいさつにつづき、即オーダー。こってり並、ねぎ増し。

 

 

5分ほどで着丼。待たせてはいけないという社長のフレーズ通りだ。

 

いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、知人が「風邪の引きはじめなら、テンイチのこってり大盛食べれば次の日治る」と何度も言っていたのを思い出しながらいただいた。うまい。そして腹持ちがよい。

 

 

最近は大盛やセットをいただくことはなくなったが、週に2度は「テンイチ」を思い出していたものだ。病みつきになる味とはこういうことなのだと知らされた。

 

 

スープを少し残したが完食。5分かかっていなかったと思う。好きな食べ物をいただくということは、こういうスピードでいただくものだ。

 

 

天下一品は店舗によっての特性が異なるメニューもあり、非常に楽しい。関内店ではないが「にんにく入れますか?」と聞かれたり、八宝菜がメニューにあるお店も過去にあった。

 

 

同じ看板でも、完全に同じ商品を出すという必要はない。ただし、このスープを除いて。これからも末永く我々を楽しませてください。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

大戸屋の命運は2015年に尽きていたのか?

飲食チェーンの中でもよく通った大戸屋が今、揺れている。

 

 

創業者である故三森久実氏は「モスバーガーの定食版」を目指したと、あるOBが語っていたという記事を見つけた。東洋経済ONLINE記事

 

 

さらに植竹が分析すると、以下のような要素が顧客を引きつけたのだと思う。

 

 

1.「たて感」があった。

 

出来たて、揚げたて、焼きたて、炊きたて。この「たて感」は顧客のハートをしっかりつかんだ。ロッテリア出身の植竹が思う、「マクドナルト・ロッテリアのハンバーガーとはまったくちがうもの」であったモスバーガーのハンバーガーにもこの「たて」がある。

 

 

2.週3通っても飽きがこない

 

食べ物に「飽き」がくるのは、あまり美味しくもないが、腹が減っているので仕方なく欲求を満たすという、作業的意味合いを含んだときに感じることだと思う。

 

 

2004年当時、週3通った大戸屋にはその“飽き”という感覚はこなかった。「月曜日は肉料理 ⇒ 水曜日は魚定食 ⇒ 土曜日は小鉢で一杯」というようなローテーションをしていたのをよく思い出す。週3行っても飽きないお店という称号は、飲食店での誉れであると思う。

 

 

3.孤食でも家庭を味わえた

 

女性をターゲットにしたのが功を奏した。かつて単身赴任を経験した植竹も、夜仕事が終わり、車を走らせていて、大戸屋の青い看板を見つけると吸い込まれるようにウインカーランプを点滅させていた。

 

 

これは家庭感とも言い換えられると思う。一人暮らしでも両親や兄弟たちと食卓をともにしたあの光景がイメージできる料理や雰囲気が大戸屋にはあった。あくまでも家庭料理を味わえたことを言いたいのではなく、「家庭」を味わえたのだ。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

昨日も事務所にほど近い大戸屋のお店を訪ねると、場所柄もあるだろうが、孤食者5名の内3名は女性であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内でキョロキョロ観察していて、厨房をみたとき目が止まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影したのは、金曜日の夜7時すぎ。本来ならば焼き物食材がどんどん焼かれているべきなのに、直火コンロの種火が小さくユラユラと揺れていた。今の大戸屋には哀愁すら感じられ、当時植竹が好きだった大戸屋の姿は薄れている。

 

 

大戸屋というお店は、2015年の創業者の死とともに終わったのか。いや、心をともにした社員やFCオーナーによってこれからも立て直しは可能であると植竹は見る。

 

 

しかし、一番のウリを手放したらコロワイドの傘下になる。ここで再度原点に立ち返り、何のために久実氏は大戸屋を事業として立ち上げたのか。顧客の笑顔のためではなかろうか。決してお家騒動やお金のために立ち上げたのではないことは断言できる。「”顧客の笑顔”などと、子どもじみたことを言って」と現経営陣が解釈するならば、私は当社株を手放す。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

 

 

 

商売の原点を見た ~声掛けの大切さ~

1週間くらい前に、朝一での打ち合わせ後フラっとJR上野駅からJR御徒町駅間にある「アメヤ横丁」を通り抜けながら次の仕事へ。

 

 

御徒町駅方面からの入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中なので、まだ3密にはならないだろう。

 

 

なにかブログ記事のヒントになることはないかなと思いながらブラつく。すると、すぐに気が付いた。通りを歩いている人へ「声掛け」をする店と、しない店がある。

 

 

植竹が子どもの頃は、「あんちゃん!お母さんにねだって!」とか、「お兄ちゃん!これ旨いゾ~!」という半ば強制的な声掛けでアメ横は有名だった。

 

 

また、ダミ声のお父さんが「安いよ、安いよ、これもおまけしちゃう!」とか、通行するどう見ても50代以上のおばちゃんに向かって「あら、お嬢さま!これ買ってって!」という楽しい声掛けも多く見られた。

 

 

でも、今のアメ横は変わった。良くも悪くも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品出しに精を出してはいるが、歩いている人を見ることはなかった。チェーン店の宿命か。

 

 

一方で、昔ながらのお店もしっかりあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたりの男性が常に声をだして、右側の店員さんはしっかり通り過ぎようとするふたりの女性へアイコンタクトをし続けていた。

 

 

この後、最初に足を止めてくれた通行人にしっかり会話をして離さず、次に足を止めてくれるまでの「サクラ役」をしてもらっていた。これも商売の基本である。

 

 

このようなThe商店街の風景は激減しているが、さすがアメ横、しっかり伝統は引き継がれていた。

 

 

「店頭での声掛け」はお店商売での基本であることを改めて教えていただいた。

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

20のポイントで総仕上げ ~パートさんアルバイトさんが育つ組織づくり50~

120回にわたって書いてきた「パートさんアルバイトさんが育つ組織づくり」も最終回です。ご愛読ありがとうございます。

 

 

今日はポイント20を箇条書きで書きます。バックナンバーですべて確認できる内容です。ぜひご覧ください。

 

 

育つ組織のつくりかた20

 

1.採用準備の段階から「育つ組織」の準備も始まっている。

2.理念のかみ砕きを日常化する仕組みをつくる。

3.経営計画は運営の羅針盤。精度が問われる。

4.求める人材像を明確にする。

5.求める人材が何を考え、問題を解決したいのかを考え、解決策を募集要項に入れ込む。

6.応募者はすでに「社内顧客」である。

7.愛社精神は様々な「仕掛け」によって育つ。

8.新人教育に全力投球。全員でバックアップ。

9.トレーナーに求められるのは「人望」である。

10.パート・アルバイトのキャリアプランは2つ。

11.キャリアを選ばせ、教育し、評価することが育つ環境。

12.仕組みは目的と狙いを明確にしてから作る

13.守破離の完全実施を

14.教育と評価の仕組みはワンセット

15.募集採用活動は常に継続(通年採用とは違う意味)

16.評価の軸は「今の問題解決と今後の目標設定」

17.人材一人ひとりの欲求段階を知る

18.処遇改善には「直接」と「間接」がある

19.チームづくり、チーム力強化の軸は「ES」と「CS」活動にある

20.評価の場を増やし、ほめる社風に

 

 

「人事に王道なし」とよく言われます。植竹もまさにその通りだと考える一人です。なので、多くの仕組みをつくっては壊し、つくっては変えを繰り返してきました。

 

 

人事とは組織が成長するための羅針盤です。経営と一対です。社長におかれましては、どんなに忙しくとも、財務の視点ばかりに目が奪われるのではなく、人事にも目を配りつづけてください。

 

 

明日からは新シリーズを書きます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

パートさんアルバイトさんの募集や採用、教育と評価、処遇・時給アップなどに関するZoom無料相談を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

 

ご連絡お待ちしております!

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛

従業員とお客さまの満足度を図で書いてみたその6 ~パートさんアルバイトさんが育つ組織づくり49-6~

従業員とお客さまが持つ「満足度」を図表して、関係性を考える6回め、最終回です。

 

 

これは植竹の持論であり、40年以上にわたってサービス業にかかわってきた集大成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見づらくてすみません。一つひとつ説明します。パーツは5つで構成されています。

 

 

一番下のバーは「1.個人のQOL(Quality Of Life=幸福感)」です。下から2番目のバーは「2.従業員間の人間関係」です。

 

 

2つのバーの上に、4つの三角形があります。青い三角形2つで青い逆三角形をはさんでいる形です。左・右・中の順で「3.評価 処遇」「4.理念 社風文化」「5.従業員満足度 ES」としました。

 

 

さいごに、赤い三角形は「6.お客さま満足度CS」です。

 

 

今日は、6.を書きます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

6.お客さま満足度 CS

 

 

やっと本来の目的であるお客さまの満足度についてになりました。遠い道のりですが、もれなく行えばかならずここまでたどり着けます。

 

 

図に注目してください。赤い三角形がお客さまの満足度を指しています。自分の幸福感、人間関係、評価・処遇、理念・社風文化、従業員満足度 ESの上に、頂点としてお客さまの満足度があります。従業員の幸せがあって初めて、お客さまの満足度は向上します。

 

 

ここでさらに見ていただきたいのは、ESとCSが一対になっていて、相関をなしているという点です。仕組みや理念でESを支え続けることで、CSが成立します。それぞれの面積を大きくすれば、CSの面積も大きくなっていきます。

 

 

組織を育てるということは、この底辺2つと4つの三角形を大きくしていくことなのです。面積の大きさは規模も指しますが、大きくなればなるほど安定するという意味もあります。

 

 

ぜひとも数々ある課題ですが、トライしてみてください。さらに詳しい内容を、という方は下記フォームよりご連絡ください。

 

 

明日は、約3か月間にわたって書いてきた「パートさんアルバイトさんが育つ組織づくり」の最終回、総まとめを書きます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

パートさんアルバイトさんの募集や採用、教育と評価、処遇・時給アップなどに関するZoom無料相談を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

 

ご連絡お待ちしております!

 

 

株式会社チームのちから
代表取締役 植竹 剛